bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



喫茶店
当GHの利用者の方は、40歳くらいの方々です。そろそろ肥満やら成人病やらが非常に怪しいです。

ダウン症候群の方が多いので、臨床的にもリスクが高く、又、知的障害者の肥満率は、実に60%にも及びます。自発的な活動が難しい等、いろいろな困難があるのです。

とは言え太りたいだけ太って貰う訳にも行かないので、運動はどこでも頭を抱える難問です。

どちらでも散歩をやると思いますが、当方も本格的に取り組み始めました。歩くだけではつまらないので、遥か彼方の喫茶店に行きます。喫茶店の開拓に今頑張っています。

昨日見当をつけて行った界隈に、面白い店がありました。元々2階でスパゲティ屋をしていて、1階は別の店子だった所が、1階も借り増ししてセルフのカフェテリアを作りました。平坦な店で広く安くて運が良い事に混雑していません、時間帯がずれているのでしょう。

店の方は知的障害者の方や、そのグループホームの存在を良く知っている様子で感じの良い店でした。出てくる飲み物はそれなりですが。

私が夜勤の日は、なるべくお楽しみ付きで遠く迄行く様にし始めたところです。お楽しみがないとつまらないしね。

夕食前の1時間半くらいを充てています。帰ると30分くらいで夕食です。その分自分の仕事は深夜にずれ込みますが、利用者には団欒の様子も出てきました。

なんだか嬉しいです(*^^*)

GHの生活は、利用者が重度知的障害者の場合はまず、楽しく暮らす事が基本です。訓練の場所ではありません。親が居なくても安心して暮らせる場所にならねばなりません。

そして少しずつ出来る事が増えたり、可能性が広がったりすれば言う事ないですね。

勿論職員は大変ですが、支援あってこその利用者です。利用者あっての仕事ですから頑張りたいと思います。

毎回の1時間半のお散歩は、オジサンには荷が重いけれど、非常勤さんには無理なので、頑張ります!

私の健康にも良さそうですよね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック