bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



少額訴訟は和解しました。
いや、もう、疲れたのなんのって。

その場はそんなに疲れた感じがしなかったのですが、その夜はちょっと遅くまで起きていて、昨日は一日中寝てました。

良い和解案だったと思います。
しかし。先方さんがですね。社長を訴えてるのに、当時当事者だった家族社員が来た。

向こうさんには弁護士がついています。顧問弁護士とか言って、何かあると相談料毎月払っているから、法廷に出さなければ日当とられないと言うような。

少額訴訟ですから、徹底的に吟味するわけではありません。大体和解に持ち込みます。それに不服があれば即時で控訴して、その場で判決。それには控訴できない一日で全部終わると言うような仕組みだそうです。

私が保証して欲しかったのは普通の方の1か月分程度の金額です。
弁護士さん雇う余裕は無いし、少額訴訟なら、素人でも原告、被告として対応できます。
そもそも素人向けの簡略化した制度なんです。

色々お互いに主張はあるのですが、争点になったのが、「雇用保険に入る」に〇がしてあって、入ってないのはどうしてか という点でした。
「試用期間内は可能性に過ぎない」とか言う被告の主張は大分首を傾げられながら、そこを争点にするのを裁判所さんがやめました。

ある程度働いた月が1か月あります。
その次の月は半分になり、最後の月はゼロでした。

なので、名目は解雇予告金とか言いましたけど、かなり低い金額で民間で和解しようとしていた被告ですが。

人間関係のいざこざがなければ、原告は少なくとも3か月(試用期間だからね)ある程度働いた最初の月と同程度は働けた筈だから という理由で、それに足りない分を解決金として支払う様に和解案が出ました。

まあまあの金額でした。
勝訴的和解といって良いと思います。

そもそも勘違いします?
1か月前に通告すれば、仕事も与えず、解雇予告手当も払わず、タダで解雇できるなんて?
常識無いのかしら。

どうも立て続けにひどいところに当たってしまいまして、今は家内が働くと言ってくれて、週に4回、短時間パートですが、パートに出てくれています。そこは家内はパソコンのメンテナンスをやる と言う事で、修理関係と、SNSの記事を業者さんに発注するのなんかが仕事だそうです。家内は自作のパソコンが作れる元システムエンジニアなのであります。

仕事場の雰囲気も良く、仕事もしやすく、皆様優しいと言う事なので、ああ、助かるな、ありがたいな、良かったな と思っています。

何年かして、(そこ公立なので、一応、契約年数は5年までの予定。その先、更新してくれるか は不明です)家内が別の仕事に就くか、私がアルバイトに復帰できるか、何か期限が来たら、又、考えようと思います。

しばらくは専業主夫を続けます。

和解金は毎年のディズニーリゾート旅行代金の足しにします。
来年は我慢しましょう と家内が言っていたのですが、こういうあぶく銭は使ってしまうに限ります。
生活資金でいつの間にかなくなった では寂しいです。
まだ足りないのでもう少し頑張って、来年も春にディズニーリゾートに行きますよ。

ディズニーリゾートと言えば。

昨年行ったとき、義父に高価なアロハシャツを買いました。凄く派手な緑色。絶対に似合うと思った。
義父の部屋を片付けていた時に、家内が見つけて持ち帰ってきました。クリーニングしてあったから、1回2回は着たのかも。義父は結構オシャレな人で(元々紳士服店を営んでいました。)派手好きだったし、目立ったし、有名人でした。具合が悪くなる前は、結構オシャレもしたんです。

義父にはミッキーマウスがずらりと印刷されていたのは分かったかどうかわからないけど、「これは生地が良いな」といったそうで。

私は派手な緑色は普段着ないけれど、義父が遺してくれたので、記念に来年の春はこのアロハシャツ着て行こうかなと思います。

ナイロン製だから、ちょっと暑いんだよね。どうせディズニーリゾートでは歩くし、並ぶし、汗もかくし、いいかな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック