bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



失せもの
紛失物の事ですがね。「うせもの」と読みますけど。

何が無くなったかって、利用者さんの部分義歯。要するに入れ歯です。
殿様が部分義歯なんです。
本人は管理できませんし、自分ではめたり外したりは全然できないので、われわれ世話人が管理しています。本人は形だけの歯磨きも出来ません。まさに殿様です。

で、昨日の朝、朝食が終わって歯磨きをして義歯を入れたのが、午前9時ころでした。夜の21時過ぎにいきなり理事長の携帯電話から電話が入ってびっくり!して出ると、「殿様の義歯がないそうだけど、今朝、入れ忘れているよね?」と確認の電話でした。

ああ。何か大事件が起こったのかと思いました。

残念ながら義歯は装着しています。つまり何かの拍子で外れたかして、本人が邪魔なのでどこかで吐き出したのです。飲み込むほど寝ぼけてはいないので、その点は安心なんですが。

部分義歯はいわゆるブリッジになっています。差し歯やインプラントにしてしまえば外れないのですが、そうしますと、本人は異常を訴える事が出来ないので、痛み炎症などが起きた時に発見が遅れます。一番安心なのは毎日外すいわゆるブリッジなのです。
ですが、ブリッジは外れるので、何かの拍子で口の中で外れると、管理できない本人は、邪魔なのでそこらに吐き出してしまうのです。

朝の9時に装着して、その後は作業所のイベントに行っていて、義歯について気にしている人もそれほどいませんから、次に確認したのが、夕食後、お母さまが本人の歯磨きをしようとした時でした。なかったそうです。

12時間確認していない物がどこに落ちているか は今さらどうにもなりません。一応、本人が行ったところは探してみるそうですが、殿様は利用者さん4名の中でも、まあ、申しにくいですが、一番障害程度が重く、身辺管理は一切できません。自己主張もほとんどありません。表情や行動でこちらが理解しています。ですから、義歯が邪魔だったら、周囲の人に渡すとか、落ちたら拾うという様な事は、彼の辞書にはない訳です。

悪い事に、彼のかかりつけの歯科は、障害のある人専門の医療機関です。保険診療しかやっていません。保険診療ですと、○障ですから自己負担はゼロ、無料で作れます。ですが、保険診療の場合紛失すると、半年間は作り直しが出来ないのです。自費ならできますよ。保険だと出来ないの。これは普通の人でも同じです。破損の修理は期間制限ありません。紛失は駄目なんです。殿様は破損させることはありません。自己管理できないのですから、壊すとしたら、私たち支援者です。

一般の歯科でも構わないのですが、障害のある人の診療に慣れていない事が多いので、障害のある人の特性に合わせて治療をしてもらえるか、不安があります。義歯などは特に管理の問題がありますから、下手に最新技術でインプラントでもされた日にはどうにもなりません。
障害のある人特有の体の特徴や体の弱点などもあります。そういうのは、一般の医療機関では理解してもらえない事が現実問題としてあるのです。

実はこの義歯、今回初めて失せた訳ではなくて、これが2回目です。1回目も私が装着したあとでした。昼食後に装着して、GHの中にいて、ほとんど本人は移動していないのに、なぜか夕食のときにはなくなっていました。リビングルームにいたのですが、どれだけ探しても出てきませんで、半年待って作り直しました。


その時は、今の相棒ではなくて、使い物にならない以前の非常勤職員さんでした。その人が退職してから2年以上が経ちますので、今回はすぐ作れます。作り直すほかないですね。

お母さんと電話でお話しして、「付け忘れではありません。残念ですが、私が間違いなく装着しているので、紛失だと思います。」と伝え、理事長にもメールで報告をしました。「年に一度くらいは行方不明になる。しっかり装着する様にしているが、何かの拍子で外れてしまい、本人が吐き出してしまうのは防ぎようがないので、困るけれども紛失は仕方ありません。」と。返信に「そうですね。しかたないですね。」とありました。

仕方ないんですよね。
困りましたが、紛失は避けられません。

紛失の場面にいつも遭遇するのが私で、紛失のたびに「外れないものにしてしまおうか…」とふと思うのですが、前述のとおりそれは不具合ですから、また、外れるブリッジを作る事になりますね。

さて、次はどのくらい持つでしょうか?最初に作ってから紛失までが2~3か月でした。あっという間になくしたのです。本人も慣れていなくて邪魔だったのでしょう。それから今回の紛失までには2年あります。数年に一度の紛失はもうしょうがない。




話が違いますけど、知的障害を持った方は歯の自己管理が出来ない人が多いので、虫歯、喪失歯が多く、義歯の人、自歯がなくてそのままになっている人、本当に多いです。自己管理が出来ないから という事で、歯科でも削る、抜く、などの治療がほとんどです。
自歯の残存率は健康と寿命に比例します。
意外かもしれませんが、知的障害のある人の歯の健康管理は非常に大切で、かつ難しいものなのです。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック