bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は自治体の無料法律相談に行きます。
義父が入院中です。まだケアハウスに戻れません。

義父の介護費用と言うか、生活費用と言うか、そういうのが掛かりますね。
それは義兄が義父の通帳を持っていて、印鑑も持っていて、様々な支払いをしたり、義父の生活の為の小遣いみたいなのを送金してきたりします。

本当はいけないんですよ。本人じゃない人が預金の出し入れをすると言うのは。でも、日常的に家族に「あ。出かけるならついでに私の預金、幾らおろしてきて」なんて言う事はしょちゅうあります。本人が判断できる間は、ある程度やむないかなと思います。
本人、郵便局には自力で行けないので、家内が行ったときにATMで卸してきたりすることもあります。
地方銀行の営業さんが毎日のように来るそうで、昔みたいに依頼書をもってきて、それに義父が書いて、お金そのものを営業さんが預かっていくと言う事もあるようです。

義父が判断できるうちはそれでもかまわないんです。
どこでもやってますね。
ところが。
いつか判断できなくなります。
意識がなくなったり。
手が動かなくなったり。

いわゆる終末期。

その時に一番お金がかかるので、義父名義の土地建物(大した価値はありません。非常に売りにくい物件です。)預貯金、株券(持ってるかも。少しくらい。)を家族信託したいのですが。

義姉が反対しています。

遺言書も今は、私製遺言書なので、公正証書の遺言書にしたいのですが、義姉は「うちは揉めないから、私製で十分」と言います。

家内のうち、つまり、義父の遺産は非常に少ない。
俗に10,000,000円以下の相続は揉めにもめると言いますが、まさにそのケース。

死んでから、子らが相続が争族になって揉めてるのを空から見るのは義父には忍びないでしょう。


閑話休題。

家内も義父と同じ宗教を信仰しています。
義父の信仰は義父のお母さん、つまりは家内の父方のおばあさんから来ているようです。

と家内曰く。

家内が亡くなると、空の世界で義父と会うんだそうで。
「おとうちゃんあのなぁ。何々だけど、都合でこれこれにしたんだ。悪かったねぇ。」とか家族の色々を亡くなってから義父(家内にとっては実の父)に話をするのだそうです。

私と家内は宗教が違うので、家内の世情感とか死生観とかはちょっと理解できません。

私はクリスチャンでカトリック と言うのは、多分散々書いたと思うので、まあ書きますが、カトリックの世界観と言うのは、家内の信仰と全然相いれないものです。

家内の宗教を書かないのは、総本山的な場所がどこにあるか分かってしまうから。
私、自分がどこに住んでいてと言うのを明らかにしたくありません。
義父はその宗教の総本山的な宗教法人がやっている介護施設にいますから、そこに行ける距離だとどの辺に住んでいるだろう と推察されるのが嬉しくない。

ここは都心から少し離れた郊外の田舎です。それだけしか書きたくないので、家内の宗教の話、義父の宗教の話はしないんです。

関係ないですけど、プロテスタントの信者さんと天台宗の尼さんの結婚 という話がしばらく前にインターネットに出てました。
大反対されたんだって。
結婚されましたけど。両方とも芸人さんなんだそうです。

プロテスタントなら結婚式も異宗教の人とも挙げられると思うんですが、カトリックはだめです。
まして、無宗教の相手ならともかく異宗教の相手となんて、とんでもない。
その芸人さん同士のカップルは、天台宗とプロテスタントで2回結婚式を挙げたと言ってました。

カトリックでは、両者ともカトリックでないと、結婚式は挙げられません。
プロテスタントの方、英国国教会の方となら、挙げられるかも。
カトリックの結婚式、葬儀などは全部、ごミサです。
聖体拝領があります。
結婚するカップルが両方洗礼を受けていないと、聖体拝領が出来ない。
そうそう。カトリックでは宗教者は全員独身です。神父様、シスター、ブラザー、みんな独身ですよ。シスターはキリストの花嫁です。

だから、カトリック信者と無宗教の人が結婚する場合には、正式なごミサではなく、簡略的な様式になります。聖体拝領もありません。カトリックは離婚できませんから、離婚している家内と婚姻の誓約(無宗教の人とカトリック信者が結婚式のような事をするのを、こう呼びます。)なんて無理無理。

婚姻届け出す前に神父様に相談したのですが、神父様が結構高齢の方だったので、無理でした。
今の神父様は若いので、教会に行けるようになったら(体力的な問題で、私は今、教会に通っていません。)又、聞いてみようかな。

家内は総本山には時々父に言われて行くことがありますし、信仰はあるんだけど、拠点を決めていない。
イスラムでも、キリスト教でも、仏教でも、神道でも、拠点となる場所って持つでしょう?

持ちなさい と言ってあって、近所に拠点があるそうで、(歩いては行けませんよ)そこに信者名簿みたいなものを置くつもりだそうです。
私の教会も歩けません。カトリック教会なんて全国にいくつあるの?というくらい少ないです。プロテスタントはまあまああるんですけど。「カトリック〇〇教会」と書いてあるのがカトリック。〇〇には地名が入ります。
日本基督教団〇〇教会 と書いてあるのは、プロテスタントです。英国国教会は、「聖公会〇〇教会」と書いてあります。

その他は我々クリスチャンに言わせれば、邪宗と言う事になるね。

家内の信仰もその種類(と言うのかどうか キリスト教とか、イスラム教とか、仏教とか、神道とか?)の中では少ない方なんですって。
カトリックもキリスト教の中では少ないね。
そもそも正式な(と言っておきます。)キリスト教の信者は1%いないので。前も書いたけど。
それよりは家内の信仰の人数の方が多いのかも。

宗教の違う夫婦、実はいます。
家内が他界したら、その宗教で葬儀をします。私が先に他界したら、家内はカトリックで葬儀をしてくれます。
こんなの当たり前なんですけど、その芸人さん夫婦は「喪主が信仰している宗教に決まっているだろう」と随分意見を言われているそうです。逆ですよ。

そうそう。義父の葬式に出ることになれば、ちゃんと私も義父の宗教にならって、葬儀に出ます。さすがにその宗教のなんていうの?カトリックだとロザリオと言うのだけど、仏教なら数珠?みたいなもの?でその宗教特有の祈りの為の道具みたいなのは持ちたくないかも。家内は持ってますし、私もロザリオ、家内の分も持ってますけど、ロザリオは葬式には使わないしねぇ。我が家は大人の事情が色々あって、義父の面倒は見ても、葬式には出ないかもしれない。嫁姑とか、嫁舅とかあるでしょ?色々。

で、元に戻って、義父の話ね。

義父が思うように人生を全うするためには、子らが一致団結しないとうまくいきません。
家内と義姉は関係が良く、思っていることも似ているのですが、決定的に違うところがある。

で、何とかならんか と思い、日本の公的制度をどう活用したらよいか 聞けるだけ聞いてきます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック