bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



パラリンピックが嫌い
せっかくオリンピックで大変な成績を上げた日本選手団を見て、こんな事を書くのもなんですが、パラリンピック嫌いです。

一人一人の選手の方に文句はありません。
感動の押し付けが嫌いです。

大抵のパラリンピックで優秀な成績を収めるのは、中途障害で、四肢欠損の人たちです。
四肢欠損はもちろん不自由だし、傷口の管理もしなくちゃいけないので、医療とも密接に結びついていますが、凄く乱暴に言うと、健常者です。スポーツができる点で。

スポーツができる障碍者は限られています。

知的障碍者の方向けの部門もありますし、低身長のクラスもありますし、色々やっているのはわかるのですが、運動がしたくてもできない障碍者はたくさんいます。

それをパラリンピックで、選手たちを見世物的に競わせて、結局はどのメーカーがスポンサーについて、強い義手義足を提供したかのコマーシャルになっている という点で、私は昔から、パラリンピックが嫌いです。

今回のリオ・デ・ジャネイロのパラリンピックの放送にNHKが必死になっていますけれど、見ないと思います。

オリンピックもどんな運動着、どんな靴、どんな食事をスポンサーが提供したか のコマーシャルですけれど、日本には、ドーピングで摘発される選手がいません。今まで、一度もいません。

そういうのを考えると、一芸に秀でた選手が晴れの舞台に上がる機会は、これからも続いていくだろうな と思います。

障害者なのに、という視点で作られているパラリンピックは本当に嫌いです。
障碍者本人が見ていて、頑張れという気分になれないの。
選手は一生懸命ですし、価値あると思うのだけれど、報道の仕方が、哀れっぽくて嫌ですね。

家内は若い頃、運動を楽しんだことがあります。発病前の事です。
私は子供のころから、ちょっと激しい運動は禁止でしたから、プールの授業が受けられず、平泳ぎもできません。

障害柄、現在、スポーツが出来るわけもなく、ただただ、嫌いですね。みません。選手の方一人ひとりが一生懸命なのは、これは十分にわかります。私も障碍者だから。

売り方がひどいよね。障碍者スポーツの売り方が。また障碍者に化けてます。すみません。
今日もね。書き直す元気がないのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック