bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



年よりは厄介です。
今年義父は96歳になります。本人は数えで考えるので、本人の自覚だと97歳ですね。
白寿の祝いは本人が考える99歳でやろうと思っています。

心不全と慢性肺炎がありますので、体調が悪くなっては少し戻って落ちて、を繰り返しながら、全うすると言う事になるのですが…

年に1~2回ですかね。
本人が非常に苦しい時があるようです。
と電話がかかってきます。
「わしはもうもたんで、なんとかかんとか」「すぐ来い。話しておくことがある。」「相続になると厄介だから、金を渡すので、すぐ来い」

等など、本人は真剣に死ぬ気です。

真に受けて慌てた事もあるのですが、どうもそう思うほどつらいと言う事の様で、今すぐどうこうと言う事では無いようです。

一昨日、電話がかかってきました。
「すぐ来い。ちょっと来い。」の類の電話です。具合悪いんですね。夏の疲れもあるのでしょう。空調はちゃんと付けますが、年寄りに夏、冬はつらいです。
ちょっと来い と言われても、今は家内が働いているので、以前のようにすぐは行けません。私一人で様子を見てくるのは出来ますけれど、車で全行程(片道4時間 高速込み)は運転できませんので、電車(列車だね。)で4時間半かけていくことになります。

ちょっと私もそれは体力的にもう難しい。
加えて、本日、家内、腹痛がひどくて仕事休んでお医者さんに行きました。午後から行けるかどうか、分からない。

来月中旬に休みを取ってあって、その時に義父を訪ねるつもりです。
その旨家内が伝えたところ。
「それまでに間に合わん。わしはもう死ぬからやるつもりの金を振り込むので、速達で口座番号を送れ」とか言います。

外で出て用を足せない人がどうやって、振込するんですか。ケアハウスの中では普通に歩いていますが、外は坂道だらけで、一人では行けません。
普段も歩いて家内なら5~6分で行ける郵便局に「金下してこい」とか言っているくらいですから、自分でなんか行けない。

多分。
ケアハウスに出入りしている銀行さんがあって、昔みたいに御用聞きをやってくれているので、その営業マンに頼むつもりなんでしょう。

それはいいけど、まとまったお金を振り込まれても、何のお金だ?と言う事になって、税務署さんに贈与税20%取られてしまいます。

家内、速達で手紙は出して、口座番号も書きましたが、「税務署が感づくので、行くから、待ってて。お金は送らないように」と書いたそうです。

今朝は、家内は腹痛がひどくて#7119に相談しましたし、私は私で、ケアマネージャーさんとヘルパー事業所さんに電話して、来月中旬に行くのだけれど、今、つらいみたいで、本人は死ぬ気でごちゃごちゃやってるので、愚痴を聞いてください と頼む羽目になりました。

もう死にそうな人が、遺言状書き直したり、金の算段したりできますか。出来ません。

ケアハウスに確認したら、普段は自分で夕食を算段しているのですが、今はつらいので、夕食出して貰っているそうで、ちゃんと食べてるし、会議室で何やら書き物をしたりしていて「お元気ですよ。」とのこと。

本人は入院するのだけれど、今はベッドが空いていないそうで、云々 とか言ってました。危ない状態なら、隣に病院があるのですが、ERでもなんでも入院させるし、空きがなければ、僻地拠点病院が離れたところにありますので、救急車で運びます。
そうじゃないんだから、「お義父さん、死なないよ」と言う感じですね。

と言う事は、非常につらいけれど、又、体力とか落ちるけれど、現状今すぐどうこうと言う事はない と言う事じゃないかな と思います。

こういう時は支援者の方に頼るしかないです。

我が家に来ている家内の支援者の方々は近いですし、困れば相談にも行けますし、最近は家内もそうそうおかしなことは考えないので、そういう機会はないのですが、離れたところにいる義父が死ぬ気になるとちょっと厄介です。

義父の考える白寿迄はあと2年。
ケアハウスに家内と義姉と義父がかわいがっている甥っ子さん(家内、義姉のいとこです)何人かが集まって、仕出しでも取って、おしゃべりすれば十分祝いになりますので、それは実現したいなと思います。私は行っちゃダメなの。家内の身内だけ、何々家の人たちだけでないと、他の身内は連れ合いと一緒に来ないのか と言う事になるから、私は白寿の祝いには行きません。
何々家の人たち数人で義父を囲んでくれればいいな。

現在存命中の世界最高齢の方は、日本の方で、今年116歳の女性です。
義父も今のところの様子を見ると、とりあえず100歳は超えそうなんですけれどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック