bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



泥酔者
昨日朝、恒例の床屋さんに行きました。
駅に電車がついて、床屋さんへの道を歩いていると、道路から少し離れたコンクリートの空地に寝ている人がいます。

顔がわからないので、年齢分からなかったのですが、着ている衣服を見ると、若い男性。
泥酔者だな と思いました。衣服が泥だらけ。髪も逆立っている。一瞬ホームレスさんかと思ったけど、このあたりにホームレスさんはいない。やっぱり泥酔者だと判断して声かけました。

時刻は10時ころ。

誰も声をかけなかったんでしょうか。
急性アルコール中毒で なんて嫌ですから、声を掛けました。

私 「お兄さん、お兄さん、大丈夫?」

お兄さん 「大丈夫です」

私 「大丈夫じゃなさそうだから、声かけてるんだけど、お酒かな?」

うなずくお兄さん。30歳にはなっていないかな

少し体を起こして、立ち始めたので、

私 「救急車呼ぼうか。急性アルコール中毒でも困る。」

お兄さん 「いや、大丈夫です。」

私 「駅まで送ろうか」

反対の方角を指さす。ふらふらしている。

私 「駅そっちじゃない。こっちだよ。」

お兄さん 「うち近所なんで帰ります。」

私 「自宅まで送ろうか」

お兄さん 「いや、大丈夫です。」

それじゃ、大丈夫なんだろうと思い、「気をつけて帰って、もういい時間だよ10時だよ。」と言って、お兄さんは帰っていきました。

リュックを枕に寝てました。
起きたら、体の下にタバコやら、ライターやら、スマートフォンやらが散乱。
近くにウイスキーのペットボトルが落ちていたんですよ。
2リットルくらいの。
「随分飲んだねぇ。」と言うと、それは違う と言うようなことを言っていました。

飲んで帰って来て、どこかの酒屋で買って、続きを飲んでいたのかもしれないけれど、それは分かりません。

人が倒れていて、皆さん、声かけませんか?
私は掛けるけど。
明らかにホームレスさんが昼寝をしている時は掛けませんがね。

ついでにターミナル駅に床屋終わって帰ってきたら、連絡通路で人が溜まってる。
どうしたのかな と思ったら、「私は分からない」とか、「さあ、あるでしょうか」とか道を聞かれた人たちが返事している。

「どうされましたか?」とまた、声を掛けました。

「タクシー乗り場がこっちにもあると聞いたのですが、ありますか?」と道を聞いていた方が言う。高齢の女性でした。
あると聞いたんなら、あるでしょ と思いながら、実際にあるので、「ありますよ。案内します。」と言って、案内しました。
足が悪そうな方で、ごろごろ転がすスーツケースの小さいのみたいなのを持っている。
「それ、私が持ちましょう」と言うと、「大丈夫です。このままのほうがいいんです」と仰る。

じゃあと思い、本当にタクシー乗り場、数歩歩けば見えるんで、案内して「タクシー見えますか?」と聞くと、「見えません」と言う。
もうちょっと歩きました。「タクシー乗り場の看板見えますか?」と聞くと、今度は「ああ。見えます。」と仰る。

タクシー乗り場は直進。
私は昼飯食べに行くんで、右折。
だから、「じゃあ、私、こちらなので失礼します」と言って、分かれました。

帰宅して家内に両方話したら、「スーツケースを離さなかったのは、持ち逃げされると思ったからだ」と言います。
なるほどね。
真偽は分かりませんが、最近物騒ですから、そういう事もあるかもしれませんね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック