bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



旅行に行きます。
明日、義父の四十九日です。
家内が総拠点にお参りの事を頼んだので、私も一緒に受付までは行こうかなと思い、ケアマネージャーさんにも話を聴きたい事もあるので、旅行にしました。

今までは義父がケアハウスに居ましたから、ケアハウスのゲストルームに泊まっていましたが、義父はもう居ないんですよね。
何だか、住んでいた部屋を開けると(今はもう別の方が入居されていると思います。)あの風景と義父の背中が見えそうで、寂しいのですが、泊まるわけにもいかないし、泊まっても仕方ないし。

シカが激突する路線ですが、特急の1つ手前の駅、鈍行だと3つ手前の駅が温泉の駅です。
家内と旅行というと、東京ディズニーリゾートしか行かないので、たまには夫婦で温泉に浸かるか と言う事になり、その駅のそばに宿を取りました。

地方の単線路線で、シカが出ますので。

2時間に1本しか電車は来ません。2時間に2本来る?かな?特急と各駅停車が同じくらいの時間に通って、そのあとは2時間なにも来ません。今回の移動手段は電車とタクシーなので、電車の駅をタクシーで動くと結構掛かりますから。だって。地方路線ですから、駅の間隔が都会とは違う。列車みたいな感じです。昨今ですから、列車ではなくて電車が走っていますけれど。

なので、お参りの時間とか、ケアマネージャーさんの事務所に行く時間とか、帰りの時間とか、色々考えて、予めネットで時刻表を出してあります。最近はネットでわかるので、便利ですね。印刷してもっていけば、まあなんとかなるでしょう。

温泉に行くのはいつ以来だろう?
一緒になって、割合にすぐ、2~3年かな で、義父が実家の近くの海に落ちた事がありまして。
80歳くらい?85歳くらいの時。
義父は海釣りが趣味で、漁船も持っていて、船舶免許も持っていました。

正月の2日に漁船を見に港に行って、浮桟橋から足を滑らせて、海に落ちました。
浮桟橋の金具を止めてあるのですが、それを外したまま戻さなかった人があるらしく、金具が止まっていないから、滑って落ちたんです。

勿論救急搬送で、意識混濁、低体温症などといわれ…

その時、3日に当時まだ障害の様子がひどくて、ふらふらだった家内を連れて、見舞いに行きました。
精神障害って、見てわかるものじゃありませんが、良くなるには色々なことが色々に必要です。10年くらい前の話なので、当時の家内は一人じゃ身動きできないくらいでした。

それでも父親が心配で、病的に不安そうになってしまったので、無理やり連れて、実家近くの日赤病院に飛んでいきました。
その時に泊まったのが何故か温泉旅館でしたね。
それ以来かも。

その時はどうやって電車の切符を取って、旅館を決めて、どうやって行ったのか、私も家内もあまり覚えていない。
ただ、ER病室に入って、カーテン開けたら「なんや、何しに来たんや」と言われたのを覚えています。

海なんかに正月の2日から落ちるから来たんですけどね。

それからかなりの間、義父は家内を受け入れませんでした。家族の事情があったんでしょう。
それで、昨年あたりから1年ちょっと、ケアハウスに夫婦で通うようになり、何故か義父は家内を受け入れて行きました。

で、亡くなったので、四十九日でお参りに行くわけです。

仏教的な感性は私にはわかりませんが、家内と義父とは同じような感性があるみたいで、義父がこうして欲しいだろうと言うようなことを家内はこれからやるつもりみたいです。

2泊3日で真ん中の日は予定はなく、のんびり温泉に浸かってこようと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック