bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



挨拶に行きます。
仕事は少しずつ慣れてきましたが、まだまだ疲れます。
今月は調整で、仕事がほとんどありません。
さっき、用事があって、職場に電話したら、なんだか私は悪くないことで怒られました。
個人会社ですからそういう事もある。
水曜日が仕事なので、事故報告書けとか言われたら、書いておきます。

このところ、義父の用事が色々あり、色々と判明して慌てています。

義父はきょうだいの中で一人だけ健在で、他のきょうだいは全員物故です。
9人きょうだいで、長男、次男が早世。3番目に生まれただろう人が長男になってます。
だって、名前が三郎 と言うんだもの。本当は三男でしょう。
長男、次男は戸籍上はいないので、昔はちゃんと育つか分からない頃には届けなかった と言うのがあります。

私の父親は長男ですが、前に2人?1人?兄さんがいました。早世しています。だから戸籍上は父が長男です。

義父とその弟だけが父親が違うようです。
昔の戸籍を調べているとわかります。

で、義父と三男は仲が良かったらしい。
長男が三郎さんで、間に沢山女性のきょうだいがいて、義父は7番目?8番目?で次男坊です。
弟は三男坊ね。男兄弟は3人しかいない。女の子が4~5人いました。

義父の弟さんの息子さん、つまり、家内の叔父の息子さん、家内のいとこにあたる方がいます。
家内は父方も母方もいとこ衆で一番年下なので、親戚付き合いはなかった。
そのいとこにあたる方が、今でもかなり遠く離れているのに、義父に色々して下さっていることが判明しました。

いとこさんのおじいさんと、家内のおじいさんは多分同じ人。
義父の他のきょうだいは、父親が違います。
だから本当の血縁がある人 と言うと、いとこさんきょうだいになります。

当地からはえーと、飛行機は要らないけど、私たち障害者夫婦が行くとなると、2泊3日ですかね。
義父は自分だけ親本来の土地から離れて暮らしたので、いとこさんは義父の親本来の土地にいます。
義父は介護施設に入るために自分が住んでいた土地からはかなり離れたところに居るのですが、義父の出身地から今の介護施設まで訪問してくれたり、義父が住まいした土地に連れて行ってくれたりしているそうです。

家内のきょうだいは3人で、義姉、義兄、家内です。
これが親戚付き合いなど興味がないそうで、特にお兄さんと義父の折り合いが難しいらしい。
私は義兄にはあったことがありません。

ご自分の親御さんは物故なのに、最後に残った義父の為に色々な事をしてくれているので、誰か挨拶に行かねばまずいです。

と言うか、挨拶に行くのはうちくらいしかありません。
色々家庭には事情というものがあります。

そのいとこさんの連絡先を手に入れるにも非常に苦労しました。
何しろ名前が分からない。
苗字は義父と同じだよね。同じでした。
名前の方が分からん。
電話番号もわからん。

先日義父の部屋に行ったときに、色々話をしていたら、ふとコピー用紙みたいなのが出てきた。
どこから出たのか分かりませんが、パソコンで打った電話帳みたいなもの。
我が家、買って10年は経ちますが、その前の賃貸の住所が書いてある。
怪しい代物です。

そこに義父の弟さんの名前が書いてあった。
弟さん物故ですから、その電話番号はどこだ?

掛けてみました。電話に出たのが丁度いとこさん本人でした。
同居していたのかな?
分からないけれど、電話番号は分かった。
住所聞きました。
家内がハガキを書きました。

で、これから挨拶に行かねばならないのであります。

手ぶらでも行けないし。
当地有名ではないけれど、名物があります。
近所に和菓子屋さんもある。
ケアハウスに行くときはそこの和菓子の菓子折りをもっていきます。
ワインもあります。葡萄じゃないんだけど、果物のワインです。
その果物もあります。

このくらい持っていきますか。

怪しい電話帳はしまわれないうちに慌てて、ケアハウスの事務所でコピーしてきました。
本当に怪しいの。
義父本人しかわからない電話帳です。

いとこさんに教えてもらおうと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック