bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



労働審判勝ちました
11日に労働審判がありました。
私はパワハラの損害賠償と、未払い残業代を請求しました。

先方が論点がずれていましてね。
どんなに私が出来ない職員だったか と言う事を一生懸命主張していました。
出来る職員だったのに契約更新してもらえなかった と言う事は言っていません。
そもそも合法的な雇止めでしたので、理由なんかなくてもいくらでも雇止めは出来たし、戻る気もありません。

審判の中でも一生懸命私がどんなにできなかったかを演説していました。

当時の一番トップが演説したのですが、未払い残業代について、認めるような発言を堂々としていて、???と思いました。

それと、先方はパワハラについても、時間外残業についても嘘をついているので、それはプロの裁判所の調停員にはわかってしまうものだなと思いました。
法廷と言う場で嘘はだめです。必ずばれます。
私は一切嘘をついていないので、心証が良かった様子でした。

9時が出勤時間なのですが、その前に早出残業がありました。毎日です。
でも、当時のトップは質問すると、出勤時間は9時です と必ず言いましたので、当方には不利ですが、「トップからは9時が出勤時間だと必ず言われました」と答えました。

でも、そのほかの様々で実際には早出残業があった と認定されるにいたる事柄があり、その矛盾した言動については指摘をしました。
他の先輩職員が「9時出勤の人は8時半ころ来るものなんですよ」と言っていたり。
事実、利用者さんが9時前に到着することがあったり。

その点は、うそをついているので、修正できなくて、「9時前に利用者さんがつくことはありました。」「来ている職員が働くこともありました。」「朝礼をやりました。強制はしていませんが、私も参加しました。」などと認める発言をとうとうと演説しちゃいました。

嘘はだめです。

結果。

日本ではパワハラなどの損害賠償額は非常に低いんだそうです。
裁判で徹底的に争えば、少しは取れたかもしれませんが、時間もお金も精神的負担も大きくなります。
なので、私は敢えて、労働審判(簡易的なもので、労働問題限定、期間もお金も少しで、和解で解決しようというものです。)にしました。

未払い残業代が220,000円くらいありました。
その中で、昼休み10分取れなかったことと、特別に持ち帰り残業をして10時間かかったことは、これは勘弁してくださいと、裁判官の方に言われました。

でも、300,000円取れました。
実質的にはパワハラの分は取れなかったけれど、未払い残業代は全額取れた事になります。

弁護士さんも良かったと思う と言ってくれました。

法務局から低所得者向けの融資を受けたのですが、それが180,000円くらいでした。
なにも取れなければ、分割で返済するのですが、取れたので、取れた300,000円から差し引きで返済します。
手元に120,000円残ります。

上出来だと思います。

家内が精神疾患が再燃している私に代わって、全ての書類を私の話を聞きながら書いてくれました。
先方の答弁書の様なものは繰り返しが多く、無駄なものも多く、ちょっとみっともなかったです。

また、裁判官から400,000円支払う事でどうか と打診されたようで、1時間近くごねていたようです。凄く待たされました。
こちらは希望は言いましたが、常識的な金額なら宜しいですと言ってあります。
社長さんにまで問い合わせて、何が何でも300,000円でないと受けられない と頑張ったと、裁判官さんから聞いて、(相手と交互に金額の話は裁判官さん、調停員さんとしました。)「はい。それで結構です。」と答えて、私の方は1分で終わり。

会社がみっともないですよね。
私は個人です。
たかが週に3日のパートでした。
それが弁護士と相談することもなく、「はい、それで結構です」と言っているのに、会社側が社長出してきて(携帯電話で社長個人あてに掛けたらしいです)いつまでたっても裁判官が提示した金額に応じない。

みっともないですね。

でも、実質的には勝ちましたし、120,000円手元に残ることになりました。
だって。お金で払ってもらうしか方法がないですから。

なので、もうすっかり気が済んで、この週末にはクリスマスにはちょっと早いですけれど、ごちそうを食べに外食するつもりです。
ダイエット中ですが、(家内が)5月から始めて、もう10キロ減っていますし、月に一度くらいは好きなものを思う存分食べる時がないと、嫌になっちゃいますからね。

行くのは、イタリヤ料理のチェーン店で、ピザの食べ放題がつくお店です。
デザートも頼んでおなか一杯食べてこようと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック