bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



花開く
家内が精神疾患を患って大体20年になります。
私と暮らし始めたのは10年ほど前ですね。

正確には多分11年前。一緒に暮らし始めた家内が単純な抑うつ状態ではなく、これは入院させないと難しい と判断した私は、1年半かけて説得して、10年前に精神病院に入院させました。

その入院中にやっと双極性障害2型だと診断がつきました。
実に10年、診断名がなかったんです。
4か月半入院して、もうすさまじいことが色々起こって、保護室に保護するか 迄行って、そこから何とか退院にこぎつけました。

それからが大変。
入院中に障害者手帳の申請をして、障害年金の申請もして、障碍者福祉課に行って、支援の段取りをつけ、退院してから半年?1年?くらいして、ヘルパーさんが入るようになりました。最初のうちは嫌がったし、一緒に何かやろうとして倒れたり、又は、何もせずに寝込んだり。当時はタクシーで通院していました。

途中から自費支援を足すようになって、通院の送り出しとお話の時間を作りました。
通院の送り出しも最初はタクシーオンリーでした。段々自分で支度が出来るようになって、電車とバスを乗り継いでいけるようになり、通院の送り出しは止めて、今はお話の時間だけ自費で使っています。

食事の支度が出来なくて、宅配のお弁当を頼んだり、食材を届けてもらったり、買ったり、外食したり、色々して、今年の春先、ちょっとしたことがあって、家内、ダイエットを始めました。そのタイミングでヘルパー事業所さんの超ベテランさんが入ってくれるようになって、家内、自分で食事を作り始めました。簡単なものですが、食事内容を私ががらりと変え、それに家内もついてきてくれるようになって、精神障害者には禁煙とダイエットは無理 と言われるのですが、ダイエットは成功しています。

まだまだ目標には遠いですが、着実に減って来ていて、リバウンドしていないので、年月はかかるかもしれませんが、メタボリック症候群も良くなっていくかもしれないと思っています。

で、私は春に失業しました。
今、法廷闘争に向けて弁護士さんと準備中です。

職安に4週に一度行きます。失業給付を受けるためです。
障害者限定の面接会が来週、比較的近所で行われます。
毎年秋なんです。

で書いたと思いますが、家内は作業所に2年半行っていて、今年、私が障害者面接会に行こうかどうか考えている と話したところ。作業所からも支援があって、申し込みができると言う事がわかりました。

10年ぶりに本当に就職活動する気になった家内。
申し込みを作業所から致しました。
私は求人票を見たところ、通える範囲の求人がなかったので、申し込みはキャンセルしちゃいまして、家内だけが行きます。
家内、かなり大手に居て、バブル期、崩壊期に色々なストレスやら何やらがあって、それで精神疾患を患いました。
それからの10年は、本人は良くなりたいと思うのだけど、医師も一生懸命やってくれていたのだけれど、外来のクリニックの悲しさで、治療がマッチしませんでした。

精神病院に入院してから、その後はその病院に定期的に行くようになって、その病院の訪問看護を受けるようにもなり、ずいぶんと良くなってきたのです。

主治医の先生がいます。今までも時折、「働きたい」「ボランティアならどうか」「ネットの仕事を在宅でやるならどうか」などなど色々医師に話したそうですが、毎回「ダメ。あなたの信用にかかわるからやめなさい。」と言われ続けてきたところ。

今回医師に話したら、「駄目かもしれないけど、やってみたら」とその場でOKが出て、本人、ますますやる気です。
その医師の方、非常に腕の良い先生で、なんでこんな田舎の駅から遠い精神病院にいるの?と言うような感じの凄い先生なんです。この先生に診てもらえて家内は非常に幸運でした。

なんやかんや、入院から10年ほどたって、社会資源を使いつくして、家内は私を扶養家族にしそうな勢いです。
何故なら私が前の職場で体壊したので、とても通勤できる状態じゃないから。
働けるのかどうか、今、officeの勉強していますけど、事務職なら働けるのかどうか、私はとても困っています。
家内の方が今はしっかりしているんです。

精神疾患、精神障害、医療だけでは社会復帰は出来ないとつくづく感じます。
この春からの家内の様子は、まさに「花開いた」感じです。

ここまで来るのに、10年かかっていますけど、10年したら、今までの支援と本人の努力が一気に開花しました。

こちらは身体障害ですから、落ちていくことはあっても、回復することがない。
立場逆転ですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック