bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



就職活動継続中
労働審判も終わり、本日、弁護士さんの口座に元の事業所から解決金が入ってきます。
その中から法テラスに借りた弁護士費用を返却して、残りが来週あたり、私の口座に入ってきます。

やっと終わった感じがしてきました。

水曜日に職安に行きましたら、新年なので、新しい求人が結構出ていました。
書類選考からの物は好きではないのですが、良さそうな求人だったので2件紹介してもらって、昨日書類を送りました。

書類選考久しぶりの私。
失敗しまして、添え状付けるのを忘れました。
職安に聞いてみたら、職安の紹介状を一番上に置いてあれば、まあ大丈夫でしょうと言う事なので、添え状なくて落ちるならそれもしょうがないかと思って、そのままにしてあります。

次に書類選考の所に出すときは、添え状忘れないようにしなくては。

家内のサービス受給者証が届きました。
家内は12月に更新です。1月と言うか。
昨年12月に調査に障害者支援課の方が来たときには、「意欲も興味も出てきたけれど、自分でできる迄にはなっていない。支援は必要です。」と伝えました。
障害支援区分が下がらないといいけれど、と思っていたら、やっぱり下がってしまいました。
障害支援区分3だったのですが、2になっちゃった。
支援時間は同じにしてくれたので、これから就職するなどというと、ドーンと下がるよね と思いつつ、まあ仕方ないかなと思っています。

障害者総合支援法の支援を使うようになって10年になります。
その間、家内は支援など使う気もなかったものが、必要性に段々に気づき、今では市内で一番支援を使っている精神障害者ではないか?と思うくらい、有効に活用しています。

支援を使う事で、できることも増えてきましたし、意欲も出てきました。

本当は私の方が今は支援を使いたいのですが、家内に支援が集約されているため、私が支援を使うことは出来ません。
同じ家に2人障害者がいても支援は2倍にはならないから。
その家に必要な支援って、総量が決まっているので、今は家内が取っているという感じですね。

私が働けるようにならなかったら…
私で支援を取るようになるのかなぁ…

通勤時間などを考えると。
家内の方が遠くまで通勤できます。
家内の方が長い時間仕事ができます。
でも、家内は出来ない仕事もあって、それが結構ネックになって受からないと言う事もあります。
精神障害者って、それだけでもうよけられてしまって、精神障害のある障害者は取る気が最初からないと言うところも多くて、なかなか面接まで行けません。

障害者雇用の枠で行くと、大抵は書類選考です。
私は障害者枠は使わずに、障害者ですがよろしいですか?と職安の方に聞いてもらって、一般雇用の枠に応募します。
家内は色々あって、障害枠じゃないと難しい。
私も勿論、障害者配慮はしてもらうのですが、入口が違うと中に入ってから違う点があって、それが家内と私では様子が違うと言う事なんです。

うちは年金生活なので、働かないと生活していけません。
いつまで働けるやら、両方か片方働けるようになるのやら、何だか心もとないですが、それなりに何とかしないと暮らしていけないので、どうにかしたいものだと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック