bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の話色々
義父の話を時々書いています。

義父は大正13年生まれ。1924年生まれなので、今、94歳です。誕生日が来ると95歳。

信仰があります。その信仰の総拠点の宗教法人がやっている介護施設に入っています。
C型自立型のケアハウスです。

今般、介護保険を入れました。
介護保険の入れ方などは本人にはわかりません。
自分でいれることもできますが、家族がやるのが一般的でしょう。
結構手間暇かかるものですね。
私、商売でしたが、自分が介護保険を入れた事は無いので、やってみて結構手間暇かかるものだなと思いました。

施設入所ですから、住所地特例です。
住んでいたところとは違う場所の施設に入っているので、サービスは今の施設の自治体、払いは以前住んでいたところの自治体になります。

94歳なんですけど、本当に自立なんです。
自宅で自立では暮らせませんが、ケアハウスなら自立です。
掃除も洗濯(コインランドリーですけど)も自分で出来るし、何しろ94歳のくせに歩行補助具無しで、平らな所なら、サカサカ歩きます。介護保険の契約をした時も、自分で色々考えて、ケアマネージャーさんと出会う機会があった様なんですが、1時間くらい捕まえて、色々質問して、本人なりに理解したし、契約自体も自分で契約書読んで、ある程度理解したうえで、自分で書いて契約しましたし。

地域包括支援センターの方が、「ご家族の代筆で」と散々言ったのですが、本人プロの書道家ですので、家内が代筆する必要全然ありません。

要支援1しか出なかったのですよ。94歳なのに。

でね。

他の入居者の方にもヘルパーさんは入っているわけです。
自立型ですから、ケアハウスとして介護サービスは出ません。
必要なら自分で入れないといけない。
本人が入れるのは普通はありませんから、家族が算段していれる。

入れてみてわかったのですが、自立で暮らせるのですけれど、慢性心不全なので、病気とは言えないけど、苦しい訳ね。少しずつしかできない。助けてもらえば助かる事は助かる。
それを、家族(家内と私です)が算段したことは嬉しかったみたいなんです。
大変うれしかったという様子がありました。

折角この月曜日と火曜日に現地迄車で行って、サービスの開始迄まあまあこぎつけたところ。
一昨日、木曜日、肺炎起してケアハウスの隣に病院があるのですが、そこにご入院。
何事ある様子ではないので、半月かひと月したら、多分、退院。
今度は退院の時に行かないといけないね。

我が家から現地までは、車で3時間半くらいかかります。
勿論高速道路で行くわけですが、障害者(家内と私ですよ)が運転していくのは結構大変。
私、もう普段は運転できません。
高速道路から下道行くのですが、下道は無理。
家内が一人で行くときは、家内一人で運転していきます。家内、凄いなと思いますよ。
20年運転していなかったのが、ペーパードライバー講習に行って、3時間半も運転できるようになったってすごいと思います。

今回はちょっと発見があって、とあるインターチェンジからずっと下道を行っていたのですが、あと2つ先のインターからジャンクションで有料道路があるのを発見しました。帰りはそちらを使ってみたところ、その方が楽だとわかったので、今度は2つ先のジャンクション迄行って、そこから有料道路を使おうと思います。
私がいると、高速代金半額なんだけど、家内だけだと割引無いので、全額なんですよね。
割引も車についていて、何とか580 え 1234とかナンバーがあるでしょう?その車で身体障碍者手帳重度の私が乗っているという時だけ割引。レンタカーじゃダメなの。本人と車がそろって初めて割引なんですね。

閑話休題

義父はもう94歳ですから、介護保険も必要ですけれど、葬式の話、その前にどこでどう亡くなるかの話なんかが必要です。
本人も考えてあるようですが、「全部遺言書に書いてある」とか言います。
どこでどう亡くなりたいか なんかが遺言書に書いてあっても役に立ちませんし、亡くなった後に遺言書開いてのんびり葬式の算段は出来ません。昨今は葬儀の事前相談なんかも出来ます。

介護保険を入れたら、今度はそれをやらないといけない。

と思っていたら、肺炎ですので、しばらくはお預けです。

家内が手紙を書くと言っています。
理解力は十分にありますので、入院中に少し弱っている時に読めば、それなりに考えてくれるんじゃないか と期待しています。
認知症無いんです。年相応の物忘れとか、頑固さとか、話が以前と今日と違うとか、そういう事はあります。
でも、介護保険の色々をそれなりに自分で色々な人に聞いて、理解しているんですから、大したものです。

大正13年凄いな って思います。

慢性心不全で進行しないようにかなりの薬を飲んでいますが、段々体力が落ちて行き、亡くなると言う事になるでしょう。

それまでの間、何年だかは分かりませんが、出来るだけ自立で宗教法人の施設内で祈りの日々を送り、好きな事をして暮らしてもらいたいです。

その為にはやらねばならないことは山ほどあります。

本人の希望が完全に叶うかどうかは分かりませんが、安心だけはさせたいでしょう。
例えば、葬儀の事前相談をしておいて、本人の希望通りの見積もりを取っておくとか。
どこで亡くなりたいかとか。

実際には義父には3人の子供がいて、それぞれに考えが違ったり、大人の事情があったりするので、実際には義父の思い通りにならないかもしれません。
葬儀とかは本人は分からないのですから、大人の事情でその通りにならないこともあるでしょう。
私たち夫婦が安心を提供できても、その通りにならないことは十分に考えられます。

それでも、94歳まで生きたのですから、出来る限り思う通りの人生を全うしてほしいと切に思います。


私にも実父がいます。
実母は15年ほど前に他界しました。
実母の面倒や葬儀は実父がしました。

大人の事情がありまして、私と実父は不具合です。
私は不具合ではないのですが、実父が私を不具合。
実父ときょうだい(1人います)は蜜月の仲なので、きょうだいが実父のすぐそばに住み、何やらやっております。

しばらく前に15年ぶりに墓じまいの話で1回電話がかかってきました。
実家からの番号で電話が来たので、実父に何かあったのかと思ったくらいです。
実父に何かあって、きょうだいが電話をかけてきたのかと思った。

15年前に何があったかというと、実母の葬式があったのですね。
たまたま病院で夜中泊まって、看取ったのが私だったので、私も葬式に出ました。
その時が実父、きょうだいと会った最後です。

ああ。10年ほど前に私が心臓に手術をした時に、家内が連絡して、実父を連れて、きょうだいが手術当日来ましたが、私はすぐ麻酔で手術に入ってしまったので、3分くらい話をしたかどうか と言う事でした。まあ、死にそうな息子が手術なので来た と言う事かな。

という訳で、実父の面倒を見る気はあるのですが、大人の事情でそうもいかない。

義父とは家内も私も関係が良いので、実父の分もしてやりたいな と思う訳です。

家内は私よりかなり年上なので、義父は大正13年。
私の実父は今の昭仁天皇陛下と同い年ですから、昭和8年。
両方同時にどうこうと言う事にならないといいな と思いますが、こればかりは分からない。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック