bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ヘルパーさん
家内がインフルエンザを発症しましたね。

気づいて、慌てて、ヘルパー事業所さんに電話しました。

土曜日は事務所は休みなので、事業所さんの携帯電話に掛けてみたら、留守番電話でした。

じゃあ事業所の事務所の留守番電話に入れておこうと、事務所に電話したら、運良く出勤している方がいて、直接話が出来ました。

月曜日は家事援助のヘルパーさんが来てくれます。あと木曜日。

家内は今朝発症したので、月曜日はまだ3日目です。実質2日しか経っていません。

ヘルパーさんが感染したら困ります。

こういう事は知らせないといけません。

出勤していた方も困りまして、所内で相談してくれる事になりました。

メモ書きをしておいて、して貰いたい事を書いておき、ヘルパーさんと家内が接触しない様にすれば、大丈夫かな、とは思いますが、感染しない保証はありませんし。

後程、相談の結果を電話して下さるそうです。


家内は精神障害者でしょう。インフルエンザに感染したからといって、精神症状が無くなる訳ではないので、大変な状態にいるのです。ヘルパーさん、出来れば来て欲しいけれど、ヘルパー事業所さんも小規模なところなので、1人ヘルパーさんがインフルエンザになると、仕事が回りません。
月曜日はキャンセルかも。

洗濯や買い物や食事は、いつもヘルパーさんか家内がやります。

買い物は必ず家内です。
土曜日は必ず家内が洗濯します。

出掛けに洗濯機を回して来ました。帰ったら干してあるのを取り込んで畳んで、洗濯物を干さなくちゃ。

私は晩飯は食べません。ゼリー飲んで終わりです。家内はちゃんと食べるので、簡単なもので良いから用意するつもりです。


ヘルパーさんが来てくれるなら、明日は家内の希望を聞いて、買い物をしないといけません。我が家、今、お米の在庫がないそうで、隣が米屋さんなので、帰りにお米を精米して貰って、持ち帰らないといけません。




私にそんなに出来る体力があるかどうか。



ERに入院したり、通院したり、に、家内は付き添ってくれました。疲れたのでしょう。多分、医療センターで感染して、疲れていたので発症したんじゃないかな、と思います。



といっているところに、ヘルパー事業所さんから電話が来ました。

いつものヘルパーさんではなく、コーディネーターさんのヘルパーさんが来て下さるそうです。で、メモ書きして、最低限の事をして下さるとの事。助かります。有難いです。

食事と洗濯物干しだね。食事も簡単なものを最低限。


はあ。


私も感染している暇はないのです。頑張ります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック