bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



通院付き添いに行きました。
義父は先日退院したのですが、この前の火曜日に「そろそろ退院後初めての通院じゃないかな」と思って、病院さんに電話したら。「明日水曜日と明後日木曜日のご予約です。」と返事が帰って来て、大慌て。

よく聞くと水曜日の通院は10時の予約だと言う。
朝7時に出ないと間に合いません。
特急を乗り継いでいくのですが、調べたら、運よく特急の始発があって、みどりの窓口に買いに行きました。
今回は家内は仕事なので、私一人です。
だから電車ね。

7時21分の特急に乗るには、当駅は6時50分とかそんな時間に出ないとね。で、ターミナル駅でもう1本の特急に乗り換えます。特急の乗車時間は、1時間と45分とと言う感じ。現地に9時36分に着きます。

仕方ないので、火曜日の夕方(病院に電話したのが15時頃でした。)ケアハウスに電話して、「いきなりですが、明日と明後日の通院に付き添いますので、泊まります。」と電話して、朝、間に合わなかったら、とりあえず義父を病院まで連れて行ってもらう事になりました。

予定通りついて、ケアハウスには売店がないのでタクシーさんに途中に運よくあるコンビニエンスストアに寄ってもらって、飲み物を買ってから行きました。着いたら、ちょうど支援員の方が、義父を病院に連れて行っているところでした。慌てて荷物をゲストルームにおいて、飛んで行ったら、居ました。義父が。一人で車いすに乗って。

歩けるのですが、病院まで歩くのは(5分ですけど)もうつらいようで、送ってもらう時は車いすで行きます。中は自分で歩きます。
水曜日はペースメーカー外来で、外部から技師の方が来るようです。
暫く待って検査してもらって、又しばらく待って。
医師の方が待合室に来られて、「大丈夫です。ちゃんと動いていて、電池は10年以上あるし、データも正常です」と言って下さり、その日はそれで終了。

水曜日って、ヘルパーさんが入っているのです。
掃除をして下さいます。
ついでなので、同席させてもらいました。
年寄りばかりの施設ですから、家族がいる訳じゃありません。
義父はヘルパーさんの使い方は上手ではないけれど、ヘルパーさんは熟練です。
それなりに何とかしてくれて助かりました。
これならいいかな と思いました。

この日はある程度義父は元気で、色々な話をしました。子供には話さないような昔話をたくさんしました。
夕食もある程度食べて、貰ったと言うイチジクをくれましたよ。
どうも友人からもらったようで、売っているものじゃなさそうです。皮を剥こうと思ったら、剥けない。庭になっていたやつでしょうね。
イチジクなんて子供の頃隣のおばさんから、庭になっているのを貰って食べた以来です。
義父も「最近は売っているが、買ってまで食べるもんじゃない」と言っていました。
私も同感で、イチジクやら、柿やら、タケノコやらは、隣のうちからもらうものです。

翌日木曜日はなかなか義父の順番が来なくてハラハラしました。
朝、診察券を出して、血液を採って、時にはレントゲンも撮るそうですが、それで一回帰るんです。
それで、お昼頃、大抵11時頃、病院さんからケアハウスに電話がかかってきて、「そろそろ来て下さい」となるそうな。
午前中の一番最後に診て下さる事になっているそうです。
義父が待合室で何時間も待てない体調なので、配慮して下さっているとのこと。

ケアハウスで待っていたら、受付の支援員さんから内線電話が来た。
「今日は混雑していて、13時か14時になりそうなので、何時の電車で帰るのか、病院に直接電話してください」とのこと。

自宅の電話には登録してありますが、携帯電話には登録していないので、仕方ないから、ネットで調べて登録して、電話を掛けました。看護師さんに回して下さり、「15時7分の特急で帰りますので、14時半ころにはここを出たいです。」とお伝えして。
「間に合うように頑張る」という返事でした。

義父本人は木曜日の朝、部屋のシャワー室のコックを誤ってヘルパーさんがちょっと捻ってしまっていたのを発見して、片付けやら、雑巾がけやら、大変だったらしい。疲れていまして、「昼飯は食べない」とか言う。
仕方ないので、事務所に言いに行ったら、「なんで食べないの?」

「えらい(つらい、疲れているの意味です)んだそうです。」

「食堂に降りてくるのがえらいから食べない?」

「はい。」

「だったら、お部屋に運んでもらえば(私が)お部屋で食べてもらっていいんですけど。」

と言う事で、取りに行くつもりでいたら、11時半前に又内線がかかってきた。

「お義父さま、今、食堂に来られているので、すぐ来て下さい。」

「???」

どうやら、食堂に「昼飯は食べないから」と断りに行ったところ、熟練の支援員さんにつかまって、「一口でもいいから食べて行って下さい」となったらしい。

慌てて降りていくと、ほんの少しだけおかずを食べて終わりでした。
支援員さん凄いですよね。

それから。義父も私も昼寝したんですけど。ふと気づいたら、14時でした。
電話はかかって来ていません。
さすがに間に合わないなと思って、義父の部屋に行って、「電話来ていないけど、そろそろ行ってみる?」と聞くと、「おお。行こう。」というので、事務所に断って行きました。

病院の受付で、事情を話して又、看護師さんに伝えてもらって待つ事5分くらいかな。
ちょうど順番が来て診てもらえました。

医師の話によると、現在の病状では今の状態は最高の状態だそうです。
重度の心不全がありますから、入院すれば落ちるのは当たり前。
義父、本当に落ちました。
仕方ないですけれど。

会計を待つ時間がなくて、(特急行っちゃうから)病院の受付の方に「すみませんが、会計が終わったら、ケアハウスに電話して、迎えに来てもらってください。」」とお願いして、ついでにタクシーを呼んでもらいました。

無事帰路について、帰宅したのが18時前かな。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック