bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の話でバタバタ
義父はケアハウスに住んでいます。もう5~6年になります。
家内は3人兄弟姉妹の末っ子で、姉、兄がいて、次女が家内です。

義父の居るところは、我が家が一番近くて車で3時間半。
電車でも3時間半。

遠いですね。

我が家では家内が車の運転ができるようになりましたので、真冬でなければ(雪が降るところなので。現地は。)車で行きます。
現地、50キロ四方山と川しかないので、車で行かないと身動きが出来ません。

で、先日。

義父の介護保険の新規認定調査で、夫婦で行きました。
私は物理的な移動がきついので、いつもは行かないのですが、新規の認定調査ですから、夫婦そろっていたほうが心証がいいし、私は元々は介護屋ですから、役に立つこともあろうとて二人で行きました。

大変でした。認定調査の前に義父の思い入れで大変。

義父は息子は一人なのですが、洋服のサイズが合わない。
義父と私は同じくらい。義父の方がちょっと小さいかな。
何しろ大正13年生まれですから、今、93歳。
今どきの人としては小さいし、細いです。

私も両親が昭和一桁なので、そんなに大きくはなくて、父と同じくらいで、小さすぎて背広などは仕立てないと無理という体型です。靴もレディースで革靴は買うと言うような塩梅。

なので、長男さんに義父は洋服をあげる訳にはいかないんです。
元々仕立の洋服やさんを営んでいました。
商売ですから、お金もかけて、当時の流行債先端の背広を山ほど持っています。
仕事で着ていたわけですね。

それを私にくれると仰る。
貰うんですけど。
思い出の品です。
有難う、大事に着ます と言って、車ですから5着?7着?貰ってきました。

実は着られません。
義父にぴったりに仕立ててあるので、義父が着ると年齢もあり、非常に良く似合います。
私はサイズがピッタリはあっていない。
それに年齢が違います。
今の背広と形が違います。
家内が後でこっそり言うには「似合わないよ」と。

頂いてきましたけれど、燃える資源ごみの日に出すしかありません。

捨てたよ と言う訳ではないんですよ。大事に着ていますとか、仕事で気楽に着てます とか言えば良いのです。

家内が車で行くので、今までも色々貰ってきました。
年寄りですから、捨てる作業も大変で、不要なものでも新品の家電製品などを義姉などが送ってきたりすれば、一応は部屋に置くわけです。
使い方が分からないし、必要性を感じないし、邪魔だし、で、我が家に回ってきます。
義姉には家内が「それは我が家にもらった。使っています。」とか言っておいて、実は粗大ごみで出したりしないといけない。

兄弟姉妹にはそれぞれ役割がありますし、考えもありますし、生活もあります。
家内が末っ子で還暦過ぎていますので、もう人生出来上がっている。
そうそう義父の思い通りになるわけでもない。

我が家は私が介護屋なので、ある程度、義父と話が出来ます。
家内もそれを学んだのか、価値観なのか、年よりの話を聞きます。
なので、家内は義父にとって便利で重宝な存在です。

すぐ来い とか、ちょっと来い とかすぐ言うんです。義父が。
ちょっと行くには3時間半は遠すぎます。
家内も私も障害者ですから、とても日帰りで往復なんかできない。

色々ありますよ。本当に。

で、介護保険の新規認定調査。

義父は今まで住んでいたところから、ケアハウスのあるところに引っ越ししました。
住民票はケアハウスにあります。
だから、今まで住んでいたところで、介護保険の費用は負担して、今住んでいるところで介護サービスを提供すると言う事になるね。
提供する側で認定調査が入りまして、それに行ったのです。
認定調査は終わりましたから、今度は今まで住んでいた市区町村にそれが行って、介護区分がつくと。

義父は93歳ですが、実は自立です。
杖もなしに自力で歩く。
身の回りの事は怪しいけれど、最低限と言うか、形だけは出来る。
凄いと思います。

ところが、昨年入退院を繰り返しまして、何が悪いかと言うと、年齢なので、慢性心不全。
ペースメーカーも入れました。
だから、ちょっと動くとふうふう言ってしまうのです。

義父の居るケアハウスは自立型です。介護付きじゃないの。
隣に特養があるのですが、特養は要介護3以上じゃないと入れない。
だから今、自立でなくなると、どこか遠くの有料に入らないといけない。
その自治体には有料はありません。老健もありません。

ので。少しでも元気になってもらうために動かさないといけない。
運動して水を飲まないといけないわけ。
通所させます。
どこに通所するかというと、隣の特養。週に2回。風呂もそこで入ってくる。
あとは掃除のヘルパーさんを入れます。週1回。掃除洗濯。

要支援2はつくだろうね。
要支援1でも良いですけど、年齢が年齢で、ペースメーカー入れて、1種1級の障害者手帳もっていますから、まあ要支援2はつくでしょう。
要介護1は無理です。

人とのかかわりとか、人のざわめきとか、そういう物が必要なんです。
通所行けば、水、飲まされますから、今よりは飲むでしょう。
お茶とか、麦茶とか、ドリップコーヒーの簡易パックとか、家内が送りました。
行ってみたら、お茶は開けていなかったけれど、ドリップコーヒーはカップに入っていたので、作ったんでしょうね。
コーヒー好きなんですって。
家内もコーヒージャンキーです。

認定調査では、義父に話をさせておくと昔話があちこち飛ぶので、私が調査員の方が聞きたい事を耳元で(多少耳は遠い。テレビの音が凄く大きい)聞いて、義父に答えてもらうようにして、まあ90分くらいで終わりました。


まだあるの。

義父には信仰があります。
家内と同じ信仰です。

月末頃、義母の命日が来る。
同じころ、義父の母、だから、家内のおばあちゃんの祥月命日が来る。
供養がしたい。
ついでに自分の宗教的な功徳の行為があるのですが、形になったので、納めたい。
これまたついでに自分の生前供養もしたい。

話が取っ散らかって、相談員さんも良く分からない。
私どもも話を聞いたけれど、良く分からない。
義姉に義父がその話で電話をしたらしいのですが、そっちはそっちで散らかって、良く分からない。

帰宅してから、あちこち電話をかけて、宗教法人の総合受付まで電話で聞いて、やっとのことで、相談員さんと義父との話がある程度一致して、じゃあ、家内はいつ何をしに行けばよいのか、大体見当がついた。

又、家内は行かなくちゃいけません。

何しろね。
相談員さんが「予定を紙に書いてください」と義父に言ったら。
「〇〇日 寝る ××日 午後 △△日 寝る」と言う紙が来たそうで。
××日 午後 に何かあるわけね。
それがどうした と言うのの見当が大体つきました。
だから、××日の何か に同席できるように家内は又、行くわけです。

93歳迄生きたのですから、これからも何年か かもしれないけど、自分が思う通り、出来るだけ元気で、ケアハウスで全うできるようにしてやりたいじゃないですか。

それには手間と暇と金がかかるわけでございます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック