bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



四十九日が決まりました。
義父と家内、義姉は同じ信仰です。

その総拠点みたいなところは、ここから電車で2時間半、車で4時間半です。

四十九日は1月11日だとか。お参り?するのですが、何というの?ほら、法要じゃないんだけど、供養?回向?してもらうのを、家内が総拠点に申し込みました。
義兄は四十九日はやらないそうです。
生き仏様の都合が先ですから、子供だけで葬儀のような事をしたので、そんな事は構わないと思います。
義姉も何やら都合があるのか、義兄(義姉には弟になります。一番上が義姉です。義兄がいて、末っ子が家内です。)が四十九日をやっても、自分は行かないと言っていたそうです。

家内は四十九日の何やらを申し込みましたので、(法要とかそういう人を呼ぶ行事ではありません。個人的にやると言う事らしいです。)私も一緒に行くことにしました。

車で行く と頑張る家内。
いやいや。お互い障害者なんだから、もう義父はいないので、義父の為に何かをもっていったり、義父から何か貰ったりするわけじゃない。
危ないですし、苦労して4時間半運転する必要もないので、電車で行きます。

勿論、車の方が安くて済みますが、どちらで行っても結局私の障害者手帳の割引を使うので、一般の方よりは安く行ける。
現地で総拠点に行ったり、旅館に行ったりと言うのには、タクシーを使えば宜しい。
タクシーも私は割引がありますから、少し安くて済む。
隣の地方自治体なので、タクシー券(私の自治体で支給されるもの。隣の自治体では使えません。近隣の地方自治体、要するに市区町村では使えます。)は使えないけれど、割引制度は使えるので、それを使います。

我が家は信仰がお互い違うので、どうもその信仰の総拠点みたいなところで儀式に同席するのは、ちょっと嫌です。
義父に思いがない訳じゃなくて、むしろ、私も自分の親が他界したような気分なのですが、信仰は別物。

11日に四十九日の儀式をやって、13日にケアマネージャーさんに会いに行きます。
なので、2泊3日です。
今度はもう義父はケアハウスにいないので、泊めてはくれると思うけど、礼儀としてそうはいかないので、旅館?温泉旅館?一応ホテル?を予約しまして、そこに泊まります。
電車で行くと、2つくらい手前の駅なんですけれど、この辺では有名な温泉地があります。山だから温泉はあるよね。沿線にはいくつも温泉地があります。

丁寧な事にケアマネージャーさんからお便りをいただいたんです。
お世話になったので、礼状と菓子折りを送りました。
あちこちに送りましたが、ケアマネージャーさんがお返事をくれました。
読んで、家内はなんだか涙ぐんでいました。

義父は子供には話さなかった、人生の仕舞支度の事とか、其れ迄どう生きるとか、人生はこうしてきたとか、結構宗教的な話をしたみたいなんです。
信仰は人生です。
子供には言わない。

だから、そんな話を聞きに行っていいですか?と電話したところ、大した事は聞いていないけれど、どうぞ と言ってくれました。
11日はご家族の通院付き添いがあるそうで、12日はお嬢様が成人式。なので、その2日はお休みを取る予定との事なので、2泊3日にして13日の午前中位にケアマネージャーさんの事務所にお邪魔させてもらう事になりました。
時間は多分午前中。その日は帰るだけですから。

12日はぼんやり宿で義父の無駄話をして過ごそうかと思っています。
今回は完全に旅行なので、義父が私たちに生前にくれた小遣いを使い切ってきます。
次は1周忌?1回忌?なので、その時はビジネスホテルでもいいかな。家内だけ行くかもしれませんし。
3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、33回忌、50回忌 くらいは、私でも一応知ってます。普通は7回忌くらいまではやるよね。
義父はどうも自分のお母さんの50回忌を自分だけでやったみたいな形跡があります。
義母の50回忌はまだ私たち生きてる筈なので、家内はやるかもしれないね。

ケアハウスがある駅の駅前に1つだけビジネスホテルがあります。
普段お参りに行くとか、儀式をやってもらうとかいう時は、家内だけそこに泊まればよい。
今回は四十九日ですから、幾らなんでも現地までは私も行く と言う事ですね。

それなら拝んでくればいいじゃないか と思う方もいると思うのですが、それが信仰というもので、近所にもその信仰のところはありますが、そこに拝みに行くんじゃなくて、総拠点に行きたい と言う事でしょう?カトリックで言えば、大げさに言うとバチカン市国の大聖堂とか、そこまで言わなくても東京都の四谷というところに、日本のカトリックの総本山的なイグナチオ教会と言うのがありますが、そこでカトリック的な儀式をして貰う とか、そういう感じの事柄です。

近所の教会に付き合えとは言えますが、イグナチオ教会に付き合えとか、バチカン市国に行くぞ とは、家内には言えない。

それと同じです。
それが信仰であり、生活であり、人生かな。
だから私は儀式の間(どういう訳かどの宗教でも儀式って1時間くらいです)受付(受付って、その信仰の指導者の方が、20人も30人もいるような凄いところだそうですが。)にはベンチがあると言うので、待っています。

ちなみにね。
納骨はしてないの。まだ。四十九日に納骨する とか義兄は言っていましたが、良く分からない。
義父は自分の建てた故郷の家の仏壇の前に居ます。まだ向こう岸?にわたっていないそうで、義母や義父のお母さんやそんな人が居るのですが、そことはまだ話がスムースに行かないのかな?四十九日が済んだら、同じ世界で話が出来るのかもしれませんね。
私にはその信仰は知識として理解できるけど、信仰としては理解できないから。

我が家には義父が使っていた日用品がいくつかあります。
安い石鹸箱とか、先日書いたけど、タオル、バスタオルとか。私にはパジャマと作務衣があります。家内には信仰上義父が使っていたものなんかがあります。

毎日洗面するときに、義父の安い石鹸箱に義父が使っていた石鹸がまだ残っているので、顔を洗います。
何だか喪失感と言うかね。寂しさと言うかね。感じますね。

義父とかかわったのは私はここ1年くらいです。
その前にもケアハウスには訪問していましたが、元気な時で、夫婦で行くと、家内に説教が始まる。
だから私はほとんどかかわりを持てませんでした。

本年初めから支援を入れないと と言う事になり、私は元介護屋ですから、色々と算段して、家内は夏から働き始め、私は仕事が出来なくなったので(体調上ね。もう働く体力は残っていません。)良く一人で義父の通院とか、何とかに行っていました。

これから別の所(介護付きの所)でもう少し人生を楽しんで欲しいと思いましたが、義父はどこかへ移されるのを本能で敏感に悟ったのではないか と家内とよく話します。
自分が思っていた通りの生き方をして、信仰を貫き、自分の望んでいた通りの亡くなり方をしました。
信仰って、そういうものじゃないかな。

と言って、私がその信仰になる訳ではなくて、あくまでも私は洗礼を受けたカトリック。
お互いに信仰があると、お互いに尊重しあうものですよ。
お互いに信仰がなければ、それも大丈夫だと思います。
片方だけに信仰があると、どうしてもない方を引き込みたくなるので、ちょっと揉めたりするかもね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック