bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



手術なんかすると、意外な事が色々判る。
毎月、病院。そのたび検査。なんて生活をしていると、検査は日常茶飯事になっちゃいます。血液検査なんて、特に痛いとも余り思わない。

でも、オペとなると、さすがに話がちょっと違う。最後のオペが、心臓のオペなんです。それ以外に色々やってるけど、みんな心臓に人工弁が入る前だったので。


心臓悪くしてからの今回の胆嚢の摘出のオペは、慣れてもいたけど、大変なのも大変でした。



点滴管が取れなくて、と書きましたけど、血中酸素濃度、と言う値があるんです。お医者さんで人差し指に洗濯バサミみたいなのをつけられた事がある方、結構いるんじゃないかしら。


指先を挟んで、文字通り、血中の酸素の濃度が判ります。普通100%です。96くらい迄は、これは正常。

95以下は、ちょっと低いのですよ。息苦しくないですか?と聞かれちゃう値でして。

私はどうやらいつも低いらしい。通常で94くらい。普段血中酸素濃度って、そんなに測る機会がないのですが、低いみたいです。

初めて知りました。オペ後、毎日血中酸素濃度を看護師さんが計りにくるのですが、最初のうちは息苦しくないか?随分聞かれて、オペの影響で具合が悪いので、値が低いんじゃないか?と言う感じでしたが、毎日低いし、症状はないし、生まれつきのたちじゃないか、みたいな感じになっています。

昨日取った点滴で、ヘパリン点滴を落としています。ワーファリンも再開しました。ヘパリン点滴はそんなに長くやらないと思います。値が落ち着いたら、退院だから、月曜日あたりに退院じゃないかなあ。

昼から他院の薬が自己管理に戻るそうです。私、精神科の薬を新しく貰ってきていて、明日から新しい薬袋になるんですけれど、中身が足りない???



まあ退院したら精神科に行ってきましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック