bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お粗末な夕食
先日料理の下手な非常勤が夕食の当番でした。勿論本人なりに頑張って作ってくれていますが、如何せん…
少し手の凝んだ物を作ってくれたのですが、手に負えなかったらしく、その夜はおかず一品にご飯と汁物だけでして、慌てて私が果物を足しました。しかし、如何せん貧弱過ぎて困ったな、と思いつつ、どうにもしようが無いですから、そのまま夜は更けました。

で、翌早朝。

活発な利用者が、イライラばたばた走り回っています。一度は、まだ夜だよ、と伝えて部屋に戻したのですが、すぐ又走り回ります。察しがつくので聞きました。「お腹、空いちゃった?」返事は勿論「うん!」です。余りに空腹だととても眠れません。生憎何もお腹の足しになるような物がなくて、さつま芋を蒸しました。「さつま芋食べるか?」と聞くと、テーブルに座りましたから、食べると言う事ですね。電子レンジですばやく調理して食べさせました。食べたら再び眠れた様です。

こういう事は気を付けてあげないといけません。ばたばた走り回っているのを叱っても効果無いです。根本が解決しないと止まりません。当方はGHですから、多少対応出来ますが、大規模施設なんかは難しいですね。気分で夕食食べずに、あとでイライラする人が居ても、これは対応難しいですし。

今回の走り回りは、夕食が貧弱過ぎた為ですから、夕食を作った人に注意すれば良い筈ですが、これが又難しいんです。今回の作った人は非常勤ですが、知的障害には余り興味のない人で、程なく退職して、介護保険の相談の仕事に蔵がえします。現場は好きでないそうなので。スキルがなくて、退職が決まっている職員に注意しても始まりません。パートさんだったら、尚更作るだけに来て頂いていますから、知的障害とはなんぞや、なる注意は無理です。少し品数を増やしてくれますか?程度は言えますけど。

なかなか現場の取り仕切りは厄介ですが、本日も頑張りましょう。

今日は天気が良いので、お散歩しましょうかね?月末なので、仕事は沢山ありまして、今夜は午前様になりそうです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック