bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



結婚記念日
先日、ふと思い出しました。
今月は我が家の結婚記念日があります。

このところ家内の体調が良くなくて、アニキが怪しい遺産分割やら、墓じまいやらやっていて、花粉も飛ぶので、仕事が忙しいのでと重なって大変なことになっています。

で、うっかり忘れてた。

3月31日は私たち夫婦の結婚記念日です。

家内には書類上だけの配偶者がいました。
別居何年だった?
私の知っている家内はもう配偶者の方とは一緒に暮らしていませんでした。
それが2000年頃の話。

それから色々あって、2008年の3月に二人で住むための賃貸のマンションの部屋を借りました。
家内はまだ離婚できていなくて、書類上は夫がいる。

精神症状もひどくて、2009年の夏には半ば強制的に精神病院に入院させました。
そこでやっと、双極性障害と確定診断がつき、5か月くらい入院していましたっけ。
その間は本当に大変でした。
症状が爆裂的に出て、私は当時まだ心臓を切っていなかったのですが、夜勤明けに病院に面会に行くなど振り回されました。

で、2010年には私が具合が悪くなり、心臓切って、障害者になったわけです。

それと並行して、弁護士さんを頼みました。
家内の配偶者だった方は、もう一緒に人生を暮らすつもりはない と言っていて、戸籍が汚れるから離婚はしないと言い張っていて。

いや、今どき、戸籍が汚れるって何?

離婚の民間協議から、高等歳の和解迄、3年半かかって、やっと離婚しましたね。

退院してからやったので、一緒に暮らして結構な時間が経ってから、やっと離婚が成立しました。
婚姻届けを出したのは、当たり前ですけれど、離婚が成立してからです。
4年くらい前?5年くらい前?そんな感じ。

だから結婚記念日は家内を当地に呼び寄せて、一緒に暮らし始めた日と言う事にしています。
お互いに前の賃貸マンションに住民票を移した日です。

それが2008年3月31日。

昨日、やっと思い出したので、忘れないうちに「結婚記念日どうする?」と聞いてみると。
「今年は無しかと思ってた」と言うので、危ない、危ない、ああ危ない。
向こう1年言われるところでした。

コロナウィルス関係なくても、我が家は滅多に外食はしません。
この前外食したのは、クリスマスイブにERに行く羽目になった、12月のクリスマスの頃です。
普通のファミリーレストランで、家内は煮込み料理、私はステーキの和食版みたいなのを食べました。あとパフェね。

それで大腸炎騒動になり、正月は散々でした。


今度はどこに行こうか と言う事で、ひらめいた私。

車で行かないと行けませんが、比較的近所に、洋食屋さんがあります。
2人で10,000円とか、15,000円とかそんな感じのちょっと高級な店。
フルコースもやっていますが、肉か魚かと言う簡単なコースもやっています。

昔からある店なので、まさか廃業はしていないと思うけど、ちょっと調べて予約をしないとまずいかどうか聞いてみましょう。

昔は予約が取れない店だったのですが、昨今はそんな事はないだろうと思います。
今、飲食店は大変らしいので、たまには食べに行こうかと思います。

結婚記念日くらいは覚えておかないとあとでえらい目に遭いますから。

私の母はそういう事に無頓着で、父は期待しているところがありました。
母は物故。父は健在です。
結婚記念日になると、父はいつもより少し豪華な食卓と、ケーキを期待するんです。
父は酒が飲めませんので、ケーキなの。
私もきょうだいも飲めません。

ある年。

結婚記念日に帰宅した父が、待っても待ってもごちそうが出てこない。
その日はうどんでした。
うどんだけ出てくる。
おしまい。

たまりかねて父が、「おかあさん、なんかないのか」と聞いた。
母は「うどんも立派なごちそう。具もたくさん入っている。何が不足か」みたいなことを言った。
さすがに父が「おかあさん、今日は何の日よ」と言ったら、ふと考えた母、やっと気づいた。

と言う事で、翌日ケーキを買ってきて、父が好きそうなごちそうにして、結婚記念日やり直したと言う事が、1回ありました。

女性が忘れないわけでもなさそうです。
母は忘れるんだから。
良くカレンダーに忘れないようにメモしてありました。
その年はメモも忘れたのかな。

案の定、私は母に似たらしいので、結婚記念日、家内の誕生日忘れます。
誕生日は忘れても余り言われませんが、結婚記念日はまずいでしょう。

我が家は誕生日、クリスマス(私はカトリック)、花まつり(家内は仏教)バレンタインデーだのホワイトデーだのはやりません。誕生日は時々やる。覚えていたら、一応「誕生日だね」と言うくらいは言う。

今年はちゃんと思い出したので、予約しようかなと思います。


追記

調べたら。
残念なことに2017年3月で閉店しておりました。
郊外には珍しい高級店。
観光地の避暑地にもあるんですけど、そこは2泊しなくちゃいかれない。
さて。どこに行こうか。
家内と相談してみます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック