bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



温泉に行きました
で、義父の回向?供養?をして、ケアハウスに挨拶に行って、温泉に2泊いたしました。
家内曰く、義父が遺してくれた小遣いの大部分を使って、私に礼なのだそうです。
ありがたく楽しんできました。

特急で行くと隣の駅の真ん前が予約した温泉旅館。ホテルと言う名前でしたが、要するに温泉旅館。
2日目は何もせずにのんびり過ごしました。
足湯とか行ってみて。
貸切風呂が3,000円なのだそうですけれど、家内が2日目に申し込んで置いてくれて、2日目は温泉に入りました。
すごーく広いの。
銭湯くらい広い。
家族風呂としては大きすぎるくらいです。
からんも左右で合計10個くらいあったので、元々は貸切風呂として作ったのではないかもしれません。
普通のお風呂だったのかなぁ?

私はtattooを入れていますから、温泉とか、健康ランドとかは行きません。
入れないのは承知で若い頃入れたので、元から入る気はない。
お客さんが少ない時間に入ったことはあるけれど、今回は部屋の風呂に入ろうと思っていたら、家内が貸切風呂を予約してくれました。

夫婦で温泉に行ったのは、もう10年も前の話なので、家内としても久しぶりの温泉。
のんびりできました。
お湯も良かったですよ。

夕食も朝食もバイキングスタイルで、食堂に行くタイプ。
ここの旅館は、昭和36年に骨折した石原裕次郎さんが、退院後のリハビリで湯治をした旅館です。

と言う事はですよ。
もう60年は経っている。
そこかしこに当時のままかなと思われる痕跡があったりして、思いました。

温泉業界も色々な荒波に翻弄されてきています。
出迎えなども昔は仲居さんがずらりと20人とか並んだものですが、今はそういう感じではなかったです。
企業努力を重ねて、今に至っているんだなと思うと、応援したい気分になってきました。

アンケートがあったので、家内がそんなことを意見として書いたそうです。

高級旅館に行きますと、今でも部屋の係の方がつくことがあります。
昔は、と言うか、30年くらい前までは部屋に仲居さんがつくのは当り前の事でした。高級旅館じゃなくても。
今回行ったのは、高級旅館ではありません。庶民的な旅館です。

案内してくれた係りの方がいるので、「あなたがこの部屋の係ですか」と聞いたら、そういうシステムではなくて、みんなで手分けしてご案内する事になっています と言うような返事だったので。

ポチ袋は出しませんでした。
1,000円札1枚入れたポチ袋を用意していったのですが、今回は使わなかった。
仲居さんを部屋付きにしてしまうと、凄い人数雇わなくてはいけません。
そんなこともあって、色々企業努力をされているようでした。

3日目にケアマネージャーさんに話を聴きに行ったのね。
で、私たちが義父はこうしたいんだろうとか、これは嫌なんだろうとか、思っていたことが色々あるのですが、それに視点の違う話をしてくれて、行ってみて良かったと思いました。

95歳だった義父は自分で介護保険の契約をして(私たち同席でした。)その後のサービス(掃除)の契約も自分でしました。私たちにはもっと使って欲しいサービスがあったのですが、ケアマネージャーさんにこう言ったそうです。「自分でできることは自分でする。楽をしたらいかん。車いすなどの人を見ると、気の毒だと思うが、自分は出来ればああいう風にはなりたくない。だから、何でも自分で出来るだけのことするんじゃ」

今の時代、特に我が家はヘルパーさんがいなければ生活できない家庭ですから、もうちょっとサービスを使ってくれていたら良かったのにと思う事もありますけれど、大正13年の気概と言うところでしょう。

家内が父母の写真を持参しまして、部屋に飾って一緒に過ごしました。
楽しい旅行でした。
次に行くのは1周忌かな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック