bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



買いだめ
金曜日だか、土曜日だかに、土曜日だったか、日曜日だかにネットスーパーの配達をいつも通り頼もうとしたら。

空いてない。

家内がいつも頼むのですが、枠が空いていないと言う。

どうも外出自粛で外出したくない人が、にわかネットスーパーに気づいたようです。
我が家はいつもネットスーパー。
何故なら、私が買い物に行けない体調なのと、家内も仕事帰りにとても買い物に等行ける状況ではないからです。
つまりネットスーパーの常連さん、いつもの家庭です。

にわかネットスーパーの人が殺到すると、当たり前ですけれど、ネットスーパーの配達の人が湧いて出てくるわけではないので配達が滞ります。で、いつもの様に頼もうとすると、狂乱状態と言う事になるのです。

我が家は買い物弱者ですから、ネットスーパーがないと生活できません。
困っています。


ネットスーパーは月曜日、本日の16時‐18時と言う中途半端な時間が少し空いていまして、仕方なくそこに取りました。
丁度米がなくて、日曜日からなかったんですが、仕方なく、土曜日?日曜日?家内が車でスーパー迄買いに行きました。
ネットスーパーで頼むつもりだったコメは買ってきてからキャンセルしました。


買いだめが当地でも始まっているそうです。
スーパーに行った家内が教えてくれました。
トイレットペーパーを4パック抱えて歩く人を見たそうです。
私は金曜日に床屋さんに行ったとき、床屋さんの目の前を、12パック入りの大きなカートンを2つ、つまり12ロール入りを24パック分、何かで引いて歩いている人を床屋さんと一緒に見て仰天しました。

何年分?

家内はスーパーで、特定のものが買いだめされて無いのを目撃してきました。
今は特定のものですが、少しずつ広がって、スーパーが空っぽと言う事態になりそうですね。

でも買いだめはしないよ。

心理学者の方の買いだめ心理の話が出ていました。

品薄になりそうだと聞くでしょう?
私も同じこと考えたのですが、いつも1個買う人が2個買う。
念のために。
と消費量は2倍になります。
たちまち品薄になる。
とそれを見た人がもっと買おうとする。
で、スーパーが空っぽと言う事態になる。

これが買いだめで商店が空っぽの群集心理だそうです。

まさにそんな感じで。

トイレットペーパーは十分にある と言われても、買い物に行って、ふとトイレットペーパーの棚を見ると、少なくなっている。
行列も出来ている。
じゃあ、念のため、十分買ってあるけれど、1個買おうか と言って、並んで買う。
あっという間に棚は空になる。

中には本当にトイレットペーパーの在庫が丁度終わりになって、買いに来た人もいます。
そういう人で買えない人も出てくる。

狂乱、パニックになります。

マスクね。

感染予防には役に立たないんです。
マスクに必死になるより、手洗いを普通にしっかりすることの方が大切。
WHOもマスクは感染予防に効果があるとは言えないと発表しています。

医療従事者の人は別ですよ。
医療用の高密度マスクがありますが、それは医療従事者の人には必要。
あちこちから飛沫が飛んでくるんだし、感染者の世話をした医療従事者の人が感染したりしてるから。

咳している人はマスクしてください。

マスクってね。
吸うも吐くも気密にしたら息が出来ないから、吸う方は吸えます。
吐く方はウイルスなんかを出さない為に気密になってる。
だから、感染予防にマスクをしても、ウィルス程度の小さなものは入ってきます。

困っているのが花粉症の人。私も花粉症重度です。
花粉は粒子が大きいから、吸う時マスクの外で引っかかってくれます。
ウィルスじゃないから、大きい。
だから、花粉症の人はマスクが必要です。

ぜんそくの人も色々な粒子が喘息を誘発するから、マスクが必要な人もあるでしょう。

そういう粒子の大きいものに反応してしまう患者さんにマスクがいきわたらないのは本当に困ります。

転売で生活している と言う輩がいるそうです。
マスクに限らず、働かないで、インターネットで色々なものを高値で売り抜けて生活している。
マスクなら1月の中旬下旬に出して、2月の上旬で売り抜けて止めて、何百万円と稼ぐ。
それで数か月暮らせますから、又、何か見つけて転売して、大金を稼ぐ。

新型コロナウィルス感染症は、普通の人がかかっても、軽症で済みます。
自宅で10日くらいかな?2週間くらいかな?しっか療養していれば、治ります。
薬がないからね。

高齢者とか持病のある人は早く医療機関で検査して、それなりの入院対応を取らないと生命に関わります。

検査体制も不十分で。

軽症の人は検査しなくてもいいけれど、重症になっているのに、まだ生命に別条ない で検査しない みたいなこともあるようです。
医師が検査が必要と判断しても保健所が検査を許可しない。

何故か?

保健所の所長は自分の管内で感染者の数を増やしたくないからですよ。
だって、大都会なのに感染者がいないことになっている都道府県あるでしょう?
そんなはずはない。
検査拒否しているから、感染者がカウントされないの。

保健所の職員さんも公僕です。所長の意向は敏感に察知する。
感染者をカウントできるように一杯検査して、感染者数が増えたら、出世に響きます。

だから検査しないの。

私はどうなんでしょう?

心臓切って、中に人工弁入れていますし、心臓の形が変形していますから、一般の人とは血圧が違います。
心臓の薬も結構飲んでます。
でも風邪ひいた事って、ほとんどないし、インフルエンザももう10年以上かかっていませんし。
罹ったら、軽症で済むのかしら?
それとも慌てないといけないのかな?

今週の金曜日が循環器の予約の日です。
聞いてきます。主治医に。
行きはタクシーで行くんですけれど、病院に行くお客が乗ったら、タクシーの運転手さん怖いと思うので。
「窓を開けませんか?」と提案してみようかな。
外へ出るので本当はしたくないけれど、マスクして行かないとくしゃみ発作とかなんとかで大変なことになるので。仕方ないからマスクはしていきますかね。
去年買っておいたのが十分在庫があります。

だからマスクは買わない。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック