bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



義父の介護
家内の父は大正13年生まれで、今、93歳です。
ずっと自宅で一人暮らしをしていましたが、数年前決心して、自分で施設に入りました。
義父は信仰があり、(仏教ですが、宗派は内緒)その会派の総本山がやっている介護施設に入りました。
病院、ケアハウス、特養などが同じ敷地内にあります。

家内も同じ会派の信徒です。私はカトリックなので、うちは夫婦で宗教が違う。

ともあれ。

入ったのはケアハウスです。C型で自立型。介護はついていません。

その義父が昨年から今月にかけて、隣の病院に心臓の苦しさを訴えて、何度も入退院を繰り返しました。
今般、退院だと言うので、家内が呼ばれて、退院の手伝いなどをしてきました。

病名が分からなかったのですよ。
ペースメーカーを入れたのですが、それで苦しいとはなんぞや?と心臓の障害者である私にも分からなかった。

今般、家内が行ってみたら、病院さんも施設さんも、家内が行くのを待ち構えていました。
義父、入退院を繰り返すので、健康管理を心掛け、介護保険も使って、元気にならないと、自立型のケアハウスにはいられなくなる。隣に特養がありますが、そこは要介護3以上でないと入れない。義父は今、介護保険使っていません。介護保険を入れるように私が施設と電話でやり取りして、今、手続きやってますけれど、93歳にして、多少腰は曲がっているものの、すたすた杖もなしで歩けますので。要支援1か年齢配慮があって要支援2がせいぜいでしょう。

要支援1でも2でも、その認定では、入退院繰り返した場合、ケアハウスに居られなくなり、特養に入れないという事態になるわけです。

家内が行きまして、退院の手続きからやって、主治医と初めてお話をして、やっと義父の状態がどうなのか、が分かりました。

「慢性心不全」

年齢ですから仕方ないですね。病気ではありません。

何が必要かというと。

ます日常的にカップのうどんを食べているそうですが、塩分が多いので、それを止める。
歩く。
水を飲む。
ケアハウスの食事をきちんと食べる。

義父には事情がありまして、胃がんをやったので胃がない。だからいっぺんに沢山は食べられない。
ちょこちょこうどんを茹でておいて、2~3本ずつ合間に食べる。
それは良いのですが、夕飯が面倒になり、カップうどんで済ませてしまう事が多いようです。

昔の人ですから、主食は一生懸命食べるのですが、おかずを残す。
おかずを食べて、主食は残してよいので、茹でたうどんを減塩の物を送るから、それで食べなさい 等とやらないといけません。

年よりは喉が渇きません。
水分が不足します。
ナトリウムも出て行かないし、血液も濃くなるし、お通じも出にくくなります。
と言って、ただの水って、そんなに飲めるものではありません。

私は良く水分を飲み、良くトイレに行くのですが、1日2~3リットルかな?
何を飲むかって、アイスコーヒー(家内がボトルに作ってくれます)か、麦茶(同じく)か、炭酸水。
炭酸水って、ただの味のない炭酸水ね。
ただの水は飲みませんわな。

義父の部屋には小さな台所がついていますが、いわゆるミニキッチンの最小サイズです。
座卓はありません。机はあるけど、そこは書道スペースで(義父は元々書家です)食べ物飲み物を置ける場所じゃない。

一計を案じまして。

2軒隣がお茶屋さんです。(うちの2軒先ね)粉末のお茶って最近ありますね。麦茶もあります。我が家はコーヒー豆を問屋から買っていますが、そこには簡易ドリップの紙パックのコーヒーもある。
普段は、水道の水か、湯を沸かすかして、粉末のお茶、麦茶を飲んでもらって、コーヒーも好きだと言う事だから、簡易ドリップのコーヒーもたまには飲んでもらおうと計画しています。

せめて、1リットル飲んでくれないと始まりません。本当はせめて1.5リットル飲んで欲しいけど、それだけ飲めるかどうか。


歩くについては、本人も今回の医師の説明で、何をすれば元気になれるか、理解しましたから、頑張ると言っております。

実は禁止されている室内での喫煙をやらかしてくれる人でして。
喫煙所に行かないといけないんです。
たばこは吸って良いから、喫煙所迄歩け と言おうと思っているところです。

あとは通所に行ってもらいます。週に2回かな。人がいるところに居れば、刺激を受けます。プログラムに参加なんぞしなくて構いません。風呂に入って昼食を食べて、夕方までいれば良いんです。風呂は通所で入るなら、あとは楽しみのために入れば宜しい。清潔は通所先で入れば保てます。

掃除のヘルパーさんくらいは介護保険で使えそうなので、可能なら週1回、無理なら月2回入ってもらって。
人が来れば話もするし、いくらかは動く。


そんなこんなで、病院の医師もケアハウスも家内が来るのを待ち構えていたので、色々と仕事があり、かなり疲れた様子でした。

障害者総合支援法の支援を受けている家内が、父親の健康や介護のために色々動くって、凄いと思います。
私は距離的に移動が難しいので、(心臓の障害者ですから。体力がもたない)家内一人で行くことになります。

場所が悪くて。

当地から義父のいるケアハウスまでは、直線で道路がありません。日本は山国でしょ?山を避けて道路があるので、半分くらいまで高速道路を使って、そこから外道に降りて、ぐるっと回って現地の山奥に着きます。片道3時間半くらいですかね。
電車で行くと(冬は途中の高速道路が雪で凍るので)やっぱり山を回避して、かなり外れたとある駅まで特急(JRです)で行って、そこから2時間おきに、各駅と特急が1本ずつ来るだけ と言う単線に乗り換えて(これも一応JR)、全行程やっぱり3時間半。各駅停車になっちゃうと4時間かかります。

関係ないですが、私の身体障碍者手帳は1種1級なので、重度になり、JRは一人で100キロ(営業キロ)以上乗れば、乗車券だけは半額の割引が効きます。介助者と二人で乗れば、隣の駅でも半額です。
家内は精神保健福祉手帳2級で、1種、2種の区別がありません。
1種は一人で交通機関に乗れないと言う想定、2種は乗れると言う想定です。
だから、隣の駅まで二人で行くときは、私が身体障碍者手帳を出して、家内は介助人になります。
私が一緒に行けば、JRの乗車券はもちろん半額ですし、私一人で行っても半額。
家内は一人で行っても1種、2種の区別がないので、割引なし。

車もそうで、高速道路の割引があるのですが、身体障碍者手帳1種の1級2級には申請すれば、割引が適応されますが、家内の手帳は割引なし。

なんで行こうが、家内一人で行く限りは、非課税家庭の我が家で定額の料金がかかります。



3時間半だの4時間だのの移動は、私はもう出来ません。
行くのはやぶさかでないのですが、たどり着けるかどうかの話になってしまうので、私は行けずにいます。
私が行った方が介護保険の話やら手続きやら、サービスの選定などは早いんだけど。
仕方ないので、私が話をするときは、電話です。




私の実の父は今、86歳で、昭和8年生まれ。4月に退位される天皇陛下と同い年です。
妹が歩ける距離に夫、子供と住んでいるので、お任せです。
私と父とは折り合いが宜しくない。
なので、そろそろ介護保険とは思うけど、何も言っておりません。いまだに車を運転し、スーパーで総菜などを買って、食事をしているらしいです。掃除洗濯などはどうしているんだろうか。通所くらい行っても良いし、掃除洗濯のヘルパーさんくらい、取れると思うんだけど、妹が入れようとしない限りは仕方ありませんね。

90歳過ぎて運転しているようだったら、さすがに妹に言おうかと思いますけど。

郊外の住宅地なので、近所のスーパー迄年寄りの足だと20分くらいかかります。
お医者さんもそうです。
だから車なんですね。
もう歩けないのかもしれません。体力的に。足は悪くなさそうだけど。

何しろ、私が心臓の手術をした時に、10数年ぶりに会って、(手術の立ち会いに来てくれました。まだその頃、家内と婚姻届け出していなかったの。でも、家内を家族と認識してくれましたけど。)3分くらい話して、そのまま私は麻酔かけちゃったので、手術室直行。あとは知らず。ふと気づいた時は、ICUでしたし、病室に帰ったのは翌日です。

先日それから8年ぶりに「墓じまいをしたいから連絡しておく」と電話があって、それっきり。

義父も家内とは疎遠だった時期があるようですが、最近は、家内が便利だと気付いたようで、「又きてくれ」などと今回は初めて言ったそうです。

老いは誰でも来る。
私たちが老いた時は、子がありませんから、厄介でしょうけれど、多分、私が家内の面倒を見るだろうと思います。家内の方が年が大分上なんです。
私はどうするか?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック