bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



転居先探し
我が家ではありません。我が家は持ち家のマンションで、買い替えの予定はありません。

義父です、義父。

今は自立型のケアハウスにいます。
同じ敷地内に病院があり、特養があります。
我が家からは電車で2時間半、車で4時間半かかります。
月に一回くらいは私が行っていますが、遠いですね。

遠いのはいいのですが、元気なら。
最近、怪しくなってきました。
年寄りが体調を崩し始めると、坂を転げ落ちるように落ちて行きます。
まさにそんな感じです。

入院も頻繁になってきて、ケアハウスの方々が心配しています。

困るのは。
義父は心臓が心不全で、慢性肺炎があり、心不全はかなり重い状態です。
ところが、日常生活動作、俗に言うADL能力は高くて、時間をかければ何でもできます。
風呂も一人で入れます。手洗いにも自分で行けます。食事も食堂に自分で降りて、自分で食べられます。

だから、介護度がつかない。要支援1しかつかないです。

なので、そろそろ医療直結の所で、我が家から車で1時間程度の所に移したいのですが、これがうまくいかない。
義父には信仰があります。家内や義姉も同じ信仰です。
その信仰の関連の施設に入っているので、そこから出るとなると、信仰の対象がそばになくなります。
信仰と言うのは、心の問題ですから、私もクリスチャンで信仰がありますけれど、近所になくちゃいけない という物では勿論ないです。それは義父も同じだと思います。

義父は信仰の関連のケアハウスがある と知って、遠くから引っ越しました。住所地特例で、今まで住んでいた自治体から介護保険給付は出ています。今住んでいるケアハウスの自治体は、サービスは提供しますけど、請求先は旧住所地。

義父に先日、退院後初めての通院の時に、「医者や看護師がいつもいる様な所に移るのはどうか」と聞いてみましたら。
「ここにおられんようになったら、わしは故郷(旧住所地)に帰る!かかりつけの先生に診てもらって、ここと同じ生活をして、苦しくなったら救急車を呼ぶ。なにも困らん。」とか言います。

いやね。お義父さん、ケアハウスだからお義父さんは自立でいられるの。
故郷で一人暮らしが出来なくなったから、ここに入ったんでしょ?とは思いますが、婿の立場では、そうは言えないので、むにゃむにゃ黙って。

あちこちと今、相談しています。
まずは怖いからシャワーで済ませると言うのを何とかヘルパーさん付きで、(見守りね。介助じゃなくて)湯船に入ってもらわないと困ります。
その算段は今やってます。正月過ぎに説得の機会を設けます。

あとは引っ越し先を探さなくちゃいけません。
入退院を繰り返すのはもう仕方ないのですが、出来ることなら療養型病院で医療密着にしたい。
ところが、そうもいかないらしいんです。

まず、市役所の総合窓口に電話しました。
「どこに相談したら良いですか?」

そしたら、高齢者福祉課に電話が回った。
事情を説明しました。
「そういう事なら、地域包括支援センターが良いでしょう。」と言う事で、電話番号を教えてもらった。

地域包括支援センターに電話して、事情を又説明した。
随分親身になってくれまして、30分くらい話をしたでしょうか。
我が家には資金がない。
年金生活者が家内がパートをして生活しています。
そこに義父が入って(病院には住所が置けないから、義父の住所を置くのは我が家になります。)3人で生活するのは、義父の施設、もしくは病院代を含めると、無理です。義父も年金収入がわずかにあるだけで、勿論非課税ですし。

したらば、30分ほどたって、地域包括支援センターの方が、「お話を聞く限り、安い有料老人ホームという手段もあると思います。」と言う。医療直結は出来ませんが、提携病院はあります。提携介護事業者もあります。そばに大きな拠点病院があれば、何とかなるかもしれない。あとは住所が置けるので、義父単独で生活保護が取れます。将来的にね。今はまだ生活保護のレベルではありませんが、資金が先になくなるかもしれないでしょう?

と、「有料老人ホームの紹介業者があります。」と教えてくれました。電話番号を。
とりあえず教えてもらった業者に全部電話してみました。
もう相談員に話をしたところもあるし、明日かかってくるところもありますが、一考に入れてみようと思っています。

我が家から車で1時間くらいの所じゃないと、意味がありません。
看取り迄視野に入れているので、近くないとダメ。
でも、都会方面に行くんじゃなくて、地方方面に1時間なら、無くもなさそうです。

友人のご家族がとある療養病院におられるのですが、「〇〇病院に友人のご家族がいます。」と地域包括支援センターの方に話したら。
そこは有料老人ホームの一角が療養病床になっている という特殊な形態で、「このくらいの費用が掛かるそうです」と伝えると、「あそこは特別な形態なので非常に高いですよ。」と教えてくれました。

療養型病院 というのは、なかなかないらしく、普通の病院に療養病床がいくつかついていると言う事らしいですね。

私の実母も最後は療養型病院で亡くなったんですけど、どこだったんだろう?
私と父、きょうだい とは普段縁がなく、喧嘩しているわけじゃありませんが、疎遠なので15年以上前に母が亡くなった病院は分かりません。でも、父はお金があるので、友人のご家族が入っているような特別な病院に入れたのかもしれません。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック