bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



掛かり付けの精神科へ
本当は来週だったのですが、痛くて痛くて、慰めて貰おう?と思い、昨日電話したら、本日予約が取れました。

痛み止めが足りなくて、痛みが去らないので、私が飲んでみて、これならなんとかなる、と言う処方があるのですが、頼み込んで出して貰いました。

精神薬にも疼痛緩和効果の認められているうつ病の薬があるそうで、試しに飲んでみるか聞かれました。

処方制限の関係で、それを出して貰うと、現在飲んでいる薬を1つ切らないといけないそうで。

2つの薬のどちらかを止める事にして、1つ一時的に止めて、疼痛緩和効果の認められているうつ病の薬を入れて貰いました。

朝飲む薬だそうですが、今日は昼で良いので、貰ったらすぐ飲みなさい、と言われて、さっき飲みました。

私が、これならなんとかなる、と思っている処方に足りない分も処方して貰ったので、それは外科で処方してくれた薬の増量なのですが、ちょうど時間だったので、それも飲みました。



久しぶりに痛くない状態になりました。疼痛緩和効果の認められているうつ病の薬も痛みに私は効くようです。


当分、病院のたらい回しが続くと思います。外科で充分な痛み止めを出してくれないと、患者は治療は待たされる、痛みはひどくなり、恒常的に強くなる、で、どうにもならなくなります。


私が簡単には切れない厄介な患者なのは、私のせいではありません。


いつ、誰が、何件めの病院で手術をして、痛みの原因を突き止めて、ちゃんと治療してくれるのだろう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック