bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



苗字
最近就職活動に難航していますが、少しは面接まで行けたところがあります。
昨日、ご縁があって、一か所行ってきました。

もう一か所、昨日、私が他行中に電話をくださったところがありました。
本来、こちらからかけなおすべきですが、家内が勘違いして、ちょっとごちゃごちゃになりました。

職安で問い合わせをしてくれて、それは本社の人事部でした。
募集している事業所から直接私宛に電話をくださると言う事になっていて、電話をくださったのは、事業所の所長さん。
事業所の電話番号は知りません。

職安に電話して相談したら、人事部に電話をかけて、直接コールバックして良いか と聞いてみて と言う事だったので。
人事部に電話しました。
どうしても所長さんから電話をくれると言う。
仕方ないから、名乗りますね。電話番号伝えますね。

はい。私の苗字はちょっと少ない苗字です。
音が非常に聞き取りにくい。
聞き返されちゃう。
聞き返されました。「ご苗字がちょっと聴き取れなくて」とか言われて。

もう慣れていますので、「こういう漢字を書いて、何々と読みます」とかいう訳です。

今どきは何かの申し込みとか資料の取り寄せとか買い物とか、みんなインターネットでできますから、入力すればその通りに書いてあるけれど、昔はみんな電話だったでしょう?
その頃は、様々な違う文字の苗字で色々なものが来たものでした。

苗字ランキングみたいなものが最近はあります。
大きなところでは、郵便局がやってます。
個人の研究家がやっているサイトなんかもいくつかあります。

そういうところで見てみると。

全国順位で4,700番台くらい。人数で言うと2,700人くらいとか、2,500世帯位 とか出ます。

中途半端ですね。
難読苗字じゃないです。
誰でも読めます。
簡単な漢字です。
でも聞きなれないらしく聞き返されます。

三文判ありますね。
幾ら位でしょ?
私、印鑑屋さんの店先のクルクル回るケースで三文判買ったことがないので良く知りません。
大抵、注文です。
三文判なのに3,000円とかかかる。

家内はたまたまインターネットで三文判を探したところ、あるサイトでたった1本あって、それを買ったそうですよ。
見つけた家内は凄いと思う。

物凄く大きな印鑑専門店に行くと、例のクルクル回るケースに入っていることもまれにありますが、そういう店まで行く交通費と時間を考えたら、近所で注文した方が早いです。

シャチハタ。
シャチハタはセーフなんです。
店頭には絶対にありません。
カタログの中に取り寄せ専門 というところがあるんです。
そこにあります。
特注じゃないの。
既製品であるのですが、店頭にはおいていない。
取り寄せすれば定価で買えます。

家内の苗字は比較的良くある苗字で、音も読みも間違えようがないから、私の苗字になって、(私が家内の苗字になりたくなくて、頼んで私の苗字にしました。だって、希少なんだもの)苦労しています。

私は名前の方は音は間違えようがない。
漢字は色々ありますから、漢字だけ説明すればよい。
苗字も説明するんですけど。

家内は私の苗字になって、まず苗字が電話で伝わらない。
続けて、名前がちょっと変わってる。
居ないわけではないけれど、そんなに多くは無いと思います。
音も伝わりにくい。

なので、家内が電話で説明するときは、苗字を必死で説明して、名前も必死で説明するという具合になります。
年齢が還暦越えていますので、その世代にはないだろう、でも、キラキラネームじゃないよね と言う感じなんです。

私は長男で、下に妹がいます。
妹は連れ合いの苗字を名乗っていますから、我が家は子がないので、うちの苗字は私で途絶えてしまう。
出来れば大人の養子が欲しいけど、昨今なかなか親戚からと言う訳にもいかないし、赤の他人も困るしね。
子供さんの養子は無理です。私たちの年齢が高すぎる。

一応、お江戸の時代の氏素性がうっすら(お侍とか、大きな農家とか、商家とかそういうんじゃないです。)伝わっているうちなので、それは後世に残したいなと思うけど、無理ですねぇ…

ま、苗字も名前も記しだから、何でもよいんです。
名前もわかりやすいのが一番と言う事で、私の両親は私にも妹にもクラスに何人もいるようなありふれた名前を付けました。

家内の父、最近話題の私の義父ですが。
信仰があるので、その信仰上、意味のある名前を付けたそうで。
だからちょいと変わった名前になったみたいです。

義姉は比較的ありそうな名前なんだけど、どうもそれも信仰上意味があるらしい。
義兄はどうだろ?家内の名前を男性にしたような名前だから、多分、義兄の名前が先にあって、次に生まれたのが女の子だったからもじったのかな?

家内は兄弟姉妹3人です。
義姉、義兄、家内の順番。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック