bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仰天した事
介護屋15年やってますと、大抵の事には驚かないのですが、さすがに驚いた事がありました。

御手洗いの話です。介護屋には日常茶飯事で、どう失敗なさっても、まあ、驚きません。

お小水が出なくて、出なくて、と言う方があります。ご家庭で充分に水分を出していない様子で、ディサービスでは、お小水が全く出ません。

尋常ではないのですが、ご家族が水を飲ませていない事がわかっていますから、ディサービスでは一生懸命飲んで頂くのですが、やっぱり出ません。

車椅子で立位が困難な方。リハビリ肌着にパットをご利用です。


昨日の話です。事業所にスーパーナースの方がいます。時々ディサービスに配置になります。

このお客様の事は気にかけてくれていて、午前中、昼時、水分を大量に飲ませてくれます。

そういう時は、時々、午後出ていたり、夕方三点式のオムツに交換するのですが、その時出ていたり、と言う事があり、昨日、私は期待していました。

14時頃、同僚の職員さんと二人介助で、御手洗いに座って頂いて、私が見守りに残りました。

しばらくすると、お小水の音がして、やっぱりスーパーナースだ、と、ほっとして、着衣して頂く為に、職員さんを又、呼びました。
立って頂いて、便器を見て、職員二人で絶句しました。お小水とは思えないもの、人体から排泄されるとは思えないものが、そこにあったからです。

すぐスーパーナースさんを呼びに同僚の職員さんが走りました。


何が出ていたか、の説明が難しいのですが。

錆色のやや濁った液体の中に、顕微鏡で見たアメーバみたいな目視出来るものが、うようよと浮いている、と言う代物です。

スーパーナースさんが来てくれて、濃縮尿が濃縮し過ぎて、固形物が出現し、浮遊物となって出てきた尿だろうとの事。

腎臓が濾過し切れない程、体内がからからに乾燥していて、水分が入ったので、凄い勢いで循環し、排泄されてしまったのだろうとの事。

職員さんも私も、それが何なのか、勿論尿なのですが、全く理解出来ずに、頭が真っ白になりました。

意外にに血尿等は見慣れていまして、これはまずい、と理解して報告に行きますが、理解不能なものを、私は初めて見たかもしれません。


結局、スーパーナースさんが、隣の部署からどんぶり鉢一杯の、水分補給用のゼリーを持ってきてくれて、私はせっせと介助して、その方に食べて貰いました。
おやつの時間には、茶碗一杯のお茶を30分掛かって、飲んで貰いました。

先方のケアマネージャーさんには、当方の相談員から連絡をしましたが、ご家族に色々な事があり、この先もご家庭で充分に水分を摂る事が望めません。

ディサービスは日中の活動の場所ですから、気づく事は色々あれど、生活での改善に繋げない事が良くあります。

ジレンマですね。

でも、人体から出るとは思えないものを見たのは、初めてで、スーパーナースさんの経験を改めて尊敬した事でした。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック