bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日はアクセサリー付き
普段は仕事柄、アクセサリーは出来ません。ピアスくらい良いと思うし、マニキュアくらい良いと思うけど、うちの職場ではダメです。

例によって床屋にきたのですが、昨夜からピアスしてたので、指輪と時計をして来ました。

指輪は若い頃、職人さんに作って貰ったのが2つあります。

1つはゴールドの艶消しで、ぶら下がりのパーツがついている、ごつい感じの。
もう1つが、本日つけてきたヤツで、プラチナで出来た四角い指輪です。小さい宝石を散りばめてあります。

若い頃は人差し指に入った筈なのに、今は薬指しか入らない。だから結婚指輪と一緒に重ねてつけます。

腕時計は滅多にしません。仕事中はダメでしょ。
休みの日もねぇ。
私、アレルギー体質なんで、接触性皮膚炎とか、金属性アレルギーとか起こします。

指輪もピアスもいわゆる本物じゃないとダメ。

家内は大丈夫なんですよ。羨ましい。安くてデザインの気に入ったのを、気楽につけられます。

金属バンドの腕時計は絶対ダメですが、革でも汗などで皮膚炎起こすので、滅多にしません。

交換バンド付きの、スイス製のミリタリー時計をずっと使っているのですが、普段はズボンのベルト通しにつけてます。

たまたま今はいているズボンがイージーパンツで、ベルト通しがないので、久しぶりに腕時計もつけて来ました。

私の腕時計は右側。なんでかな?気付いた時は右手が習慣になっていたので、そのまま右側。

左利きではないです。半々くらい。どちらかと言うと右側です。左でないと出来ないことも、まあまああるけど。

帰宅したら、指輪はともかく、腕時計はすぐ外さないと。

この腕時計は気に入っていて、出来れば休みくらいはつけたいのですが、程なく皮膚炎が起こるのと、このブランドを扱っていたお店が近所から撤退してしまって、交換バンドを買うのが凄く面倒になったのとで、ほとんど付けなくなりました。

実はガラスに傷をつけてしまって、丁度日付のところなんで、ガラス交換にも出さなくちゃいけない。

ますます面倒で、直しに出していない、と言う訳です。


本日してきたら、バンドがもう限界。交換バンドの予備がもう無い。



遠くの取扱店迄行かないとダメかなあ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック