bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の通院に行きました。
我が家は台風で何事なかったんですけれど、義父の居るのは隣の地方自治体。普通に高速使って車で行って、4時間くらい。

台風の後ですから、あちこち冠水だの水没だのあって、高速道路も高速になっていなくて(速度制限がかかってる)、回り道もしなくちゃいけなくて、結局2泊3日で行きました。

義父が入院している病院はケアハウスの隣ですが、他科通院しなくちゃいけなくて、その通院先まで車で1時間かかりました。
現地の医師の方とか、係の方とか、30分くらいですよ と言うのですが、その地方ではみんな車の運転が早い、早い。
制限速度どこに行ったの?と言う感じで、道路も狭くて曲がりくねっているので、慣れない家内は他の車について行けませんでした。
私は高速は出来ますが、街乗りはもう出来ないので、街乗りが出来ないものが、狭くて曲がりくねった道路が行けるはずもなく、助手席です。

義父は後ろの席で横になっていました。

泌尿器科のある病院に行ったのです。今の入院先でCTを撮ったら怪しい影が映る。
でも、そこは泌尿器科がないので、紹介状を貰って、1時間かかる別の病院に行ったと言う事です。

結論としては、ただの前立腺肥大症でした。小便が出なくなるほどではない様子。
これ以上肥大が進まないようにする薬とか、小便が出るようにする薬とかあるそうで、それを主治医に処方してもらってはどうかと言うような話になりました。

義父ね。95歳だったのですけれど、年齢が年齢なので採血に看護師さんが凄く苦労する。
義父本人が言ってました。
肘の内側は何も出ない。手の甲も出ない。結局足のふくらはぎの静脈から取りました。
エコーも撮ってくれて、これは痛くないですよね。
膀胱鏡を入れたのですけれど、膀胱内部を見るために。年を取っていると尿道が狭くなっていたり、硬くなっていたりするので、膀胱内部も委縮していますから、結構痛いらしい。
本人が痛いと言っていましたので、検査中に痛いと言うのは結構痛かったんじゃないかな。

それで無罪放免になり、あとはもう今入院している病院を退院すればよいと言う事になりました。

疲れた様子をしていたのですが、何事ないとわかったら安心したようで、「ここらで何かうまいもんないか?」と言い出しました。
スマートフォンで検索する仕組みは分かっていないのですが、娘(家内ね)に言えば、何やら器械で探してくれると言う事を理解したようです。

寿司が良いと言うので、家内がすし屋さんを検索して、行ってみたら、大きな和食やとすし屋が一緒になっているような店でした。

本当は義父はカウンターに座りたかった様子ですが、生憎一杯で、小上がりに案内されまして、「おい(店員さんに向かってですよ。年寄りは遠慮がなくてよくない)、鰻があるだろう?」と聞く。運よくありました。昔のすし屋は鰻置いてましたけど、昨今のすし屋は置いていません。置いていたので、「俺、鰻」という。

家内は久しぶりに好物の寿司が食べられると思ったら、父親が鰻と言うので、全員で付き合って、「鰻を3人前下さい」と言う事になりました。30分くらい待ったかな。鰻ですからね。

これが良く食べたのです。義父が。
胃がんで胃は全摘出しています。胃がない。だから普通の食事は無理で、少量を何回かに分けて食べると言うような感じです。
普段はお粥を出して貰っています。
それが鰻を1匹の4分の1くらいと、小さい御飯茶碗1杯くらいのご飯を食べました。

考えてみれば、娘と外で食事をするのは何十年ぶり。私とは初めてです。

食事中は元気でした。帰り道も1時間かかりますので、車の後部座席で寝ていて、病院に帰ったのは14時半頃でしたかね。
朝は予約なしで行ったので、7時には入院先の病院を出ました。診察は11時半ころだったかな。

私たちはもうぐったりと疲れてしまって、と言うか、チカチカしてしまって、2泊目泊まって良かったです。

3日目。昼食を頼んだので(ケアハウスで)それまで寝ていようと思ったら。
ケアマネージャーさんとヘルパー事業所のサービス提供責任者の方が来訪して下さることになり、寝てはいられなくなりました。
ゲストルームに泊まっているのですが、そこは散らかっているので、義父の部屋に来てもらい、打ち合わせしたら、もうお昼。

帰り道も相変わらず道路は色々です。回り道したり、速度制限掛かったりしながら、スマートフォンのナビの言う通りに帰ってきました。

何かね。
行きは家内が検索をしくじったみたいで7時間かかったのですが、帰り道はスマートフォンのナビが道路状況をよく知っていて、4時間半で着きました。

木曜日は2人で寝込んでいて、家内は昨日は仕事、2人とも今日は別々ですけれど、通院があります。
昨日はヘルパーさんが来て下さる曜日だったので、非常に助かりました。

親子でヘルパーさん使っているのもなんですが、制度違うヘルパーさんなのでこれは仕方ないですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック