bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



意外に手強かったらしい
実際に執刀してくれた外科医師が、時々きて、次の方針等を伝えてくれます。

私の胆嚢は、胆嚢炎を起こした歴史があるそうです。

胆嚢炎だった事があるのは、いつの時期なんだろう?解らないけれど、炎症を起こした事は間違いない様子。


今回の胆石の騒動は、それ自体は然程じゃなくて、胆嚢炎だった痕跡として、肝臓と胆嚢の癒着が激しかったのだそうです。


その為に出血したらイヤだと思い、トランサミンを使ったそうです。

喉が痛いと、掛かり付けの内科の医師が、トランサミンをくれます。

開業医さんだと、喉いたの薬で使ったりするけど、じわじわとした出血なんかを抑えると言うんだよね。だから使いました、との事。

大病院の勤務医師って、非常にハードな職業だと思うけど、それに勝る何かしらがあるから、勤務医師をしているんでしょうね。

男性医師ですが、若い方です。独身かなあ?と思ったり。医療ドラマに出て来そうな感じの医師の方です。

私の主治医は別のオペがあって、執刀は若い男性医師の方がやった。その医師は、救急病棟に念のため一晩入院した時に、救急病棟の医師として、実に的確な指示を出した。

それがあって、今回の入院があり、オペがあり。


病気ってしたくないですけれど、適切な治療をして貰えると、本当に助かります。

胆嚢炎だった痕跡のある胆嚢、厄介だったんでしょうね。無事に切除して貰えて幸いでした。

明日からヘパリンとワーファリンでコントロールを始めるそうです。ヘパリンは点滴、ワーファリンは内服。

元に戻ったら退院だそうです。あと数日かな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック