bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



争族
昨年の11月に義父が他界しました。
だから、家内のきょうだいは、相続をしなくちゃいけません。

これが少額相続程揉めるの典型で、家内も義姉も怒っています。
困りました。

どうも家内の家系はサービスとか能力とか相談とかにお金を払うのを勿体ないと思う家系のようでして。

私はネイルサロンに行きますが、家内は勿体ないと言って、自分で出来ると言う素人用のネイルセット一式を持っています。
でも綺麗にできないし、面倒くさいから、自分では実はやらない。
だったら、ネイル一式は必要ないでしょ?ネイルしなければお金かかりません。

私はサービスとか能力とかそういう物にお金を払う体質です。
物には余り執着がありませんで、物を買う事はあまりない。
洋服もあまり買わないし、せいぜい肌着のまとめ買い位です。

で、騒動のおおもとは義兄なのですが、要するに全部欲しいと言う事ですかね。
幾らもないんですよ。
少額相続程本当に揉めるんです。
何しろ勿体ないと言って、司法書士を頼まない。
で、自分の都合の良い様に遺産分割協議書を書いて、「さあ、ハンコを押せ」とやっているようです。
「ハンコ押さないなら、決裂だ」とかも言っているらしい。

???
決裂って何?
相続やらないってこと?
やらないと、代襲相続になりますから、子供の代で厄介なことをする羽目になりますよ。
親(家内のきょうだいね)全員死んでから、子供たち(親がきょうだいだから、いとこ同士になりますね)が代襲相続やるの?
それは駄目でしょう。

と言って、義兄の全部どりはちょっと困ります。

法定相続にはして欲しいでしょう?
それが法定相続になってないんだけど、義兄はなっていると言う。
仮に100万円だったとしましょうか。
その中から、墓じまいとか(誰も墓じまいすることに賛成していないんだって)、実家の片付けとか、葬儀の際にかかった費用とか、実家の土地を義兄が相続する気なのですが、その実家の解体費用とか、全部乗っけて控除して、残りは10万円 の様な計算をしているそうです。
だから、100万円あるけれど、法定相続だと残りが10万円だから、3万円ずつだ と仰る。33万円ずつではないのかな?
無いらしいです。義兄によれば。

うーん…

仕方ないので、余り交流していないのですが、実家の私の父に電話しました。
普段は付き合いしていません。
きょうだいがいますが、きょうだいは父の近所に住んでいて、二人は蜜月です。母は15年ほど前に他界しています。
私と、父、きょうだいとは縁がない。
余程の時は連絡が来ます。
私も義父が他界した時はライン送りました。
そういう時はさすがに返事が来る。

なんで実家の父に余程の事で電話したかと言うと、私の父は元司法書士。
これに聞かないで、誰に聞きます?

で聞いてみると、
家庭裁判所に調停申し立ててみるのが良かろうと言う。
弁護士さん頼むと有利ですが、何しろ数百万円しかない相続財産、みんな弁護士費用で取られてしまいます。
自分で調停を申し立てる事は、比較的容易にできます。
私も法律やの息子ですから、言われればなるほどと思う。

それでだめなら裁判で、地方裁判所ですけれど、そうすると弁護士さんを双方立てることになるので、調停の中で折り合い付けないかと説得するのが良さそうです。

義姉はお金持ちです。自分で作り上げた財産をたくさん持っていて、家内も随分援助してもらって、そのまま貰いっぱなしの現状。だから、義父の相続で少しのお金を貰わなくても全然困りません。
我が家は非課税家庭で、障害者年金と家内のわずかなパート代で暮らしていますから、10万円でも大金ですが、10万円が欲しい訳じゃないんです。

義兄が法定相続だと言い張って、実は全部自分が取ろうとしているのが嫌なんですって。
兄嫁がいますが、兄嫁もこの相続に熱心で、一円でも多く欲しいと頑張っているそうで。

困りましたねえ…

義兄が書いた法定相続だと言い張る書類はあります。
今、ネットですぐ送れますからね。
義姉の所に届いたそうです。
我が家には連絡ありません。
義兄は家内が大嫌いなので、送ってこないんです。

面倒なきょうだいですねぇ。

さて、今夜家内が帰ってきたら、私の父の助言を話して、週末に義姉の家に話をしに行くと言っているので、その時話してくるように説得しますかね。
調停でかたを付けるのが一番無難そう。

閑話休題

正月に家内はお寺さんに行きました。
檀家になったのですね。
檀那寺がなかったので、近所の同じ宗派のお寺の檀家になりました。
その時、やっぱり義兄の義父に対する様々で納得しきれないことがあって、ご住職に話を聴いてもらったことがあります。

色々お話しくださいましたが、最後に「どうしても許せないと言う時にどうするか」みたいなお話をして下さいました。
どこの宗教でも同じと思いますが、「許せないものが赦せるか」」と言うようなお話です。

家内には信仰があるので、その辺も重要だと思います。

私はカトリックですが、カトリックはまさに赦す宗教です。

義姉も家内と同じ宗派なので、そういう話にしても良いかなと思います。
数百万円できょうだい決裂みたいな話は楽しくありません。
でも結局はどうするか は家内のきょうだいの話なので、私は口出しはしませんけれど。
情報だけは渡して、義姉と家内が納得がいくようになるといいな と思います。

我が家の父は遺言書を公正証書で書いています。
我が家は不動産の相続になります。
現金はほとんどないんじゃないかな。
母が亡くなった時に不動産の母の部分を私ときょうだいで相続しましたが、父の分はそのままです。
だから父の持っている不動産を各々相続すると言うような遺言書を作っているはずです。
これはお互い納得で、そのまま司法書士を依頼して登記してもらう予定です。

素人さんのお宅は揉めやすいんですよね。
公正証書で遺言書、お勧めします。

義父が書いた遺言書は俗に「情緒的な遺言書」と言いますが、法的根拠に欠けるもので、子供らがそれで良いと思えば有効ですが、全財産に言及しているものではないので、法的効力はありません。中途半端な無効な遺言書程始末に困るものは無い。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック