bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



旅行が終わりました
土曜日は、弾丸日帰り旅行に行きましたね。

もう仕事では障害の仕事は出来ませんが、毎年一回、その方と新幹線に乗るのは、私も楽しみです。仕事じゃないので、気楽でもあります。

一回の日帰り旅行で大体30000円掛かりますから、土曜日も書きましたけれど、本当に贅沢な旅行だと思います。

その費用を快く出して下さるご両親には、感謝しています。



今回は今までになかった、ちょっと怖い思いをしましてね。人は成長するんだから、と、改めて思いました。

以前なら、私の隣か後ろからおとなしくついて来ていた彼が、確信を持って、私を置いてきぼりにして、明後日の方向にどんどん歩いて行っちゃったんです。

見失って、さすがにすぐ気付き、見つける迄の30秒くらいは、慌てました。

新幹線の入り口、つまり乗り換え口だったんです。彼なりに、こちらに行けば良いんだ、と思った様で、そんな事は今までにあり得なかった事でしたから、怖い思いをしました。

私も二人分の乗車券と特急グリーン券を用意したりで、ふと、目が離れたのでしょう。気付いた時、彼はちょっと走らないとまずい位置にいました。




いつも同じお菓子屋さんで、同じ物をお土産に買います。それは私たちが住む場所でも、少し電車に乗れば良いところに店があります。全国展開のお菓子屋さんです。


今回は違いました。

いつも買うセット物があるのですが、新製品が盛り込まれたセット物が欲しいと言います。

新幹線も彼が頭の中にある、昔からの新幹線にばかり繰り返し乗っていまして、目的地も数ヶ所に決まっています。

新製品の入ったセットを買うとは思わなかった。


お昼ご飯も前回、その場所に行った時と同じ物を選ぶかな、と思ったら、違う名物をご指名で、準備期間が短かった今回は、家内にインターネットで探して貰ったり、まあ、慌てました。
来年はどこに行きたいと言うでしょうか。前回、今回行った場所は同じで、子供の頃、お父さんが単身赴任していた場所でした。

お父さん、元入国管理官。

お父さんの職場があった所とは全く違いますが、単身赴任先にお母さん、お兄さん逹と訪問したりしたそうなので、思い出があるのかもしれませんね。

そこは名物は色々あります。来年もそこかもしれません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック