bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



専業主夫奮闘中
先週の月曜日から、月・火・木・金で、家内がパートを始めました。1日6時間勤務で休憩1時間です。
今は労働基準法外の扱いで、「謝金」と言います。10月から試用期間に入れそうな感じだと言う事です。

先週の家内の様子を見ていて、私が焦って働き始めたら、我が家は共倒れすると直感しました。

20年以上精神疾患を病んでいて、精神障害の状態になっていることに気づかず、私と暮らすようになって、やっと精神病院に入院したのが2009年の夏の話。

それから11年。もう様々な支援を使い、本人も色々な状態を経て、やっと作業所に通うようになったのが、大体3年ちょっと前。
そこから支援が実り、就職活動ができるようになって、今回、謝金に行っているところは、家内のスキルが十分に生かせるところで、かつ、パートでそういう特殊技術を持つ人は無理なんじゃないか?と言うような感じの仕事です。

家内ね。パソコン屋なんです。手作りパソコンが作れる人。
今の仕事は、パソコンのメンテナンスとか、SNSのアップとか、そんな事がメインらしいです。

1週間、4日間、頑張りました。
ふらふらでした。
夜も眠れません。
早朝覚醒が非常に良くなっていたのが逆戻りです。

とても家庭のことなどできません。

私は元々身体の障害ですから、年齢とともに動けなくなっていて、家事をするのは普段は疲れてしまうので家内任せでした。
一応、グループホームの世話人やっていましたから、家事は何でもできます。するだけの体力と気力がないのです。

なので、ここで私が働きだしたら、我が家は壊滅状態になります。
滅多に喧嘩はしませんが、お互いに疲れていると、つまらない事で喧嘩もするでしょう。

無理無理。

さっさと主夫に切り替えました。

大したことをするわけではないけれど。
ヘルパーさんが週に2回は来て下さるので、その算段は家内がやっています。
こういう事に切り替えようと言うような話もまとまりました。

それだけでは勿論生活できないので、それ以外で出来る範囲の事をやっています。
主夫って結構疲れますので。
若いお母さんが仕事しながら、子育てしながら、家事も全部やって、何もしない旦那の面倒を見て と言うご家庭沢山あると思います。若さもあるでしょうが、女性は凄いな と思います。

私が働いている間は、家内が家の事は何となくやってくれていました。
家内も障碍者ですから、完璧にできるわけではない。
それは私も同じで、出来ることを出来る範囲でやっていると言う事です。

ヘルパーさんは働きだしたからこそ、もっと必要なものなんです。
働けるようになったら、ヘルパーは要らないだろう という風潮があります。
特にお役所はそういいます。
冗談ではない。
家事も立派な仕事ですから、家事ができるようになって、次は頑張って仕事をするようになったら。
家事と仕事と両方を一気にできるようになる障害者はいません。

仕事をするようになったからこそ、社会に出るようになったからこそ、支援が必要です。
支援者の方々はそれを良く分かって支援してくれていますが、お役所がどんなことを考えるか、は分かりません。

我が家にヘルパーさんが入るのは、同居家族がいても、(私ですね)同居家族が重い障害者で介護者に当てはまらないから。
そうじゃないと、健常者と同居している障害者に、日常生活支援、つまり普通のヘルパーサービスは入りません。
我が家は両方とも結構重い障害者なので、特例的にヘルパーさんが入っています。

私が主夫をすると言っても、ヘルパーさんがいなかったら、我が家は回りません。

とりあえず出来ることを出来る範囲でやって、家内には家内の仕事に慣れ方があるでしょうから、そっちに集中できるようになったらいいな と思います。

家内がやってること、まだありますが、それは家内じゃないと出来ないので、そこは頑張ってやってもらいます。
食材の手配とヘルパーさんへの指示だしね。
ヘルパーさんに作ってもらう料理は家内が決めますから、それに必要な食材の手配も家内がやらないと話が合わない。




昨日、障碍者用の駐車禁止除外票の手続きに行きました。
身体障害者で一番重いので、私が乗っている車は駐車禁止エリアでも駐車が出来ます。切符切られません。
実際に駐車禁止エリアに駐車して と言う事はめったにないのですが、障害者スペースに駐車するときなどは、「私は障害者です」と主張するために掲示しておきます。

その帰り道。
家内は車通勤なので、又、私は体の衰えがあり、街乗りの運転が出来ないので(高速だけ乗れます。ごく近所だったら、乗れる?かなぁ?)バスで行きました。バスは近くは通っていないんだけど、ちょっと頑張って歩けば行ける場所に小さな停留所があります。

で、手続きした帰り道ね。

昔、警察署の(ああ。手続きは警察署の交通係に行きます。)そばに一人で住んでいたことがあって、そばにおいしいケーキ屋さんがありました。今でもあります。警察署に行ったので、帰りにケーキ屋さんに寄りました。10数年ぶりです。
家内の就職祝いをしていないので、ケーキを4つ買って、昨夜一緒に食べました。

試用期間になったら、本採用になったら、期限付きの雇用ですが、更新になったら、又、小さな祝いをしようかな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック