bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



日本理化学工業
さっき、家内が作業所に行く支度をすべきところ、断眠で眠れなくて、テレビの前で寝てしまっていたので、起こしました。
家内は無事に作業所に行きましたが、ちょっとそのテレビを見ていたら、町工場の事をやっていました。

日本理化学工業という会社だそうです。
場所は忘れた。
どこだったかな。

従業員の7割が知的障害者と言う、チョークを作る町工場です。

素晴らしいという事で、本になったそうでして、その紹介をやっていました。
確かに誰でも出来る事じゃない。
社長さん、凄いと思います。

でもね。
元障害者の方の為の介護屋は余計なことを考えちゃうんです。

どんな障碍者でも雇う訳じゃない。
たぶんね。
自閉的な傾向のある人には、きっと、仕事は達成感があると思います。
ある程度手帳の度数が軽度なら、習得もできるでしょう。
チョーク作るって、そんなに簡単な仕事じゃないと思います。
重度の人、重複障害の人は無理でしょう。知的障害が重い人、知的障害が重くて、医療ケアがないと命に関わるような人ね。

彼らは障碍者年金をもらっていますが、軽度の人は金額が少ない。
税金も来るし、医療費も3割だし、ご家族が支えるにしても、普通は親が先に居なくなります。
仕事は必要です。
給料という点で必要ですが、給付金だけでは、働くやりがいがないでしょう。
仕事は必要だと思います。

でもねぇ。

定年が来るんですよ。
定年延長して、働けるうちは働いてもらうとしても、必ず老後が来ます。
会社の努力で、また、従業員の知的障碍者の人の頑張りで、会社としては成り立っています。
全国シェアの半分をその会社が占めているとのことです。
チョークはこれから市場がどんどん拡大していくものではないから、今の生活で使ってもらえるチョークの開発にも会社は非常に力を入れていました。

行政ね。

誰にでも老後はやってきます。
我が家などはすぐそこです。
老後、私が働けなくなったら、生活はどうするのか、今の一番の悩みです。

彼らにも老後は来ます。

働いていれば、自炊的な日常生活は出来ないでしょう。
自分でアパートを借りたり、自宅を管理したり、衣食住が出来ません。
ヘルパーさんを使う事にも慣れていないだろうし、軽度だと点数が少ないので、どれだけサービスが使えるか、私にもちょっとわかりかねます。

サービスを使う事にも慣れていない。
障害はなくなりません。
我が家で家内がサービス・支援を十分に使って、自分の為にするまでに3年、5年、かかっています。
家内は、精神障害者だから、知的障害者の人とは、ちょっと違います。症状は激しいけれど、理解したり、考えたり、慣れたりする力は、一般的な知的障害者の人よりは、こなせます。
でも、介護屋が亭主の私の家内も、最初のころ、物凄く抵抗しましたし、慣れて自分の為にするまでにまだまだ時間が必要です。
自分のものに出来たら、サービス・支援は不要になりますから。
家内はまだそこまで回復していません。

ずっと働いてきて、老後が来た時、介護保険になっちゃうんですね。
我が家もそうです。
65歳過ぎると、障害者は健常者の保険である介護保険に吸収合併されてしまうんです。

我が家は家内があと4年半。困っています。

老後が来て、サービス・支援を使う事になった時、日本理化学工業の従業員の知的障害者の人は、介護保険を使わないといけなくなる。

私の勤務先にも64歳まで現在の「障害者総合支援法」(昔で言うと、措置とか、支援費制度とか、障害者自立支援法とか、時代によって、色々ありました。)を使っていて、年齢制限で、介護保険施設である、私の勤務先のディサービスに来るしかなくなってしまった障害者の人が何人かいます。

障害者の為のサービスと、介護保険では、全然物が違います。
手足が健常な知的、精神、身体の障害者は要介護度がものすごく軽く出ます。
結果、必要な量のサービス・支援が使えない。
障害者の為の介護屋は少ないです。
介護保険従事者は障害の事を知りません。
的確なサービス・支援にならないのです。


そんなことを考えるとね。

会社自体の運営は素晴らしいと思うけど、その先、国は何をやってるんだ と思います。

で。そんな素晴らしい会社に入れる知的障害者はごく限られた人数です。
他にも障碍者雇用で成果を出している会社の紹介をテレビなどで見たことはありますが、でも、受け入れ率は低い。

私が介護屋の専門で、それでも仕事がないことが良くありました。
障害者の為の仕事をしたいと思って、心臓切った後にもいろいろやったのですが、体力に不安がある という理由だと思うけれど、経験は沢山あるのに採用してもらえない。

それが続いて、やっと、高齢者の仕事で、日勤のみ、パート3日でないと、私は働けないんだ と気づいたわけで、で、今はディサービスにいます。ディサービス以外に出来る仕事が見当たらないから、少々不具合があっても叱られても、私が決めた年齢までは、今の仕事場で我慢しようと思っているのです。

障害者って面倒ですね。
自分でそう思います。

そして。知的障害のある人が、介護保険の入所施設に入れられてというか、入らざるを得なくて、今まで築いてきたものがあっという間に崩壊するのも日常茶飯事なんです。
中には精神病院に長期入院させられている知的障害者の人もあります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック