bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



年忌
11日に義父の四十九日で、総拠点に行ってきました。
まあ仏教系統です。

奈良、京都などは町中にお寺がありますね。
高野山とかは山にお寺がありますね。

義父が信仰していたのは、山にお寺があります。
昔は登山で昇ったそうですが、今は斜面エレベーターとか駐車場とか、バスがあったり、比較的安楽に行く事が出来ます。
登りたい人は勿論登れます。2~3時間かな。

私たちは登れないので(障害者ですから。あとは時間の都合)タクシーで駅から行って、家内が回向?供養?を頼んでありましたので、家内は本堂と言うか、供養堂と言うか、何だかそういうところに行って、私は受付近くの待合室で待ってみました。
40分くらいで、夕刻のお勤めのお経が終わり、帰ってきました。

滅多にお山には行けないので、勧めて、交通安全のお守りを授かってきました。家内は運転しますので車のキーに付けるそうです。

それから、ケアハウスに寄ったのです。

そしたら、馴染みの職員さんが、「あら!今日は四十九日なので、○○さんご姉妹が先日塔婆挙げてくれて」なんて言いまして、ありがたいことだなと思いました。
しばらく職員さんと立ち話して、○○さんご姉妹をちょっと呼んでもらいました。
義父とは信仰上の付き合いがあり、日ごろの付き合いもあり、非常に良くして下さったご姉妹です。

義父に書道を習ったとか、宗教的な事柄を習ったとか、お世話になった と言って下さって、「35日と49日があるから、何日に塔婆挙げたんですよ」と言って下さいました。

電車の時間があるので、長くは話せませんでしたが、家内が義父が亡くなった後、ケアハウスの仏壇に(仏教系統ですので)お酒を供えてくれるように送ったのね。
そんなのも見ていて、あちこちにお礼をしたのも聞いていて、褒めていただいたそうです。

別れ際「年忌はやってあげてね」と言われました。

私はカトリックですけれど。
実家は葬式仏教なので、一通りのしきたりは知っています。
年忌って、初七日とか、1周忌とか、3回忌とかそういう節目の事ですね。
久しぶりに年忌と言う言葉を聞きました。

義父の50回忌は多分私たちはもう居ない。
俗に七回忌までは とか言いますね。十三回忌は身内でとか、三十三回忌迄はやりたいとか、孫が五十回忌をやるとか。
そういう事を、別に総拠点でなくても良いから、お参りと言うか、拝んでと言うか、そういう事をしてあげて下さいと言う意味だと思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック