bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者は困る
特定事業所というシステムをご存知ですか?
いわゆる短時間労働者も社会保険に入れる事業所で、4月から500人以上の規模の事業所は義務になりました。

労働者としては、20時間でも厚生年金、社会保険に入れたほうが良いに決まっています。
珍しく義務にしたところは、役所はどこ?厚生労働省?まあまあ評価できるかというところです。

私たち夫婦のように事後重症で障害年金取っている場合には、成年になってからの障害年金で、生まれつきの二十歳前発症の方とは、システムが違うそうです。
又、認定日支給で障害年金取っている人ともちょっと違う。

私たち、事後重症が多いと思うけれど、途中で病を得て、障害の状態になるのに何年かかかってと言う場合、働こうと思うと、正社員は難しい場合があります。
私は週に3日、20時間程度が限界です。家内はもっと働けそうな気がすると言うのですが、まあ30時間程度かな。
勿論正社員になったってかまわないんですよ。正社員でも配慮はしなくちゃダメ。でも、しないんだよね。実際の業務上は。

週に30時間以上働く人には社会保険が付きます。これは以前から。厚生年金も掛けます。
厚生年金の方が良いですよね。

ところが。障害者は事後重症で障害年金取るときまでの厚生年金などの掛け金の総額に掛けたり足したり計算して、障害年金が出るのです。

障害年金受給後にいくら厚生年金掛けても、障害年金には反映されません。
65歳になった時、障害年金か、老齢年金か選べるんですが、老齢年金は一般的に障害年金の半額位です。
受傷したのが若くて、障害年金が非常に少ない という方は、頑張って働いて、厚生年金部分を増やせば、65歳になった時、老齢年金の方がずっと高い というケースも勿論あります。

だから一概には言えないのですが、一般的には雇用保険がつくのが週に20時間以上勤務、厚生年金、社会保険がつくのが30時間以上なので。
20時間以上30時間未満で抑えたいと言う、障害年金を貰っている障害者は一定数います。

だって。厚生年金掛け捨てと同じじゃないですか。

お国の制度は障害者がいると言う事を考えていないので、特例事業所、つまり確か20時間以上だった気がするけど、どんなに少なくても大丈夫かも?特例事業所はみんな厚生年金、社会保険に「入れる」のです。

入りたくない と言うのがないんです。そうしないと、「この人は入りたくないと言いました。」とか言って、権利のある短時間労働者を排除するかもしれないでしょう?だから強制になってます。

障害者は本人の希望通りで良い ってしてくれないんです。

だから、500人以上の従業員がいる大企業では、厚生年金掛け捨てだから、困るのです。

私が今度はいる事業所は70人くらいの規模なので、特定事業所じゃないから、掛け捨てにはならない。
ああ。良かった。

でもね。障害者雇用枠って、48人以上の規模の事業所には、この4月から2.2%以上の障碍者を雇わなくてはいけなくなりました。
昨年度までが1.88だったと思う。増えたんです。

雇う率を満たせば補助金が貰えます。
満たしていないと罰金が取られます。
これは1.88%だった時も、今も、もっと昔も同じ。

だから、各省庁で障害者水増しやって大問題になるんです。
省庁障碍者雇用枠の採用募集をした時に、「自力通勤、自力でトイレ」とやって、総すかん食いました。
実際に障害者雇用の現場では、迎えの車を出す と言うようなことは現実的ではないけれど、在宅勤務にするとか手段はあるわけで、「自力通勤、自力でトイレ」は省庁が堂々と言ってはいかんと思います。

よくあるのが、週5日一日6時間 という募集。
これだと、社会保険に入ることになるので、障害者本人は困ります。
8時間のところ、6時間にちょっと減らせばいいんだろ という魂胆見え見えの事業所良くあります。
大企業に多いですね。

人区と言うのがありまして。

30時間以上働くと1人区。
20時間以上働くと0.5人区。
それ以下は計算するのかな?それともゼロカウントかな?

で、何人中、何人の障碍者がいるかで、パーセンテージが出る訳です。

1人区は何人とカウントするか。
身体、知的の1級2級は最重度と重度です。
この場合、1人区は2人とカウントします。

私は身体の最重度ですから、30時間働けば2人の障碍者を雇ったと換算して良いんです。
20時間で1人雇ったと換算する。

中度以下の方。
身体、知的、精神、色々手帳がありますが、いわゆる中度の方。
30時間で1人区は1人です。
20時間で0.5人区で、2人雇って初めて1人と換算します。
1人雇ったのにカウント上は0.5人。中度の人を2人雇ってやっと1人とカウントできる。
500人規模の大企業。2.2%だと11人?12人?雇わないと、1人区に×いくら で罰金じゃないかしら?
11人、12人以上雇えば、×給付金ですよね。

仕事はバリバリできて、手帳が重い人を雇えば、半分の5人ちょっとで雇用率満たせるわけですよ。

そういう仕組みが入り乱れていて、障害者本人は、自分は何がどうなっていると職安で教えてもらえばわかりますが、事業所の担当者は障害者ポイントが欲しいだけで、バリバリ働ける人が欲しいだけ、手帳は重度がいいだけ、だったりします。

中途障害で例えば脊椎損傷などで下半身が麻痺されて、車いすの方ありますね。
仕事で培ってきた能力はばっちり!という方。
そういう車いすの方は大人気です。

ご本人はそういうつもりがない事は知っていますけど、エレベーターがあって、ちょっとバリアフリーにしておけば、普通の机とパソコンで物凄く仕事をしてくれる重宝な障害者、ポイントも重度か最重度の方が多く、稼げる とかなっちゃいます。

見える部分に障害のある方って、ある意味わかりやすいので、サービス取るときも、仕事場で配慮受ける時も非常に有利です。

私、心臓の最重度ですから、出来ないことは一杯ありますけど、見てわからないから、配慮してもらえなう。
そんなことで、今までは随分身体を壊しました。

車いすの方がずるいとか得だとかそういう事では無いんです。
障害者同士は平等です。

その障害者を利用する側が、重宝に利用するのはいかがなものか…


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック