bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



歯医者通院中
半年に一度、歯医者さんに行っています。
誰でも歯医者さんって必要だろうとは思いますが、私には心臓に人工弁が入っていますので、必須です。
歯と心臓って直結なんです。
歯周病がひどかったりすると、心内膜炎を起こしたりします。
なので、心臓の手術をするときは、まずは医者さんに行って、ある程度歯の治療をしないと手術できません。

年齢も年齢ですし、歯がやられると年を取った時に色々困るので、出来れば、自分の歯で一生過ごしたい。心臓病的にも歯からばい菌入ったら一発なので、心臓が悪くなって手術になった時から、同じ歯医者さんにずっと半年に一度行っています。

昔の子供ですから、治療していない歯は数本しかありません。
今のような時代ではなかったですからね。
歯磨きの仕方も全然違いました。

1本だけ神経がない、抜いてしまった歯があるのですが、それ以外は一応根は残ってる。
削って詰めた歯は沢山ありますが、入歯、差し歯はありません。
何とかなるんじゃないかな と期待しています。

家内は交通事故に遭ったことがあって、前歯2本?かな?差し歯です。あとは残っている様子。
お互いに行っている歯医者さんが違って、それぞれの歯医者さんでやってもらっています。
私の歯医者さんは心臓切る前に家内に探してもらった歯医者さんでどちらかと言うと、昔風の歯医者さん。
家内は今のマンションに越してきてから隣のビルの歯医者さんに行って、そこは結構現代的な歯医者さんらしいです。

去年の12月頃行ったので、先週あたりから又、歯医者さんに通い始めました。
10年前、長年歯医者さんに行っていなかった私はオペまでに多少まともにして、オペが終わってから又行きました。
歯石って、ちゃんと磨いていてもつくそうで、普通の歯磨きしかしていなかった私は初回随分時間がかかった気がします。

それから10年、欠かさず通っています。
賃貸にいたころと電車の駅が変わったので、今ではバスですが、10分位の場所にあるので、最近はバスで通っています。
昔は車で行けたのだけど、最近めっきり体力の落ちた私は義父の所に高速道路で行くときに家内に代わって少し運転するだけで、街乗りは出来なくなりました。
元々実家は駅からバス便でしたので、バスには慣れています。

今回は珍しく褒めてもらいました。
いつも残りがちな所も良く磨けています、頑張っていますと言う感じがします と言って下さいました。

何故だろう?
考えてみました。

多分、1年仕事をしておらず、家で歯磨きをしていたからではないか と思います。
最近、少し働きだしましたので、これから半年たって又歯医者さんに行くと違うかもしれません。

歯医者さんで歯石を取るときに抗生物質を飲む方ってほとんどいないと思いますが、機械で取るときは良いのですけれど、歯医者さんに奥の方まで取ってもらう時は私は抗生物質が必要です。
心臓の悪い方、歯医者さんに行くときは心臓が悪いことを言った方が良いと思います。
ペースメーカーの方は、心臓切っていないから大丈夫?
分からないけど、心臓そのものに病のある方は抗生物質使わないとダメです。

子供の頃は今ほど歯医者さんの薬も普及していなかったので、主治医の先生から歯医者さんに行くときは必ず見せるように と言われた小さな紙きれをずっと持っていました。抜歯するときなども当たり前ですが、深く削るようなときも抗生物質は必要なので、現在ほど心臓と歯の関わりに普及がない時代でも、小児循環器内科の主治医は必ず申し出るようにといつも言っていました。

最近は、高齢化で心臓の悪い人も増えたからか、技術が進んだからか、歯医者さんは知っています。
私の歯医者さんの先生も良く知っていて、色々としてくれます。
抗生物質も言わなくても処方してくれます。

一回に飲む抗生物質の量が2gなので、一般の処方箋内科にもっていくと驚かれますよ。
普通飲む抗生物質って、数百ミリ単位ですから。

義父も心臓が悪く、心不全です。ペースメーカー入れてます。
心臓そのものが参って来ているのですね。
心不全は直りません。
若い方で進んでしまって と言う方は心臓移植しかない。
子供さんで拡張型心筋症で心臓移植を受ける方がありますが、昔なら心臓移植を受ける前に亡くなっています。
今でも2歳とか、3歳とかで渡米されて移植を待つ子供さんありますね。
そこまで悪いと昔は無事に生まれてこなかったのです。

義父は下の前歯だけ自分の歯。あとは入歯です。調整してもらった方が良いのだけど、訪問歯科が来るんですが、どうなんだろう?本人が困っていませんからなかなか歯医者さんに行ってくれません。
義歯でもプラークも歯石もつきますすい、歯からばい菌入って心不全があってやられて なんてことはある。

次回、ケアハウスを訪問したおt気にでも相談してみようかな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック