bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



諸費用自己負担の紹介業者さん
友人から、諸費用自己負担の一般法人社団を教えてもらいました。

無料の紹介業者は、紹介先、つまり、施設から紹介料を貰っているわけですね。
結婚式場探しと同じです。
むろん構わないのですが。
施設目線になりがち という点はあるかもしれない。

と言う事で、紹介料は探してくれる法人さんに支払う という法人さんに連絡してみました。
代表さんが出て、色々話をしました。
昨日書いたようなことですね。

安いにも色々カラクリがあると言います。
入ってから介護保険サービスを目いっぱいつけて、そこで儲ける。
まあ、商売ですから、それもあり得るでしょう。
悪いとは言えない。

良くあるのが毎日ディサービスを利用 という話だそうです。
他にも掃除、洗濯、風呂の介助等色々ありますが。
毎日ディサービスに行かされると、義父はもう95歳で、心臓に重い病気があるのでくたびれてしまいます。

そうじゃないところで、予算が厳しい方で、こういう良いところがありますよ。
と教えてくれましたが、ちょっとニーズと違う。
義父は拠点病院が近くないとダメなんです。
拠点病院なさそうな所で、ちょっと我が家から遠すぎる。

うーん…

今いる所よりは近いです。山奥ですがね。いいんです。山奥で。

義姉がおります。義兄は駄目ですが、義姉は父親の面倒を見る気があります。
お互いに離れているのね。隣の地方自治体ですが、片道3時間近くかかるんじゃないだろうか。
なので、両方が同じ程度近いところ というのは無理。

加えて、義父がバタバタ内緒でしだしました。
義父には弟がおりました。数年前に他界したのですけれど。
その子供さん、義父からは甥にあたる方が、二人、義父の事を気にかけてくれていて、時々義父のケアハウス迄訪問してくれたりします。
義父にとっては甥ですから、子供より気兼ねがない。

どうも甥の方に電話したらしい。
弟の入っていた老人ホームに入りたい とか言ったらしい。
「いくらだ?」とか聞いたらしい。
弟(私から見れば義理の叔父ですね)が入っていたのは、出身地と同じ地方自治体の施設です。

ちょっと待て。

出身地も義父が長く暮らした自治体も、うちからも義姉の家からも泊りで2泊しなくちゃ世話は出来ない。
行けないって!
で、甥の方にこっそり聞いて、何やらするつもりだったらしいのですが、内緒でそんな話が出来る訳もなく、義姉の所に甥の方から電話が来た。
バレますね。
で、義姉から我が家に電話が来て、「今、探している最中だから、待ってて」とか「出身地では誰も面倒を見られないから、それは無理」とか話をしたようです。

義兄は義父の出身地には1時間くらいで行けるのですが、折り合いが悪いので、絶対に面倒は見ません。
面倒を見るって、たまには訪ねて、話をして、用事を足して、世話をすると言う事ですよ。
それは我が家がやるしかないの。
義姉も働いていますし、忙しい。
家内も働いていますし、結局は専業主夫の私がやる と言う事になりますね。

で、費用をこちらが払う法人さんは、それなりに探してくれそうです。
今、候補に挙げてくれているところでも、何とかなるかな と思います。

義父にはヘルパーさんを使う事になれてもらわないといけない。
今は週に一度掃除に来てもらっていますが、頑として風呂の見守りのヘルパーさんを受け入れない。
これ、何とかしないといけません。
だから正月明けにみんなで義父を取り囲みに行くわけです。
その時に、「一年くらいしたら、引っ越しするからね」と前振りしておかないといけないですね。

そろそろ自立型のケアハウスはつらくなってきたのでしょう。
故郷や出身地に帰りたい望郷の念もあるのでしょう。
家内が言うには、「故郷は遠きにありて思う物」だそうです。
石川啄木だった?
「ぢっと手を見る」は啄木だけど。

そんなこんなで義父がごちゃごちゃ言い出したので、こちらは手綱を取るのが大変です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック