bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



道案内
夜勤明けで仮眠して、用事があって出掛けています。

私の住まいは駅の真ん前で、変なところに踏切と信号があり、いつも混乱しています。いつも通りのごちゃごちゃの中を通ると、ミニバイクの男子高校生らしき二人連れが道に迷っています。

こういう時に、声をかけるのは、おばちゃんか、おっちゃんしかないと思いますが、私も立派なおっちゃんなので、声をかけてみました。

家内が引っ越してきた頃、いや、今もなんですが、どうやったら迷える?と言うところで迷います。何となく理由がわかってきました。

その地図を見ると、パン工場です。大きな街道沿いにあります。ミニバイクなら5分です。

ところがですね。当地は大きな幹線道路と路地しかない様な場所でして。加えて、どの幹線道路を通っても、縦横に線路、つまり踏切があります。この踏切がまた、開かない踏切です。

まだあるんです。郊外なので、広大な敷地の施設、病院、霊園、工場、公園などが沢山あります。当然、その敷地の中は突っ切れませんので、幹線から幹線に抜ける為には路地をこちょこちょ抜けていくしかないんです。

パン工場への地図も、勿論正しいですし、そこを通るしか行けないのですが、広大な敷地の施設は点在しているわ、通るべき道は路地だわ、で、当地に馴れている人じゃないと、正しい道を通っているのに不安になります。

地図書く方、道の太さを正しく細くするか、但し書きつけてあげると良いのですけれど。




で、おじさんは道案内をして、男子高校生にお礼を言って貰って嬉しくなり、駅の改札通ろうとして気付きました。






財布がない!

自宅に忘れた!

男子高校生が信号待ちしてるので、ぐるりと遠回りして取りに戻りました。

おじさんはやっぱりおじさんでした。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック