bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



台風3号
台風3号が九州で猛威を振るっています。
余りテレビは見ないのですが、職場で昼休みに利用者さんに天気予報を提供したり、30分くらいテレビをつけたりするので、時々見ています、天気予報。

昨夜は珍しく22時過ぎまで起きていたので、ニュース番組も少し見ました。

甚大な被害です。
孤立集落がいくつあるのか、凄い数あると思います。

で、災害時に思うこと。

当初は資材、食べ物、ライフラインがない訳ですから、給水車とか、簡易発電機とか、水を使わなくてよい、温めなくてよい食料とか、あとは薬などが早急に必要です。
救助も必要なのですが、これだけ孤立集落があると、救助までに非常に時間がかかります。
東日本大震災の時も、すさまじいことが起こりました。
今回の台風も、甚大災害として、名前がつくんじゃないかと思っています。

で、とにかく物資を孤立集落に届けてほしいと思います。
官民合わせれば、かなりの数のヘリコプターがあるでしょう。
孤立集落に届けることは可能だと思います。

孤立集落でライフラインが完全に止まっているのですが、ガスだけは大丈夫 と言うところが多くあります。
都市ガスではなくてプロパンガスだから です。
しばらくは持ちますが、プロパンは災害に強いからね、ボンベが空になる前に何とかしなくちゃいけません。

そんなこんなを思うと、最終的には集落までの道を切り開くよりは、物資を届けて、少しずつ住民の救助をしていく と言う事になるんじゃないかと思うけど。

こんな時、食品メーカーとか、建設資材を作っている会社とか、一斉に寄付をしてくれたら といつも思います。
最終的には住民の方に「助けてもらった」という思いが残り、販促にもつながると思うし。

誰だったか忘れましたが、東日本大震災の時?別の災害の時?毎回災害が起こると寄付をしている と言う大富豪がいます。
物資調達からやって、自衛隊のヘリに乗せてもらったりして、現地に物資を運んでいます。
何人ものお金持ちがやってくれると助かりますね。

私たち庶民(我が家は非課税ですから庶民とは言えないかもしれないけれども)が出来る事は、募金です。
ほどなく(もう出来ていますか?)義援金を募るようになると思います。
ユニセフとか、日本赤十字とかに寄付をすると、被災者に届くのは何年後 になるのですが、必ず被災者に届きます。
野宿支度をして一人ボランティアに向かうのは得策ではありません。

また、受け入れ状況もわからないのに、物資の寄付を行うべきではありません。
物資の寄付って、体の良い粗大ごみの捨て場所になっているきらいがあります。
受け取る人が利用できるような新品で求められているものを購入して寄付するなら良いのですが、今までの経験だと、不用品の捨て場所と勘違いする人が続出します。

私は体が悪いので、障害者の方の為の介護屋をしていたころも、現地ボランティアには行ったことがありません。
迷惑をかけるからですね。
今回も行かないと思います。
自分の身の始末が出来ない者がボランティアに行ってはいけないのです。

ボランティアに行きたい場合は、必ず自治体や大きな民間団体の募集に応募し、効率的にボランティアに行ってください。果敢に一人で現地に乗り込んでも戦力にならないのです。かえって現地に負担をかけます。

あの流木の山を見ていると、ライフラインが整うまで何年かかるのか、見当もつきません。移住を余儀なくされる住民の方が沢山出るでしょう。高齢の方もあります。現地はいわゆる田舎なので、限界集落に近いところもあるでしょう。高齢の方の住環境を変えるのは好ましくないけれど、ライフラインが復旧のめど立たないのでは、移住しかない。何とももどかしい限りです。

幸いと言えるのかどうかわかりませんが、当地は海、大きな川はありません。
山もありません。
地名を見ても平坦な土地だと一発でわかるような場所です。
地震はダメですけれど、台風なら、まあ、何とか被災しないで済むような。
地震は近所に有名な活断層が走っていますので、いつか大地震には襲われるかもしれないね。

家内と避難場所は打ち合わせてあります。
近所に障害者支援センター(俗にいう障碍者福祉課)の建物があります。2階建てなので、そんなには持たないと思うので、そこでダメになったら、職員さんの指示に従って避難することになるかな。市役所も近いです。市役所は高層なのでここなら何とかなるだろうとも話しています。

我が家は二人とも障害者で薬が欠かせませんから、行政がやっている場所に行くことは大切だと思っているのです。
行政がやっている場所だから、物資が早く届くとは思いませんが、行政に情報が行くという点で、そう考えています。

私などは、ワーファリンが切れたら、即、血栓のリスクがありますから、相当シビアなのであります。
家内は体は一応健康ですが、(いや、成人病とかあるけれども)精神薬が無かったら、避難生活が送れません。

と言う事で、我が家で一番必要なのは薬です。
予備の薬、1週間分くらいは私は持っているけれど、避難生活って、1週間なんかあっという間に経つしね。
薬持ち出せるかわからないし。

当地の市区町村にはシステムがあって、障害者とか、高齢者とか、いわゆる弱者は行政に登録できます。
自宅の冷蔵庫の中に個人情報を書いた書類を入れておくように奨励されていて、その書類が登録されているのです。
一般の時に救急車呼ぶとしますよね?玄関のドアの内側にシールが貼ってあって、入口入ると、この家には障害者、高齢者などの弱者がいる と言う事がわかります。冷蔵庫の中の情報書類を病院に一緒にもっていく と言う事になっています。

一般の時なら、それで対応できるのですが、災害時にも運用できるか、は、ちょっとと言うか、甚だ疑問ではあります。

今回の台風3号で同様の状態になっている方、たくさんいるでしょう。
優先的に と言ってもやっぱり限界がある。

ニーズをまとめる機関があって、物資を出す機関があって、救助が進むことを願っています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック