bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仕事は始まって居ります。
5日から仕事は始まっております。ホームは実質的には来週から稼動ですが・・・

昨年来ですが、週末にホームに宿泊しない家庭が多すぎて、今、苦慮して居ります。
その為、本日は、稼動出来ずに私はガイドヘルプに行きました。勤務時間数の確保の為です。

久しぶりのガイドヘルプは知的身体合併で、知的1度、身体1種1級の方。まだ、未成年です。
1990年代にまだ、両者合併重度の人が生まれると言う事に、少なからず驚き、又、人間が五体満足に生まれる事の不思議さを思います。

Yさんと仰いますが、彼はCPなのだそうでして、私はCPが分かりません・・・どなたか何の略だかご存知でしたら、教えて下さい。まさかご家族には聞けませんでした。

さて。
Yさんと今日は何処に行ったかと言いますと。
Yさんは乗り物が好きで、お散歩が好きです。
1度の方なので、複雑な事を提供しても楽しんでもらえないので、判りやすい事にしました。
電車に乗って途中まで行き、途中から観光船に乗りました。当地からはそれ程近くは無いのですが、海がありまして、そこに昔の航路があります。昔は生活の為の船でしたが、今は観光の為の船です。
滅多に船など乗ることが無い土地柄ですので、船に乗って貰ってみました。
船で目的地の観光地まで行き、そこは日本中に有名な神社仏閣が在るところなので、初詣気分でお散歩をしました。洋食が好きとの事でしたので、昔風の洋食を出す店で昼食、その後、和風の甘味やさんの老舗が在るので、そこで蜜豆を食べました。

船は結構当たって、ずっと外を見てくれましたよ。
桟橋まで行くのに、ずっと遊歩道なのですが、沿線の線路が見えまして、様々な電車が通ります。それも楽しかったようで、ずっと眺めていました。

本日はまあまあ成功だったかな?

1度で1種1級の方ですから、歩く と言う行動が意外に難しいのです。
足は交互に出るのですが、(これは人間の本能でしょう。)的確に出すことが出来ません。
足が交互に出るだけ と言いますか・・・
普通は足元が危険でないかくらいは、誰でも無意識に意識していますが、意識出来ません。
足元に何も無くて落ちればびっくりしますけど、落ちるまで判らないし、びっくりはできるけど、足を引っ込めるとか、落ちない様に踏ん張るとかは無理です。

階段で足は交互に出ません。
昇りはまあまあ足が出るのですが、足元を気にしていませんから、踏み外したら終わり。
降りは押して知るべしで、私が体で支えて、彼がのしかかるようにしてきますので、それを一段ずつ足が交互に動くのに合わせて、こちらが調整しないとまっ逆さまに落ちてしまいます。

階段の上り下りは結構技術の居る作業のようです。
Yさんも大変小柄なので助かりますが、(CPだから だそうです)私も男性としては小柄と言うよりも小さくてわからないくらい小さいので、もう少し体格の良い方でしたら、支えられないかも知れません。

とは言え。

楽しい、嬉しい、嫌だ は分かるものですね。
嫌だ の場合は、それが嫌だにふさわしいかどうか にはちょっと大いに疑問が残るところなのですが、Yさんなりに表現してくれているような気がしました。


ご家族に一度お知らせしたい と思いつつ、滅多にガイドヘルプには出ないので、差し出がましくて申し上げられないことがあります。

それはね。
Yさんは言葉はありません。嬉しかったり、楽しかったり、非常に不愉快だったりすると、声を上げます。
それが公共の場所で静粛にすべき場所だった時は、ご家族は黙ることを教えたいそうです。
それは良いことだと思います。
でも、ご家族は素人ですから、口を手で押さえるというか、唇を手で閉じさせるようにしておられる様子。
これは効果ないんです。

どうしたら良いか と言えば、喉の意識をさせるしかありません。
声の出ているのは、口ではなくて、喉です。
喉に触れるだけでも喉に意識が行き、結構いわゆる声出しが止まったりします。
本日も少々気分高揚な場面があり、ちょっと喉を触りましたが、とりあえずは止まります。
もし、これを読んでくださっている支援者、ご家族の方で、当事者さんが大きな声を出してしまう事を何とかしてあげたい と思っている方がおられましたら、お試し下さい。
人は学習することが出来ますから・・・


まあ、そんなこんなで一日を過ごし、夕方は緊急で通院の付き添いをしました。人手が足りず私に回ってきたのです。
その当事者の方はMさんと言います。
知的2度、身体1種1級。
この方の身体は全盲です。
2度なのですが、凄いことには一人暮らしです。
大きな入所更生施設に居たのですが、どうしても出たい」と言う事で、周辺が尽力した結果、一人暮らしを実現させてもう3年少々になります。
うちの事業所が出来た発端はこの方と言っても過言ではありません。

知的2度の人がどうして一人暮らしができるかと言えば、本人さんには意識できない何重にもなった支援の輪があるからですよ。

そのMさんが体調不良で寝込んでいます。
一見ノロウイルスの様な感じなのですが、はしょりますと、胃腸炎です。年末年始の暴飲暴食ですね。

その彼が吐き気と嘔吐と下痢で水分も取らず、医者にも行かないとごね、にっちもさっちも行かなくなって、本日は休日診療で点滴を受けさせました。
女性のヘルパーさんが一生懸命やって下さったのですが、どうしても通院しないと突っ張ってしまい、どういう訳か、男の支援者が行くと何故か聞いてくれる と言う事があり、ガイドヘルプの後ですが、時間が取れる男性職員は私しか居なかった為に、行ってきました。

トップが想像したとおり、男の支援者ですと何故か素直に通院してくれました。勿論、通院途中で散々ごねるんですが、結果的には通院できて、点滴も受け、検査にも同意して、何とか薬も貰う事が出来ました。

何だか凄くどたばたした12時間労働でしたよ。

でもね。
Mさんは知的2度なのですが、支援の輪があれば、一人暮らしも実現できるわけです。
一人暮らしするには勿論能力は無いので、支援の輪は必須ですが、Mさんが「自分には能力がなく、他人の支援無くては一人暮らしなどとても出来ない」と意識する必要は無いんじゃないか と私は思うのです。

Mさんは自信に溢れて一人暮らしをしています。
それは正確に言えば、Mさんの一人よがりです。
Mさんは他人に迷惑を掛けっぱなしで一人暮らしをしている と言えば、確かにそうなのです。
けれど、自分の能力の無さをいつも意識して、いつも他人に迷惑を掛けている と申し訳なく思いつつの人生って果たして良いのだろうか?と思います。
人は誰でも完璧ではなく少なからずもたれあって生きています。
知的障害者であるからと言って、申し訳なく生きる事が重要だとは思えません。

Mさんは確かに非常にわがままな人です。
わがままをわがままと思いません。
だからと言って施設に戻して徹底的に掌握して更生させるってどうなんでしょうか?
更生させる事ができるのは、いわゆる健常者で自分の置かれている立場、社会的価値観などが理解できる人だけではないでしょうか?

理解できないのは、Mさんの怠慢では在りません。
知的障害は本人の努力で「治る」ものではないからです。


Yさん、Mさんと当事業所では「手がかかる」人と図らずして本日重なった訳ですが、自立支援、日常生活支援とは何か をちょっとだけ考えた一日でした。

GHの利用者もいつか一人暮らしの時が来るかも知れません。
そういう明るい未来を考えつつ、仕事をしたいな と思いました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック