bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



少額訴訟は明日です。
パソコンで文章をまとめるのは、結構家内が得意で。

裁判の経験があるので、書類なんかにも少しは詳しいです。どんな書き方をすると良いのかも経験しています。

元の配偶者と離婚するときに、先方が一緒に暮らす気はないけれど、離婚はしない、戸籍が汚れる とか頑張ったので、私が弁護士さん頼んで、精神障害者の家内は具合の悪い中一生懸命頑張りました。

だって、離婚届が出ていなければ、私と婚姻届けが出せない。

別居から20年でやっと離婚出来ました。小学校に行き始めたばかりの子供が30歳を超えたころでした。

戸籍汚すなってねぇ。

てなわけで、3年半かかって、高等裁判所まで行ったので、(たかが離婚の裁判でなんで高等裁判所?)苦労したんです。家内は。

それで裁判所向けの書き方などを、会得してしまったので、今回は私の為に、私の話し言葉を文章にしてくれています。

一般労働者が好きで裁判なんかしません。
余りにひどい扱いを受けたので、一回労働審判しましたね。
今回は給与を支払わない という話なので、弁護士さんは頼まずに少額訴訟という制度を知ったので、それにしました。

裁判所なんて普段行きません。結構遠いです。
相手方の会社の本社がどこか で決まるのかな?
離婚裁判の時は、どちらの住所地にするかで、色々(長いから省略)揉めにもめていましたっけ。

先週の土曜日に相手先、つまり被告(被告人 というのは刑事事件。民事は被告 と言います。私は原告ね。)の文書が届きました。
和解しましょう とか書いてあるんですけれど、こんなギリギリに文章を出されても困ります。
請求額の半額いかないし。

どうも労働基準監督署で、法的にはここまで払えばOKと言うようなことを聞いてきたみたいです。
私は労働基準監督署で、労働局の指導をすると、法的にここまで払えばOKになってしまうので、裁判にしてはどうか と言われています。

さて。裁判官さんはどう判断なさるのでしょう。

しかし、その会社に裁判を起こされて、お金を払った(全然支払いがないと言う事はありません。労基法違反の状態なので、間違いなくいくらかは取れます。)という事実が歴然と残るわけですね。
民間で和解しちゃったら、その痕跡も残らない。

だから、もし和解するにしてもこの前も書いたけれど、裁判所の仲裁で、和解文書を作って、和解します。

少額訴訟の仕組みってよく知らないのですが、判決が出るとするでしょう?
それに被告側が控訴したりできるのかな?
出来そうですよね。
そうすると、本物の裁判になっちゃう。

本物の裁判はしたくありませんが、したくない というと、会社がしめた!と思いますので、それは多分言わない方が良さそうな。

とにかく行ってみます。
やってみなければわからない。
原告は私ですので家内は行きません。
傍聴席には入れるけど、丁度水曜日のその時間帯はヘルパーさんが見えます。

非常に僅かな金額の話です。
一人で行って、それで済むと思います。

明日は曇りと晴れだそうです。
寒いのかな?
今日は寒くて、雨がジャンジャン降っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック