bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



バスの運転手さん
帰りに1本早いバスで帰りました。

そのバスからは、足の不自由な身体障碍者の若い女性がいつも下車します。

今日はバスのドアがちっとも閉じないな と思ったら。
「どうしよう」という声が聞こえました。若い女性の声です。降車ドア付近。降車ドアは前です。運転手さんの目の前です。

なんで、サイドブレーキ引いて、声かけてあげないの?
お客様でしょ?

私、中ほどの席にいたのですが、荷物、財布、障害者手帳、全部放り出して、降車ドアまで行きました。
「お手伝いしましょうか?私、介護屋さん。」と言うと、答えてくれました。

どうも、降車ドアと歩道の間の隙間が中途半端に広くて、体が怖さを感じ、体、勝手にフリーズしちゃったみたいなんです。

少し抱っこしておろす様かな と思ったら、隙間になら自分で降りられるようなので、「これは?」「こうしますか?」などと声をかけながら、その若い女性の方、ほとんど一人でちゃんと降りていきました。

身体障碍者の方は、時に体が勝手に言う事を聞かなくなることがあるようですね。

結局、私が声をかけて、介護職だと伝えただけで、若い女性は自力で降りて行けたのです。


知識がなくても一般の方は仕方ないです。
でも、バスの運転手さんくらいは、降りるまでずーっと待つではまずいでしょ。
フリーズしちゃうんだから。
焦れば焦るほど動けなくなります。

ちょっと「大丈夫ですか?」「手伝う事はありますか?」くらい、声をかけてもよさそうな気がします。

私はバスの外に出ましたので、女性の方をおろしてから、また、バスに乗車しました。
「ありがとう」でもなんでも無いし。「すみません」でも無いし。
別にお礼が欲しい訳じゃないけどね。当たり前だからやっただけなので。

で、私の降りるバス停。
私、障害者手帳で半額でおります。
大人割引という区分がちゃんとあるんですが、子供料金として扱って、おろされた。

なんだか、納得いかないです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック