bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



一年経ちました
うちのGHは2005年の12月開所なので、一年経った訳ですが・・・

一年経っての支援計画の見直しをしまして、改めて思いました。

知的障害者の人に、絶対に不可能な事は、ごくわずかなんだなって。

コーヒーさんは自閉症の重度さんです。

自閉症の人は神経が繊細と言いますか、自分の体の滑らかさなどを失うと、その場所を毟って平らかに整えようとする事が良くあります。
一度怪我などをして毟り始めると何十年と毟り続けてしまうのが自閉症の人でもあります。

コーヒーさんは、片方の手の親指と人差し指の間を何十年と毟り続けてきました。
勿論硬化して皮膚は厚く硬くなっています。
毟ると表面の硬化した部分だけが毟れるので、本人は楽しいです。
時に損なわれていない皮膚まで毟ってしまうこともあり、出血は日常茶飯事でした。


話はちょっとずれますが、私のスキルの始まりは、入所更生施設なんです。
行動障害に造詣の深い現場主義の上司に教えてもらいました。非常勤の身分だったのですが、大変良く教えてくださいました。
その時、「こいつは絶対に治らないと言う事はそんなには無いんだ」と教わりました。
障害の一次的なものは、これは治せません。
二次障害、三次障害は治せます。
たとえ10年掛かっても です。
それを学んだんです。

で、元に戻ってコーヒーさんの毟る ですけど。

毟るありき じゃないんです。
硬くなっていて、平らかで無いから、毟るんです。
じゃあ、防止するにはどうしたら良いか と言えば、皮膚の状態を正常に戻せばよいんですね。

一年続けました。
起きた時、食事をした後(手で食べてしまうことがあるので、手が汚れます。)帰寮した時(作業所では汚れるたびに手を洗うことは難しいです))入浴後(夕食前に風呂に入る方です。)夕食後(手で食べることがあるため)と最低4回は手を石鹸で洗い、スキンローションをつけて、そのあとワセリンで保護しました。

1年経ったこの冬、コーヒーさんの手はすべすべです。
硬化したところなど全くありません。
勿論毟る行動は消滅しました。

毟るの何がまずいかって、毟る行動に没頭することと、痛み、かゆみなどが出るためと、思う存分満足するまで毟るには全身の皮膚を全て毟らないと滑らかにならないので、いつも不満とイライラがある事がまずいんです。
自分を傷つけるのが道義的にどうか と言う事もありますけど、それ以前にもっと素朴にまずいんです。

ので、消滅させる方が良い事は論にたがわないと思います。
毟っては駄目 としつこく言っても通じません。
毟りたくないようにすれば良いんです。

これが行動理論じゃないでしょうか?

私はこの観点からGHの仕事をしています。

ちっとも要領を得なくて、何をやるにも時間が足りないのんびりさんは、なんでのんびりなのか と言うと、すべき事の焦点がボケてしまい、途中であっちこっちいろいろな事をしてしまうからなんです。

その割にはやるべき事は覚えていられるので、実現に途方もない時間が掛かります。
どうするか と言えば、途中で合いの手を入れてあげるんです。
「○○出来たか?」と合いの手を入れてやる。
もしくは、彼が「この順番で」と会得しているものだけをこちらで把握して、余計な事に寄り道しないように介助を入れてやる。

そうすれば、彼は満足して自分の手順で一般的な時間で物事を達成することができるんです。

お茶目さんは、いたずらが過ぎる と言われ続けている人ですが、良く観察すると、そうではないようです。
いたずらもしますが、根本的には価値観の幅が非常に狭いんです。
本人が納得している生活手順と言うか、パターンが限られている。
なので、それが崩れるとアタックしてみたり、不機嫌になってみたり、いたずらをしてみたり と言う事になります。
良く良く観察すると、睡眠時間のパターンと排泄のリズムのパターンに密接な相関関係がありました。
睡眠時間のリズムが崩れると排泄リズムが崩れます。
そうすると、彼の中でテンポ良く生活出来ない。
特に、彼のパターン行動の中でのトイレの限界が、彼の納得している箇所でやってこないんです。
あらぬ箇所でトイレに行きたくなってしまい、それは彼にとってはトイレに行くという発想の無い時間なので、トイレに行く事は思いつかないんですね。
で、結果としては暴れると言う事になります。
暴れながら大量の失禁をしたりすることもしばしばありました。

なので、寝る時間と起きる時間をある程度の幅の中に収まるように物理的に調整をしています。やみくもに布団に入れても反発しますので、その時間に寝るのが自然なように持って行くんです。
それだけで彼の生活の質は著しく向上しました。

これからは、彼の狭すぎる価値観の幅をどう広げていくか が課題でしょう。




結局は、環境の整備なんです。
絡め手から攻めると言うか・・・

毟るから制止する、怒る叱る、手袋をはめて外せないようにする ではないんです。
毟る行動に出なくて済む様な楽しい生活を提供し、並行してスキンケアをする と言うようなことが環境の整備になります。

のんびりさんにも、お茶目さんにも、書きませんでしたが、殿様にも同じ様に環境の整備のポイントがあります。
そして、それを毎日の楽しい生活の中で、知らず知らずに整えてあげる と言うのが世話人の仕事ですね。


これを教えてくれた入所更生の上司には本当に感謝しています。
これが出来る事で、私はGHで仕事が出来るのでしょう。

これからまだまだ整えなくてはいけない環境が山ほどあります。
段々面倒なことの実現をしていかねばなりません。
でも、利用者にはそれだけの力が在ります。
引き出されてこなかっただけなんです。
それを引き出すことが私のスキルアップにも繋がりますし、利用者の利益にもなりますし、事業所の評判のアップにも繋がります。

結果は出さなくちゃ駄目なんです。

一年目にしては結果は出たのですが、来年もその次も結果を出さなくてはいけないので、今年も頑張ろうと思います。

愛情があっても利用者の利益が出なければ、仕事をしたうちにはなりません。
福祉の世界は愛情があれば結果は要らない世界 ではないですものね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック