bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



息苦しい
相変わらず、週3回、高齢者向けのディサービスで仕事をしています。
今でも、言えば、まあ、介護屋です。

これがきついんですよ。

出来る事なら、働かずに障害年金夫婦2人分で生活したいです。
それなら、私の体は楽になるでしょうし、早朝血圧が跳ね上がるとか、疲れが蓄積するとか、息苦しいとか、吐き気がするとか、そういう事もなくなると思います。

でも、障害年金だけで、生活していくのは、不可能です。
最低限のものしか出ないので、私が今、働いている給与だけでは、我が家の家計は足りません。本当はフルタイムで働きたいです。そしたら、家計は楽になります。でも、私の身体は週に3日、パートで、介護屋をするのが精いっぱいで、それ以上は不可能です。障害年金があって、プラスで働いても、我が家の家計はぎりぎり。だから、非課税なんです。
非課税家庭ですから、想像がつくと思います。

障害者差別解消法が出来ました。
合理的配慮の徹底とあります。

一般の企業でそれを言っても、理解してもらえません。

私の勤務先も株式会社です。
社会福祉法人が良かったのですが、そうもいかず、株式会社にお世話になりました。

利益追求ですよね。
少ない人数で、可能な限り利益を上げるのが株式会社ですから、十分な人員配置はしてもらえません。
ギリギリの人員配置ですので、普通の職員さんが、ああ、疲れた、というような塩梅になっています。

私はできないことは何もないのですが、枠と言いますか、キャパシティと言いますか、限界値が人より低いです。
普通の職員さんが100が限界値、もしくは出来る事、としたら、私は70とか80が限界値です。
何ができないの?と聞かれることがありますが、できないことはないんです。
限界値が低いことを理解してもらいたいのですが、これはなかなか一般の方には理解しにくいことで、どうにも通用ぜず、ちょっと困っています。今働いている負荷は、85とか90に値して、70か80と言う、私の限界値を超えているんです。だから体のことが怖いんです。

残業はダメ と言うのは、浸透しました。もう強制されることはありません。
でも、それしかわかってくれない。

私の休日は通院しているか、寝込んでいるか、で、余暇が全くありません。
仕事の日は、帰宅して、風呂に入ったら、ゼリー飲料を飲んで、服薬して、そのまま寝てしまいます。
団らんも夕食もありません。

障害を持った以上仕方ない部分もあるけれども、夕食を摂る暇もなく、寝てしまわなければ、翌日の仕事ができないというのは、正直怖いです。

私の心臓病は先天性。無理がたたって、数年前に心筋梗塞ぎりぎりまで行って、慌てて手術して頂いて、助かりました。今、毎日凄く無理をしています。人工弁が入っていますが、人工弁にも寿命があります。一応、20年です。66歳になったら、人工弁の入れ替え手術をしないといけません。私が入れた弁は、当時最新で、アメリカでは臨床実験をやっているそうですが、もしかしたら、一生入れておけるかもしれないのですが、アメリカの臨床実験結果が出るには相当かかりますので、やはり、20年で入れ替えと思っていたほうがよさそうです。

しかも、人工弁置換手術は2回までしかできません。
86歳で3回目になってしまうので、もつ限りは手術を引き延ばしたいのです。
3回目はできないんだから、86歳になったら、どうするのか、答えがないでしょう?

そんなこんなで、無理をできるだけしたくない。で、余暇も休日も団らんも食事もない生活を送っています。
それでも、負荷が大きすぎて、最近は、息苦しいことが多くあります。

循環器の主治医は「苦しくなるようなことをしてはいけない」と言います。
そうなんですけれど、仕事で割り振られたものを、さぼるわけにも拒否するわけにもいかないのは現実でしょう。

障碍者に対する合理的配慮の徹底って、そういう事なのですけれど、徹底されないのですね。

今朝は歯医者さんに行ってきました。歯と心臓は直結なので、半年に1回の掃除と検診です。
通院に1か月半から2か月かかります。
昼食は朝食と一緒に外食で済ませてきましt。

朝も朝寝したけれど、これからまた、昼寝します。
だって、体がもたないんですもの。

健康は無料じゃないですよ。皆様、過信なさいませんように。
高齢者の方の中には、若いころは元気はつらつだった という、今は障害を抱えたり、慢性疾患で生活制約をたくさん抱えたり、病院に通うのがものすごく頻繁だったり という方々が、ディサービスにもたくさんおいでになります。
皆さん、若いころに過信なさったのだと思います。

で、介護保険が破たんしている と言う事も起こるわけです。

健康でいるのはとても難しいです。
でも、心がけで健康でいることはできます。

今、健康で、高齢者ではない方々は、是非、今ある健康を大切になさってください。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック