bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の墓探し?
義兄が義父の墓を移すと言い出して、この年末に家内は怒っています。
もう落ち着きましたがね。

昨日、離れたところに住む義兄夫妻が、義姉と一緒に当地にやってきました。
当地は郊外ですが、まあ繁華街もある地方都市です。
義兄の息子さんがかなり離れているけれど、反対側にいる様子。

で、要するに、義兄夫妻の墓探しだったらしいです。
自分の息子が親に手を合わせたくなったら、対象物がないとまずいんじゃないか。

まあ、良いのですが。

義父は故郷に自分が建てた墓があります。お母さんと妻が入っている。
そこに義父も入るつもりだったのです。

生き仏様がいますから、仏様の遺志は尊重されない様子。
檀那寺があります。
そこのお坊さんは、ちょっとお坊さんとしてどうなの?と言うところがあるそうです。
義兄は縁を切った とか言っています。

いやね。お義兄さん、葬式をね、その寺でやったの。
だから、四十九日の法要と言うか、お経を読んでもらうのは、その寺でないとおかしいの。

私、カトリックですけれど、葬式仏教は子供の頃さんざん見ていましたし、母もかなり前に亡くしていますから、一応しきたりは知ってる。
縁を切るなら、驪山しないといけないね。墓が寺の中にないので、驪山料は要らない と義姉が言っていますが、驪山料はともかくとして、過去帳から抜いてもらわないといけない気がします。

抜いたらどうするか、家内が自宅の近所の同じ宗派の檀家になりますから、そこに載せてもらえば宜しい。

それがねぇ…

昨日、家内が檀家になる予定のお寺さんも訪問したのですが、(義兄夫妻、義姉、家内で)、不動産物件を見に行くような様子で、家内参ってしまって、珍しくうちに帰って来て泣いてました。信仰がある人と無い人の違いでしょう。
実は前の日に家内は挨拶に行っていて、義父の三十五日だったのね。手ぶらで行くバカはありませんから、「2,000円でいいから、手土産もっていきな」といって、近所の我が家御用達の和菓子屋さんでちょっとしたものを家内は買っていきました。

三十五日だからお参りさせて欲しいと言って、お参りをしたそうです。
明日はきょうだいで来ますので、よろしくお願いします と言って帰ってきた。

昨日の予定は、13時にお寺さん現地集合。
うちね。車があるので、義姉と義兄は迎えに行けばよいのですが、せっかちなので、待っていられない。
タクシーで来ると言っていたそうです。

で、昨日11時頃、「駅に着いたので、これからすぐタクシーで行くから、電話しておいて」と義姉から電話がかかってきた。
約束13時だったでしょう?
正確には11時15分くらいだったそうで、仕方ないから、家内はお寺さんに電話をかけて、「誠に申し訳ないが、これから40分くらいしてお伺いしてもよろしいか」と聞きました。
「いいですよ」と快くお返事いただいたみたいで、「40分後くらいに行くと言ったからね」と折り返し義姉に電話すると、義兄が「時間潰さなくちゃいけないな」と言っているのが聞こえたとかで。

お寺さんは霊園ではありませんので、家族の生活もあるし、そこのお寺さんは修行僧の若い方なんかもいる。
丁度台風19号の影響で不具合になったところを直しているので、職人さんもいる。

年末の昼時にお寺さんに突撃しますか?私はカトリックだけど、「え~~~!」と思った。

家内は非常に怒っていて、車でお寺さん迄行くと言うので「事故するな」とだけ言って送り出したら。

1時間もしないうちに帰ってきました。

知らないと言うのは怖いもので、礼儀に外れた事を散々聞いて義兄夫妻は家内が車で来ているのを知っているのに、何だか、どんどん細い道のほうに歩いて行ったとか。義兄夫婦の墓探しと思った方が良さそうな感じだったとか。

自分たちの墓探しは好きにしてくれれば良いのです。義兄夫婦は信仰がありませんから、その宗派のお寺の中の墓にこだわる必要は全くありません。
しかも、幾ら息子さんが反対側に居るからと言って、自分たちと縁もゆかりもない、家内の檀那寺になるところにする必要全然ない。

義父の墓も潰しちゃうつもりらしくて、それと一緒に自分たちの墓も探して、早くスッキリしたいらしいんですな。

家内には信仰がありますから、失礼な態度、失礼な質問、ぐっとこらえて帰ってきたので、帰宅して泣くわけです。
いとこさんがいます。
義父の弟さんの息子さん。家内のいとこね。
義父と交流があった方で、家内より年上で、弟さんの家の跡取りをしています。

前の日に「〇〇さんに電話してみ」と言ったら、電話して、「兄が何かやっているんだけれど、筋が通らないし、何がしたいんだか分からなくて」みたいな電話をさせてもらいました。
だから、義兄がきて(兄嫁迄来るとは家内は聞いていなくて、お寺さんで驚いたそうです。)色々あった後、報告にいとこさんに電話させました。
「残念ながら、父のお墓は無いと思ってもらった方が良さそうです。」等と話し、いとこさんは、「じゃあ、おじさん(義父の事ですよ)に会いたくなったら、信仰の総拠点に行けばいいんだね」と慰めて下さったとか。

私たちは四十九日にあたる日に信仰の総拠点にお参りに行きます。仏教系統ですから、家内が塔婆を立てるそうです。
私はお勤めの間は受付の近くでおとなしくしています。
で、ケアマネージャーさんにも最後にお目にかかって、義父の思い出話を聞かせてもらって、ちょっとした旅行で年明けに行きます。

家内は近所のお寺の檀家に新年になりますので、そこでも色々相談すればやって下さるのではないか と言っております。

義父の建てた墓、しまってしまうから、どこか条件の良い物件(信仰の対象を何だと思っているのか分かりませんが、お寺についているお墓のどこか見学したところにさっさと移して、自分たちもそこに買うつもり???分からん)を吟味して、条件が良いとわかったら、「そちらさんを選ぶかもしれません」とか義兄夫妻はのたまったそうな。

信仰って、ある人と無い人とではお話が違います。
うちは信仰違いですけれど、お互い同じくらいの信仰心みたいで、お互い尊重しあって、相手が先に亡くなったら、相手の信仰が満たされるようにしてやろうと思っています。
墓は要らないんだけど、どこか無宗教の所で、簡単なお堂みたいなのに一緒に名前を書けばよいかな。
子供はいないので、お参りに来る人はいません。
二人で一緒に居られて、それで良いと思うんです。

骨とか、位牌とか、遺影とか、そういう物を拝むわけじゃないと言うのが、信仰のない義兄夫妻には今一つ通じないらしくて。
でも、位牌って、魂を入れるんだそうですね。
何故か、義父の位牌を夫婦位牌にしちゃって、義母と一緒なんですって。
義母の位牌はありますから、魂の入れ替えをしなくちゃいけないんだって。
無料ではないそうです。
で、その位牌、どこに置くのかもわかりません。
魂抜く儀式をすれば、タダの燃えるゴミなんだそうです。

2つあっちゃいけないよねぇ?
それはカトリックの私でも「おかしくないか?」と思います。

結局、義兄夫妻が好きなようにして、その結果はいつか義姉から連絡があるので、それから家内なりの供養?回向?を考えましょうと言う事に致しました。

家内、一昨日から色々考えすぎて、昨日は怒って、ついでに風邪をひきましたよ。
又ERは嫌です><
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック