bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昨日はつかれまして。
私の仕事が理不尽な理由で、更新されないことになり、家内は無事仕事が決まったので、二人で、職安に行きました。

家内はお礼を言いに。
私は会社の文句を聞いてもらいに。

私たちが行く部署は専門案内と言って、障害者の専門部署です。
一般の部署に行ってはいけないわけではないけれど、専門部署の方の方が知識があるので、専門部署に行きます。

家内は10年ぶりに働くことになりました。
私、嬉しくて、支援者の皆さんや、義父や、もう思いつく所全部電話しました。
皆様喜んでくださって、本当に良かったです。

で、私の方の会社への文句なのですが、職安の専門部署の方に「こういう不具合がありました。文句を言って頂けませんか」と話したところ。
多少電話1本くらいは掛けてくれるそうですけれど、大したことは出来ないので、労基署に行ったらどうか と勧められました。
同じ建物の2階が職安、3階が労基署です。

労働相談になりますので、行ってみました。

そしたら、係員の方が、個別紛争にしないと指導をすると言う事は出来ないので、と言います。
今度は労働局の斡旋が良かろうと言う事になり、労働局の方が、代わりに見えました。

労働局の斡旋ねぇ…

私、親が法律家ですので、自分も法学部なので、まあまあ知ってます。
労働審判をしたこともありますし。

今回は損害賠償が欲しい訳ではないんです。
斡旋って、金銭解決する事なのです。
しかも法的な拘束力はないから、相手の会社がしらばっくれたらそれで終わり。

その割には膨大なエネルギーが要ります。
マイナスのエネルギーね。

会社の運営と言うか、家族役員の仕事の仕方が間違っているのは、どなたに話をしても「それはおかしいよ」と言って下さるので、おかしいのはおかしいと思います。

おかしい会社にいても、居心地が良くなるわけでもないし、おかしな家族役員が心を改める訳でもありません。
人は変えられません。
自分が変わるしかないのですが、私はある程度おかしな役員に合わせようとしましたが、家族役員は契約更新しないことにしたので、こればかりはどうしようもありません。

実は家内が昨夜、斡旋にする準備の為のひな形をネットで探してきて、簡単にですが、書類を作ってくれました。
昼頃出て、帰宅したら、夜でした。
二人とも物凄く疲れた。
私などは余り疲れて気分悪くなっちゃいました。

そんな中で夜中に書類を書いてくれた家内。

ふと午前3時頃、手洗いに起きたら、プリンターから何か印刷物が出ている。
見たら、斡旋に向けての相手先に送る文書のひな形でした。
綺麗にまとめてあって、あとはシフトの不具合やら、保証されていたはずの賃金に遠く満たなかったことなどを、今後のシフト表や給与明細で記載すれば良い様になっていました。

何だかびっくりしてしまって。

丁度その時、家内が起きた様子があって(うち、寝室別々です。私が人が居ると眠れない。だから別々にしてもらっています。)見に行くと、ちょっと覚めていた。

書いてくれたことに礼を言い、斡旋はしないと思うと伝え、ひょっとしたら、社長あてに普通の書留か何かで、「こういう事は不具合だと思います。」と言う手紙を書くかもしれないので、もしそういう気分になったら、又協力してくれないか と頼みました。

今日は家内は作業所です。あと2回くらい行ったら、就職するのでおしまいです。今日は頼まれていたことがあるので、それを片付けに行きました。
私は歯医者さんがあって、歯医者さんに行ってきて、自宅で買ってきたものでお昼を食べたところです。

家内の10年前を考えると、仕事ができるようになるなんて想像もできなかった。
家内は外来のクリニックにずっと通っていたのですが、お医者さんも一生懸命やってくれたし、本人も頑張ったのですが、経過がはかばかしくなかった。
その頃は、まだ別々に暮らしていました。お付き合いしていたんです。

様子を見ていて、「これは入院させないとダメだ」と判断した介護屋の私が「一緒に暮らそう」と声をかけ、それから同居が始まりました。
社会資源を多分家内は当自治体で一番使っている精神障害者だと思います。
手帳も年金も入院中に私が取りました。
夫婦じゃないんだけど、同居していて、事実婚の状態と言う事で、手続きが出来ました。

何か支援を入れるたびに全力で抵抗していた家内も使ってみて、自分が良くなっていくのを実感したようです。

何が一番のきっかけだったか と今朝、話していましたが、教習所のペーパードライバー講習に行ったことだったそうです。
ここは駅の真ん前で商店街なんかもありますが、病院は全部そろっているわけじゃありませんね。
色々な病院に行っています。
車があると便利です。
買い物なんかも車に乗れるようになって、自分が好みのスーパーに行ったり、出来るようになりました。
我が家には車はぜいたく品ですが、家内の社会自立を考えると必需品です。
私は身体の障害なので、最近は運転することはありません。
義父の所に行くのに高速道路で行くので、その時は途中少し運転を変わりますが、街乗りは出来ません。
だからそろそろゴールド免許になりそうですよ。

そんなこんなで、家内が実力を発揮してきて、私の面倒も見てくれるようになり、非常に感謝しています。

しかし。昨日は疲れました。
家内も疲れ切っていたと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック