bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ER病棟に入院してました。
先週の金曜日、胆石の痛みが耐え難くなり、紹介状をもらっている医療センターに診察してもらいに行きました。
夕方でしたので、ERで受け入れしてくれて。

痛みは凄いんですけれど、炎症値が上がらない。CRPと言いますが、正常値です。

私はワーファリンを常用しているので、いきなり手術は出来ません。
ワーファリンコントロールとか言いますけれど、ワーファリンを止めて、他の製剤を24時間点滴3日間くらいやらないと、止血できなくなります。

しかし。胆石症ではなくて、胆嚢炎に移行してしまっている場合は、そんなことは言っていられないそうで、緊急手術を夜間だろうが、土日だろうがやらないと助からないそうな。

胆嚢炎を起こしかけていてまだ、炎症値が上がっていないのか、単純にまだ胆石症の段階で、ワーファリンリスク犯してまで緊急手術は必要ないのか、外科の当直医の方が、検査結果を見ながら、非常に苦悩していました。

一晩様子を見ましょう と言う事になって、ER病棟に入院。
痛みは全く止まりませんでした。
抗生物質といわゆる点滴と両方を一緒にしてくれていたのですが、痛み止めを入れてくれず、外科の当直医が途中で気づいて、「痛み止め入れよう、入れよう」と言って、指示を出してくれたのですけれど、点滴で入れた痛み止めは全く効きませんでした。

多少は眠れて、翌朝、私が緊急手術かもしれない患者なので、飲食禁止になっていて、夜中水も飲めなかったし、もちろん朝食も出ませんでした。

そして、9時過ぎになり、当直医が説明に来てくれました。
炎症値は正常のままなので、軽い胆嚢炎ではなくて、胆石症だと判断しましたとのこと。
で、退院の運びになるとのこと。

退院は良いのですが、痛みで仕事ができません。

胆石を取る手術を持っている人は沢山いて、3か月とか半年とか待つそうです。
それもかまわないのですが、痛みを止めてくれないと、仕事を休まねばならないので、生活費が成り立たなくなってしまいます。

疼痛コントロールをして欲しいと要望して、とにかく痛み止めを出してもらいました。

予約は明日ですので、明日の予約には受診します。

疼痛コントロールに出してくれたのは、単純に痛み止めだけで、胆嚢にアクションするような薬は入っていません。
そういう薬は明日、受診して、外科の医師が考えてくれると思います。

その痛み止め。
ちょっと調べたら、医療用麻薬が少し入っているものでした。
モルヒネの弱いの と言う感じみたいです。

トラムセット配合錠。

頓服にはカロナールの300ミリを2錠飲むようにしてくれました。

トラムセットだけでは実は痛い。
朝は平気だけど、夕方になってくると、かなり痛い。

水曜日から仕事に出ますので、上手に痛み止めを使って、仕事には支障が出ないようにしたいと思っています。


胆石が出来てるなんて思わなかったし、胆石くらいで、こんなに痛いとは思いませんでした。
大した病気じゃないのにね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック