bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



明日から日常
お礼状、お礼の品の発送も終わり、明日から家内は仕事に復帰します。

少しずつ日常に戻りつつあります。

人一人亡くなると、こじんまりした葬儀だったにもかかわらず、結構な金額がかかりますね。
施設を引き払う費用なども掛かりますし、その他色々。葬儀自体は骨にしてそのまま檀那寺でお経を読んでもらっただけなので、それほどかからないはずが、檀那寺の坊さんがお経を読むだけなのに結構な金額を言ったそうです。

檀那寺の坊さんの経を読む代金が余計でしたね。
信仰している総本山の供養の代金は生前に納めてありましたので、当日は何もかかりません。

義父が遺したタオル類などを貰ってきました。
我が家のは洗濯するだけなので、又、一緒になった時に持ち寄ったものなので、かなり傷んでいます。
義父のは、柔らかくて傷んでいない。
どうも柔軟剤を使っていたのではないか と思います。

各地の観光地の温泉のタオルがあったり。普段使っていた調剤薬局のタオルがあったり。信仰の総本山に自宅から旅行に来たときだろうと思われる旅館のタオルがあったり。

バスタオルも2枚貰ってきました。
これもふんわり柔らかい。

我が家も柔軟剤使ってみようか と私はちょっと思いました。

家内は要らない というので、そのまま又、傷んでいくのかな。

タオル類とか肌着だけ柔軟剤を使えば良いのかなぁ…
ジーンズとか、上に着る衣類とかには柔軟剤要らないでしょう?要るのかな?

義父はクリーニングも良く使っていたみたいで、私たちが東京ディズニーリゾートへ毎年旅行に行きますが、今年の春行ったときに買ってきた結構いいお値段のアロハシャツを義父に土産にしましたら。それはクリーニングしてありました。
1回くらいは着たのかも。

残念なのは、去年の12月頃、家内のきょうだいが集まって、(当時、義父、入院中)色々話した後、私たち夫婦は頻繁に義父を訪れたのですが、写真がないんです。
行ったのだから、一回でも良いので、元気な義父と私たち夫婦の写真を撮っておけばよかった。
こんなに早く他界するとは思っていなかったので、そんな事考えませんでした。

義姉がケアハウスに入ったばかりの頃の写真を撮っていて、それをデータで貰ったそうで、写真立てに飾られて、家内の部屋にあります。ほんの5年前なのですが、髪も黒いし、多いし、70台かと思った。
義父がケアハウスに入ったのは89歳の時です。
それまで多少ヘルパーさんは使っていたけど、一人暮らしを立派にやっていました。

ケアハウスに入って6年目で他界しました。
私たちが介護に入るようになったのは、今年の初めです。11か月ですね。
次の認定調査を待たずに亡くなってしまいました。

とはいえ。生きている私たちは毎日の生活があります。
もうずいぶん通常の生活になってきたので、今朝、義父のタオル類を片付けて使うようにしたのが一応最後の作業かな。

我が家で看取りたかったのですが、信仰のおひざ元の病院で、馴染みの看護師さん、医師の方に面倒を見てもらってたった半日で亡くなりましたから、良かったのだと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック