bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の通院
3日4日で私一人で義父の入院先に行ってきました。医師の家族説明を受けるためです。
義理でも家族なら受け入れてくれます。

息苦しさが強くて入院したそうで、色々説明を受けて、ああ、年相応だな と思った私。
心不全なので心肥大が凄くて、良くこの心臓で歩いてるな と言う感じでしたけど、本人は時々息苦しいけれど、自立型のケアハウスに居るので、理解していて、一生懸命歩いています。

凄いよね。
大正13年。

それは予想の範囲で別に驚く事じゃないのですが、驚くこともありまして。

まずは行ったら、個室に居て。何が起こったかと思ったら、要するに本人の贅沢でした。
入浴も機械浴ではなく、一般浴。食事も普通食。食べないんですけど。食欲がないそうです。
医師の方いわく「慢性的な脱水」とのこと。飲まないんですよね。で小便が出ない。

小便が出にくいとて、昨年の秋にCTとかエコーとか診てもらいました。
その病院には泌尿器科はありません。
わかる範囲で診てくれたけれど、マーカーも上がっていないし、前立腺の肥大も大したことないと言う事で、そのままになっていました。

今回の入院の際、担当医がいなかったものですから、他の医師の方が、泌尿器の症状もあるのだ と考えて、CTを撮ってくれました。
したらば。
前立腺と膀胱の間に怪しいものがある。
除去対象でしょう というところまでは分かった。
何だかは泌尿器科無いから分からない。

と言う事は、泌尿器科のある病院に行かないといけないわけですね。

96歳、自分でタクシーで行く とか言いますが、1人で行かれても医師の説明が十分理解できないかもしれないし。
最初は私たち夫婦が同行することにしました。
たまたま14日15日で元々訪問するつもりでした。ケアハウスにね。入院したの、9月24日です。
家内が休み取ったのはその前。
結局退院するかしないか分からないまま、とにかく行こうと言う事にしてありました。

その泌尿器科のある病院が車で30~40分かかります。
朝7時とか8時とかに出て、受付の順番待ちをして、予約なしで行くので、大変です。
予約取ると凄く先になる。
医師としてはちょっと心配している。
紹介状をくださるので紹介状があれば、その日に必ず診て下さると言うので、其れで行きます。

その日のうちに私たち帰宅したいといけないの。ケアハウスのゲストルームにもう1泊してもいいのですが、月曜日火曜日で行くのです。水曜日は家内は休み。火曜日に休暇(欠勤ね)を取りました。水曜日はヘルパーさんも来ますし、二人で休養しないと私は構いませんが、家内が木曜日に出勤できなくなる可能性がある。

いやぁ…

困りました。

ケアマネージャーさんとヘルパー事業所に電話をしまして、通院介助が出来ないか相談しています。
多分出来る。制度でダメなら自費でいいです。
義父がタクシーを頼んで、ヘルパーさんに同行してもらいます。
ヘルパーさんには医師が言う通りのことをメモしてもらって、電話でも、メールでもいいから知らせてもらいます。

手術かもしれないし、検査結果で判断しないといけないこともあるかもしれないし、そういう時は、私が電車で病院まで行く。
義父はヘルパーさんとタクシーで来て、現地で合流。
私は病院から日帰りで帰ります。

義父の居るところと、泌尿器科のある病院とでは、泌尿器科のある病院の方が断然我が家に近いのです。
駅からも歩けます。泌尿器科のある病院は駅から歩ける。

何があるんだか、さっぱり分からないので、最初は色々検査だろうから、検査に連れて行くのはヘルパーさんで良いのです。
判断する、手術するとなったら、私が行く。


それはいいんですけど、義兄。
義父がペースメーカー入れたとき、付添にも行かなければ、きょうだいに連絡もしなくてね。
当時は緊急連絡先が義兄でした。
懲りたので、今は我が家にしてあります。
だから、ケアハウスの連絡先も我が家、病院にも連絡先は我が家。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック